Home > サイト更新情報 Archive

サイト更新情報 Archive

プログリップ ゴーグルの一部ラインナップを特価にて

現在プログリップと100%、arieteの三種類に力を入れている当店ですが、各々特徴があるので店長はその都度使い分けています。
arieteはレンズの曇らなさに秀でているので朝一のレースや真夏で汗をかく場合に好んで使います。100%は視界の広さと豊富なレンズが自慢なのでウッズなど比較的低速でルートファインディングが重要なレースに使います。そして今回御紹介するプログリップは視界が広くレンズも曇りづらく顔にもフィットする形状なので悪天候になった際に信頼を置いて使っています。

progrip[1]
そのプログリップのゴーグルの中でもアウトリガーストラップホールドで顔へのフィット感を更に高めているモデルであるPG3400MとベーシックなモデルであるPG3301を今回特価で御提供しています。
特にPG3301は別売の専用ワイドロールオフと組み合わせるとロールオフがセットになったPG3308よりも安くなるという目玉商品です。
またPG3400Mは定評の視界の広さを更に推し進めているゴーグルです。(ただしPG3400Mはダブルレンズとの親和性がちょっと悪くて装着に手間どったり付かない場合があるのでシングルレンズをお勧めします)

詳しくはこちらをご覧ください>>>>

KYTストライクイーグルヘルメットの補修部品について

Xmasセールもお陰さまで大好評のKYTストライクイーグルヘルメットについて

今までは当店でご購入いただいた方へのアフターサービスとして補修部品の提供をさせていただいておりましたが、最近ユーザーの方も多くなって補修パーツの問い合わせが多くなってきたためにショップサイトでの受付を開始いたしました。
一部取り寄せでの対応となりますので少々お時間をいただく場合もございますが、納期のお問い合わせも含めてお気軽にご利用ください。

SE_innner.jpgSE_innner2.jpgSE_innner4.jpgSTRIKEEAGLE-peak.jpg

2DAYSイベントなどではスペアの内装などを用意しておくと快適に使用出来ますし、転倒などで破損しやすいバイザーも各種そろえています。

詳しくはこちらをご覧ください。>>>

冬場でもハイドレーションは重要

最近めっきり寒くなりましたね。
レースシーズンはひと段落した感がありますが、空気の澄んだこの時期からツーリングに出掛ける人も多いんじゃないでしょうか。
冷たい空気を切り裂くように林道を走る楽しさは一度味わうと病みつきになります。
しかし特に飛ばすような走りでなくてもオフロード走行は筋肉も使うし汗もかきます。ですから定期的な水分補給は夏場と同様に必要です。そんな時にお勧めなのがハイドレーションパックとバックパックが一体になったタイプです。

ACERBISのハイドレーションパックはバックパックとしての容量によって3種類ラインナップしています。
いくつかの工具が入れられるレース仕様のアクアドリンクパック、14.5Lの大容量でハードエンデューロなどにもお勧めのX-STORM、そして少しツーリング向けに作られている今回ご紹介するH2Oバックパックの3種です。

17046-tana[1]
■H2Oバックパック
特徴的なクロスショルダーストラップを装備した他の二つと違ってH2Oバックパックのショルダーストラップはオーソドックスなタイプになっています。
激しいライディングでのズレづらさはクロスショルダーストラップのアクアやX-STORMの方が良いのですが、胸の真ん中でクロスさせるストラップはツーリングでは少々邪魔に感じることもありそうです。その点H2Oはオーソドックスかつ重いものでも身体に掛かる負担の少ない固定方法なのでツーリングに最適だと思います。

