Home > サイト更新情報 Archive

サイト更新情報 Archive

インパクト エヴォ 3.0ニーガードの新色登場

ac21608_tana.jpg
人気のACERBISのインパクト エヴォ 3.0ニーガードに新色が追加されました。

このニーガードはダブルヒンジによって正座が出来るほど足を曲げることが出来るのが特徴です。
スリムデザインのためにデニムパンツの下にも装着出来るほどで、ツーリングにもお薦めのニーシンガードです。

詳しくはこちらをご覧下さい。>>>>

100%ゴーグルに新色追加

広い視野とポップなカラーで大人気の100%ゴーグルに新色が追加されました。

詳しくはこちらをご覧ください。>>>>

■RACECRAFT PLUS
 インジェクション成型のレンズが標準装備されており歪みの無い視野を提供します。
 4層スポンジで顔へのフィット感も抜群です。
19farcp01[1]

■RACECRAFT
 アウトリガーフレームを持ち顔へのフィット感を高めています。
 3層スポンジで砂や埃の侵入を抑えています。
19farc01[1]
19farc02[1]
19farc03[1]
19farc04[1]

■ACCURI
 100%ゴーグルのミディアムモデルであるACCURIは3層のスポンジで顔へのフィット感を高めています。
 ロールオフユニットの装着も出来るのでエンデューロには最適なモデルになっています。
19afacc01[1]
19afacc02[1]
19afacc03[1]
19afacc04[1]

ACERBISのブーツバック入荷!

オフライディングギアは大事に保管したいものです。
今回ご紹介するのはブーツバッグです。
23865.png
オートバイギアの老舗であるACERBIS製のブーツバックはフルオープンファスナーでブーツの出し入れがとても楽です。
泥を車内に持ち込みたく無い人のためにこのフルオープンファスナーは結構重要です。タイトな入り口だとブーツバッグの外に泥がついてしまうこともあります。そうならないためにこのブーツバッグはお薦めです。

詳しくはこちらをご覧ください。>>>>

EBCブレーキパッド取り扱い開始

レース会場でよく問い合わせがあるのがブレーキパッドの取り扱いについてです。
以前はJNCCの会場にもパッドを展示販売するお店があったんですが、最近はあまり見かけないので困っている方を散見するようになりました。
まだ残ってると思っていても泥を被ったりと過酷なコンディションでは無くなってしまうことも良くある話なのです。

そこで最近のマシン用になりますが、当店でも若干数在庫することに致しました。
メーカーはEBCブレーキになります。

とりあえず性能的にも安定しているMXSシリーズをレース会場に持参する予定ですので何かありましたらお気軽にお申し付けください。

ラインナップなど詳しくはこちらをご覧ください。>>>>

epfa1213[1]
ebc_mxs[1]
ebc_tt[1]

これで当店の夏休み前の営業は終了いたしました。営業再開は19日からになります。
この間のご注文やお問い合わせは19日より対応させていただきますのでご了承ください。

では皆様良い夏休みを!

キャメルバックのクリーニング

急に暑くなってきて更に必須アイテムになってきたハイドレーションパックですが、清潔に保つために皆さん苦労なさっているようです。

1229001002.jpg
特にこのリザーバーをカビさせないために色々なテクニックを駆使しているとか。

当店でのお薦めは以下の通りです。

・糖分の入ったドリンクを入れたあとは必ず綺麗に洗う
・リザーバー内を乾かす

洗う際には家庭用の食器洗い洗剤か、キッチン用の漂白剤を使用してしっかり洗いましょう。
漂白剤に漬けた後は流水でしっかり洗い流せば特に問題にはなりません。

次に乾かすという作業ですが、普通に物干しに吊っても内部は乾きません。
キャメルバックなどでは専用のハンガーも出ていますが、ここでは簡単な方法をお教えしましょう。

それは手を入れてキッチンペーパーなどで拭き取るのです。
最近のハイドレーションパックは吸水口が大きく手も入るようになっていますから直接拭きとってしまいましょう。
吊って乾かすよりも効果的で清潔です。

