Home

MC GEAR 店長日誌

エンデューロアカデミーはライダーと共に進化する

昨日の日曜は栃木県にある鹿沼木霊の森で行われたJEC主宰のエンデューロアカデミーにお邪魔してきました。
実際はコース側の管理人さんとテープを張ったり、話相手になってただけなんですけど(苦笑)

そんな関わり方だったのでアカデミーの内容はやっていることで推測するしかなかったのですが、終了してから何人かにお話を伺えました。

2019-08-04 (1)
恒例の鈴木健二校長による座学から。
一昨年までは何度か受けていたのですが、昨年からちょっと疎遠になっていました。
レースの前日に行われることが多かったアカデミーは結構走りこんだりするので翌日に響く事が少なからずあったためです。
歳はとりたくないものです。

で、この座学も基本的な部分は決まっているのであまり変化は無いだろうと思っていたんですが、実は随所がアップデートされていて何度も出た人でもまた勉強になる座学だったそうです。
これはまた受けなければと思わされました。

2019-08-04 (2)
アカデミーの当初の目的はエンデューロライダーにモトクロスライダーに負けないハイスピードを会得してもらうことでした。
キッチリ開ける、しっかり止まる、の部分は鈴木校長が反復練習で教えてくれます。
コンパクトに方向を変えて素早く開ける(開け切る)という練習をして、問題点などをライダーごとにアドバイスしてくれます。
上手く出来た時も満面の笑みで褒めてくれてやる気がどんどん加速していきます。ここら辺は校長先生もそうですが、釘村選手(先生)も上手いんですよね。

2019-08-04 (3)
ワタライ先生はライン取りやジャンプの仕方など実践的なテクニックを教えてくれます。
元々成田MXPでの講師経験も豊富なので兎に角教え方が上手いです。難点をあげるとすると失敗した時の見本をやります!と言ってもスムーズなので何処が失敗しているのか分からないことくらいです。(苦笑)
ワタライ先生のスクールは彼のFACEBOOKや彼のお店のサイトで告知されますので是非ご覧ください。
Rise&Ride(IAワタライのお店)>>>>

2019-08-03.jpg
会場となった鹿沼木霊の森は今月末頃にはオープンしたい(雨続きで作業が遅れているそうです)というまだ産声をあげていないコースです。プレイベントとして今回のアカデミーが開催されましたが、本格オープンの際には水道やトイレなどの施設も完備した最高のオフライドパークになることでしょう。
オープンの際にはまたこちらでも告知しようと思いますので、その節は是非足を運んでみてください。
詳しくはその時に。(個人的には楽しくてはまりまくってます。)

当店の夏休みについて

summer_20190802175418fad.jpg
今年は暑くなるのが遅かった分少し辛い感じの夏ですね。
当店は8月10日から18日までお休みをいただく予定です。

とはいっても先方の出荷が遅れているようなのでもしかしたらこの間に入荷と出荷があるかも知れません。
お急ぎの場合は可能な限り対応させていただきます。

エムシーギア オンラインショップ>>>>

今週末はコース管理スタッフのお手伝いのために事務所を空けております。

IMG_20190413_083342.jpg
今週末Muc-offエンデューロアカデミーが栃木県の鹿沼木霊の森で行われるのですが、その管理スタッフと一緒にコースの準備をしに行っております。
Muc-offエンデューロアカデミー>>>>

土曜はコース設営をしておりますが、開催日当日もとりあえず待機という話なので現地におります。

もし参加者やお近くにお住まいの方で御用がある場合は現地に持参致しますのでお気軽にご相談ください。
ご要望があればヘルメットの試着なども出来るかと思います。

ゴーグルを外さないために

先日の8時間パワーエンデューロに先立ってチーズナッツパークで行われたY2-XCに参加した際に渋滞していた場所で暑いからか随分多くの人がゴーグルを外し始めました。
実はこの渋滞の時が一番ヤバイんです。
当然スタックしている人がいるから渋滞が出来るわけで、そのスタックしている人の後輪が掻き出す泥や石は相当なスピードで後続者に襲い掛かります。それ以外も前走車が再発進の際に石混じりの泥を掻き揚げる場合があってとても危険です。
その泥や石が裸眼に当たったらどうなるでしょうか。私は以前それで飛んできた石が顔面を直撃して眼底骨折になった場所に居合わせたことがあります。それを目の当たりにしてどんな時でもゴーグルを外さないようにしようと心に決めたわけです。

湿度の高い夏などは渋滞箇所や難所でゴーグルを外してしまうのは何も暑いからだけではありません。
風が通らないことによってレンズが曇りやすくなるのも一因でしょう。
なので夏場のレースでこそ曇りづらいレンズをお薦めしています。

