Home > 店長の日常 Archive

店長の日常 Archive

WEXチーズナッツに行って来ました。

一昨日は福島県のチーズナッツパークで行われたWEXイーストに参加してきました。
レースの詳細はまた別の機会にするとして、その後片付けのお話をば。

今回は天候も悪くてマシンも泥だらけに。
そこで昨日は祝日だったので洗濯物と洗車を一日中しておりました。

2017-09-18 15.35.52
一度洗車した後に落ちない泥染みが…。
普通ならここで洗剤を付けたスポンジなどでこすって汚れを落すところですが、私はここ数年スポンジを持ったこともありません。

こういう時はTK1スーパーウォッシュを使うのが定番だからです。>>>

TK1をスプレーしてから5分くらい待ってまた洗車機を使って洗います。

2017-09-18 16.10.26
笑っちゃうくらいに綺麗になるんですよね。
この洗浄力でも何も侵さないのでウェアにも使えちゃうのがTK1の特徴です。

白い物は白く、黒い物は黒く戻しますので、タイヤなどは感動するレベルです。(黒は写真だと分かりづらいので体感して欲しいです)

唯一の弱点は油汚れには効果が薄いことでしょうか。
でもチェーン廻りのしつこい汚れはパーツクリーナーなどで拭き取っちゃえば関係ありませんし、他の洗剤でも付着した油を擦らずに落とすのは限られた物になるので、より広範囲になる泥汚れを優先するならTK1に勝る洗剤を見たことがありません。

しかもこの洗剤は吹き付けてから少し時間を置いてから洗車機にかけた方が良いんですが、乾いてしまっても効果が変わらないのも特徴のひとつです。
夏場の洗車でも乾きを気にせず作業が出来るのはありがたかったです。

1Lが6,500円と少々高価に感じますが、希釈が前提のアイテムなので実際にはこれで10L分の洗剤が作れます。そう考えると凄くコスパの高い洗剤でもあります。
まだの方は是非お試しください。
ホント、綺麗になって気持ちいいですよ~!

週末はチーズナッツパークでお会いしましょう!

21740844_1444041705672269_9193080070450904705_o.jpg
今週末は福島県のチーズナッツパークで行われるWEXイースト戦にて出店を致します。
店長久しぶりにWEXで走ると張り切っていますので皆様宜しくお願い致します。(本当は最近体力の衰えが酷くて肉体改造始めたばかりなのでヘロヘロ)

KYTヘルメットの限定色もまだ少量ございます。サンプルを展示しますので是非ご覧ください!

2017-09-14 16.48.05
ところで先日もご紹介したサイレンサープロテクターですが、打ち付けやすい部分を保護するものなのでテールエンドに付けるだけではありません。写真のように転倒時にぶつけやすい部分に装着してあげても良いし、ウェアの焼損を防ぐために場所を選んでも良いんじゃないかと思います。
長さも充分なので太目の4stサイレンサーでも装着出来ますし、切っても良いので2stのサイレンサーにも装着可能です。
4stでも細身のサイレンサーの場合は周囲長に合わせて切って装着した方が良いかも知れません。隙間が出来ると泥が詰まってはずれやすくなりますし、中にはタイヤと擦れてタイラップが切れてしまう車種もあります。

詳しくはこちらをご覧ください。>>>

カードホルダー入荷!

オンタイム制のレースでは必須と言っても良いカードホルダーです。
タイムを記載するカードを携行する必要があるオンタイムエンデューロでは、それを紛失しないように、しかもスムーズに出し入れ出来るホルダーが必要になります。
先日のISDEでもジャパントロフィーチームが使用してくれていました。

2017-09-07 21.54.03
欠品していたトレックフィールドさんのカードホルダーが入荷いたしました!

日高参加者のために無理して作ってくれたようです。
少量入荷なのでお早めに~!

詳しくはこちらをご覧ください。>>>

2017JNCC月山終了

2017-09-02 15.16.23
月山で行われたJNCCにて出店をしてきました。
素晴らしいロケーションですね。

2017-09-02 10.32.17
限定カラーの展示もさせていただきました。
最近KYTヘルメットをよく見るようになりましたねとたくさんの方にお声をかけていただきました。
JNCCでもユーザーが増えてきましたね。

今回は風が強くて大変でしたけど、とりあえず無事に終了しました。
レポートはまたの機会に。

成田夏祭り閉幕!

21122405_945398065601438_6141684606463869131_o.jpg

成田モトクロスパークで昨年から行われている夏祭り。
「みんなで集まって成田MXPを楽しもう!」というイベントなんですが、やっぱり目玉はプチエクストリームレースでした。
納会後に午後からの3時間弱でそんなにエントリーがあったの?!!!ってくらいの方に楽しんでいただけたのは末端の旗振りにも嬉しい話でした。

来年も行う予定なので未体験の方は是非お越しください。(オンタイムで見られないスタッフは今YOUTUBEでその楽しい状況をチェックしてますw)

欠品中です。(汗)



最近一般的になってきたと思っていたTUBLISSですが、構造を理解されていない場合が結構あるんだなと最近思うようになりました。
少なくはなってきたんですが、ニップルからのエア漏れを防ぐアイテムだと思われている方も若干ですがいらっしゃるようです。
使っている分にはそんな構造に対する理解なんてあまり関係ないのですが、トラブルが起きるとその対処法で困ってしまう場合があります。

まずTUBLISSはこれの本体とタイヤの内面で仮想チューブとでも言うような部屋を形成します。
ですからTUBLISSとタイヤ内面を密着させる必要があります。そのためTUBLISSのインナーチューブには100PSIという高圧を掛けるわけです。エア漏れが起こるのはタイヤに傷が入ってパンクしているか、この密着させる面が荒れてしまっている、TUBLISSが正常な位置に収まっていないなど要因は色々です。

それでエア圧が低いまま走るとこうなってしまう場合があります。

左側のはタイヤ内面とTUBLISS本体が接触して削れてしまっています。
等間隔に削れているのはブロックの谷間が低圧のために変形して接してしまうものだと考えられます。

これくらいでしたらまだ使用可能ですが、あまり酷くなるとこの本体からエアが漏れてしまうようになります。
仮想チューブに穴が開くわけですから適正なエア圧を保つことが出来なくなるわけです。

こうなると修理はライナーの交換しかありません。パンク修理用のパッチが当てられるかは未検証ですが、貼るとしても1箇所ではないので無理がありそうです。またインナーチューブもTUBLISSを押し広げるためのものであって本体が削れて開いた穴を押し塞ぐほどのものではありません。

当店ではタイヤカット以外での低圧走行の場合は出来るだけ0.3キロ以上エアを入れることを推奨しています。
そうすればこのように接することでの磨耗も防ぐことが出来ます。
参考にしてください。

TUBLISSについてはこちらをご覧ください。>>>

と御紹介していてなんですが…。
現在18インチが欠品中です。
次回9月入荷予定になっておりますので少々お待ちください。(滝汗)

今週末は爺が岳の8時間耐久におります。

今週末は長野県大町市にある爺が岳スキー場特設会場で行われる8時間耐久レース会場にて出店しております。

通常の出店の他のKYTヘルメットの展示と試着もしておりますので、お時間のある時に是非お越しください!


Index of all entries

Home > 店長の日常 Archive


JNCC/WEX


JEC


VAAM_CGC[1]
CGC



携帯版MC GEAR 店長日誌


mcf.jpg

savejapan.jpg

touhoku.jpg

Return to page top