ホース内は拭き取るわけにはいかないのですが、キャメルバックは抗菌処理もしてありますので目視で水分を抜けば大丈夫です。

最近キャメルバックはリザーバーをモデルチェンジしてCRUXというタイプになりました。
これはホースをより太くして流入量を20%ほどアップしたモデルです。
以前のタイプとの互換性が無いのでご注意ください。(バイトバルブは共通)

詳しくはキャメルバックのページをご覧ください。>>>>>

タイヤ保護にお薦めです。

オフロードの醍醐味はもちろん未舗装の荒地を走り回ることです。至極当たり前の話ですが、そんな所を走ればタイヤは汚れます。
特に雨後は洗車をしたのにトランポに積むまでに泥が付いてしまい車内が泥だらけになった経験は皆さんお持ちでしょう。
そんな時にお薦めなのがこういったタイヤカバーです。
泥は場所によってタイヤにあまり良く無い土質の物がありますので洗車後にまた泥をつけては意味が無くなってしまいます。
綺麗なままガレージまで持って帰り保管するために是非ご利用ください。
0023579_090C.jpg
■ACERBIS X-TIRE カバー
税別6,500円

洗車以外にも荷物満載のトランポの中で不用意に傷を付けないためのカバーとしても有用です。
たまにメンテスタンドなその他の積載物でタイヤに傷を付けてしまったなんて話を聞いたりします。(実際私もやったことがあります。汗)

自宅やガレージでのタイヤの保管でもこういったカバーがあると便利です。

X-TIRECOVER.jpg
取り付けは簡単です。
カバーに装着されているベルクロでリムに固定した後にタイヤを回して巻きつけるだけです。
対象は21インチのフロントタイヤと18もしくは19インチのリヤタイヤです。(前後セット)

格好から入る中年としてはこれを巻いてパドックにマシンを並べるだけでテンション上がっちゃいます。(笑)

お求めはこちらから>>>>>

これからの必須アイテムです。

キャメルバック
エンデューロライダーなら一度は名前を聞いたことがあるでしょう。
一般的にはハイドレーションパックと呼ばれるものの一ブランドなのですが、セロテープやバンドエイド並みに一般的な名詞になっている老舗ブランドです。
ミリタリー仕様もリリースしていたりとハイドレーションパックの中では一つ抜きん出た製品をデリバリーしているメーカーでもあります。特に水筒部分と飲み口は秀逸で他のメーカーの追従を許しません。
特に2.5Lのクラシックと今回新たに入荷したROGUEはチェストストラップも標準装備になっていて激しいライディングでのズレを予防してくれます。昔はこのチェストストラップだけ別売りしていたのですが、何故か生産中止になってしまいました。残念。

今回ご紹介するのはそのROGUEです。
クラシックと同じ2.5Lのウォーターパックを装備しつつ、合計2.5L分の荷室をもっているので、ロングのエンデューロではコンパクトな工具類を、ツーリングでは軽食などを持って走るのに最適になっています。

もちろんウォーターパックは定評のある2.5Lタイプを装備しています。
キャメルバックが皆さんに愛される理由のひとつが飲み口にあります。
バイトバルブの名の通り噛むことで口が開くので激しい運動中もストレスなく水分の補給が出来ます。
またこのROGUEにも採用されているCRUXというパックはホースが太くなっていてより補給がしやすくなっています。

rogue_1[1]

キャメルバックはこれを加えて現在3タイプをラインナップしています。
用途にあったものをお選びください。

詳しくはこちらをご覧ください。>>>>

Index of all entries

Home > サイト更新情報 Archive


JNCC/WEX


JEC


VAAM_CGC[1]
CGC



携帯版MC GEAR 店長日誌


mcf.jpg

savejapan.jpg

touhoku.jpg

Return to page top