当店扱いのゴーグルでは全ブランドにダブルレンズがラインナップされています。arieteや100%では元々ダブルレンズを装備したモデルもラインナップされているほどです。ダブルレンズ装着モデルが無いPROGRIPも基本的な曇り止めがしっかりしているのでレンズが新しいうちはシングルでも曇りづらいでしょう。

そこでその曇り止めを長引かせるためにお手入れについても気をつけてください。
基本的にお手入れの際に曇り止めの薬剤が塗布されているレンズの内側には洗剤やクリーナーを使用しないでください。
特にarieteは曇り止めの寿命を著しく短くしてしまいます。
流水で洗って自然乾燥がお薦めです。
また使用した直後はケースなどで密閉せずにしっかり乾燥させてください。特にダブルレンズは2枚とも薬剤が塗布されているので湿度の高い場所に密閉されるとダブルレズの内側も飽和して白濁する場合があります。そうなると高価なレンズも再利用できなくなります。お気を付けください。


100% ACCURI エンデューロ(ダブルレンズ仕様)


ゴーグルラインナップはこちらをご覧ください。>>>>

急に暑くなったので熱中症に注意です!

昨日は夏の名物史8時間パワーエンデューロにお邪魔してきました。
会場の福島県にあるチーズナッツパークは梅雨明け前で当日朝まで雨が降っておりコンディションは最悪でした。

私が現地入りした土曜はまだそれほど暑くは無く、湿度が高いために蒸す感じがする程度でしたが、レース当日は時折日が射す天候でレースとしては過酷すぎる環境でした。
その朝のミーティングでいつも帯同してくれるお医者様から暑熱順化という聞きなれない単語が出てきました。
意味はまだ暑さに慣れていないので発汗がスムーズに行かず熱中症になりやすいという事ですが、今年は特に涼しい日が続いた直後の暑さだったので厳重に注意して欲しいと警告されたわけです。このこと自体は良く聞く話ですね。
環境省の情報サイトにもこのような警告が載っていました。>>>

のどが渇いたと感じた段階ですでに熱中症の入り口に立っていると思ってください。
そうなる前に小まめにのどを潤し、無理な運動は避けるようにしましょう。

2019-07-28.jpg
rider編集長の三上編集長も熱中症予防用のプールに浸かっていました。
最近空調の効いた場所でばかり仕事をしているので身体が慣れず辛かったそうです。

暑いですね~!

関東はまだ梅雨明け前ですが、急に暑くなってきて体調管理が難しい時期になってきました。
酒好きの皆様は熱中症に特にお気を付けください。
基本的に利尿作用の高い飲み物はNGです。それに関連してか麦茶も駄目って言われたライダーが居たという話を聞いたことがあります。※麦茶については全く反対の意見もあるようです。

今週末に開催される8時間パワーエンデューロも熱中症には特に気を使っていて各人ハイドレーションパックの携行が義務付けられています。

ところでこのハイドレーションパックですが、出店していてよくバイトバルブ(飲み口部分)はありますかという問い合わせをいただきます。どこかに引っ掛けて落しちゃうんですよね。
特に旧型のジョイントがL型になっているものはハンドル廻りや枝などに引っ掛けて抜けちゃう場合が多いみたいです。
そこでお薦めなのがこれ。

20125.jpg
根本をタイラップで留めると脱落しづらくなります。
これからは水は命って時期なのでこういった小技で水を大切にしてください。

あ~、なくした場合はご相談いただければご用意いたします。(苦笑)

キャメルバックについてはこちらをご覧ください。>>>>

今週末はチーズナッツパークでパワーエンデューロです!

mplogo2_201907251234138b7.jpg
今週末福島県のチーズナッツパークにて行われる8時間パワーエンデューロにて出店予定になっております。

天候はちょっと微妙ですが、台風だろうと現地には伺います。
もし強風でテントを張っていなくても何か必要な物があればお気軽にご相談ください!(不吉なお願いですが…)
もっとも今のところ日曜は明け方から曇りで降水量は0mmの予報です。風は一番吹く時で5m/sだそうです。(tenki.jp調べ)

雨であっても風通しの悪い林間でスタックしたりすると体温調節が上手くいかずに熱中症になる場合があります。
キャメルバックなどのハイドレーションパックも用意しておりますのでお気軽にお声掛けください。

ちなみに先週Y2-XCで走りましたけど、タイヤチョイスさえ間違えなければ大丈夫だと思います。(何が…?汗)

では皆さん装備を完璧にして楽しみましょう!!

Index of all entries

Home


JNCC/WEX


JEC


VAAM_CGC[1]
CGC



携帯版MC GEAR 店長日誌


mcf.jpg

savejapan.jpg

touhoku.jpg

Return to page top