詳しくはこちらをご覧ください。>>>

LEATT のニーブレイスが3種類になりました。

LEATTといえば革新的なニーブレイス“C-FRAME”で一躍有名になりましたが、オーソドックスなタイプであるX-FRAMEも人気です。
その上価格も抑えたZ-FRAMEが今回シリーズに加わりました。

zframe_tana[1]
素材は強化ナイロンでカーボンに比べると剛性は高くはありませんが、充分に前十字靱帯(ACL)損傷や膝内側側副靱帯(MCL)損傷、半月板損傷のリスクを軽減するように設計されています。
本国では医療機器としての認証も受けています。
価格を抑えていますが、入門用というよりは立派な本番用として充分なスペックを有しています。

Z-FRAMEについて詳しくはこちらをご覧ください。>>>>

x-frame1_tana[1]
X-FRAME

c-frame_tana[1]
C-FRAME

咬まないタイヤレバー4 入荷!

ISDEウエストバッグやカードホルダーなどで有名なトレックフィールドさんはお名前の通りトレッキングツーリングが得意です。
ツーリング中のパンクなどに対応するために軽くて使いやすいタイヤレバーを独自に作ってしまったのがこの「咬まないタイヤレバー4 」です。

nptl4.jpg

200gを切る軽量さと17cmほどというコンパクトさでツーリングの際のトラブルにしっかりと対応してくれます。
もちろんガレージでの作業にもお使いいただけます。

特徴としてはまずタイヤを外す時にレバーの反対側にある切り欠きをスポークに引っ掛けることでビードの戻りを防止してスムーズに外すことが出来ます。
nptl05.jpg

そしてタイヤをはめる時はこのレバーの先端形状によって適切な位置にレバーを沿えることが出来るためにチューブ噛みを防止してくれます。(名称の由来)

nptl03.jpg
このようなレバーですので2本は必要ありません。これの他に1本スプーンタイプのレバーがあればスムーズなタイヤ修理や交換が出来るでしょう。

詳しくはこちらをご覧ください。>>>

ASTERISK ULTRA CELL 2.0発売

CELL20[1]
輸入元さんは名前を出さないけど、ASTERISKはCTiをリリースしていたイノベーションスポーツという会社から派生したスポーツ用ニーブレースの老舗です。現在CTiはオズールという会社からリリースされていますが、日本では医療用に特化しており医療機関を通してのみ購入可能です。ASTERISKはそんな生い立ちを持つニーブレースです。

そのASTERISKの最上級モデル ULTRA CELLがモデルチェンジしました。
現在CTiの輸入をしている医療装具のメーカーの方と話をした際にストラップタイプの装着方法が一番ずれないとお聞きしました。
そのためCTiは幅広のストラップでの装着にこだわっています。ULTRA CELLはそのストラップタイプに戻すことでズレが少なく違和感の無い装着感を提供してくれます。

詳しくはこちらをご覧ください>>>

Aluminum Debris Deflectors のブラックも在庫始めました。

最近金属製のハンドガードが高機能でどんどん高価になっているせいかシンプルでリーズナブルな価格の物が好評です。

50-513xheader[1]
今まで商品棚には載せていたんですが、お問い合わせも多いのでブラックも在庫するように致しました。
う~ん、それでなくても在庫多くて倉庫が満杯なんですけどね。

eeadhg[1]
こちらは今までも取り扱っていたシルバーです。

eeadhg2[1]
今回入荷したのがこのブラックです。
いわゆるブラックアルマイト処理したハンドガードになります。
処理費用分少々高くなってしまいましたがそれでも頑張った価格設定になっています。

エンデューロエンジニアリングのハンドガードにフラップを付けたい場合はG2 プリムス ハンドシールドかSTEALTHのアウターマウント ディフレクターが取り付け可能です。

Aluminum Debris Deflectors についてはこちらをご覧ください。>>>

STEALTH アウターマウント ディフレクターはこちらで御紹介しております。>>>

Index of all entries

Home > サイト更新情報 Archive


JNCC/WEX


JEC


VAAM_CGC[1]
CGC



携帯版MC GEAR 店長日誌


mcf.jpg

savejapan.jpg

touhoku.jpg

Return to page top