Home > 元ブーツ屋として > 面白いブーツ

面白いブーツ


JETT BOOTS

もう某所では紹介されているブーツですが、実は有る伝で開発最終段階から少し話を聞いていました。
兎に角軽く、柔らかく、そしてしっかりしているためにちょっとビックリしたくらいです。
木型はガエルネやSIDIと同じ方向性を持ったブーツになります。日本人には合いやすい形状です。

特徴的なのはそのシェルです。本体部分がソールまで含めて一体型になっていて土踏まずの部分だけリプレイス出来るようになっていました。
ふくらはぎ部分はピボットを介して本体に取り付けられていますが、ピボットが工具無しで取り外せるようになっています。またピボット部分にゆらぎを持っているので足首の動きをトレースしやすくなっています。

既存のブーツはそのほとんどが製作時につま先を引っ張って形成するためにどうしてもある程度つま先に厚みが出てしまいます。(薄い製作木型にしても木型から外した段階で樹脂の突っ張りによって厚みが出てしまう)
ところが全てを樹脂で作るとこの厚みを細かく設定出来るために他メーカーのブーツに比べても薄くすることが出来ます。メリットは2点。シフトチェンジの感覚がつかみやすくなる事と、ソールのフレックスを柔らかく出来る事です。

ただ、履き替えたばかりだとブーツが薄い分シフトペダルまでの距離が少し増えるのでちょっと感覚が違ってしまうでしょう。某所でダートスポーツの取材者が違和感を訴えたのもおそらくこれが原因だと思います。

ソールのフレックスが柔らかい方向に振れるのは円よりも楕円の短辺の方が剛性が低いのと同じ理由です。どうもヨーロッパのトレンドが柔らかいソールに移行しているようでこのブーツもそうなっています。ブレーキングなどの感覚がつかみやすいのですが、堅いのに慣れた人には不安を覚えるかも知れません。

しかし履き心地も含めてちょっとエポックメイクなアイテムだと思います。
今後はこのようなブーツが増えるのかも知れませんね。
関連記事
 
 

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://mcgear.blog111.fc2.com/tb.php/775-b3321178
Listed below are links to weblogs that reference
面白いブーツ from MC GEAR 店長日誌

Home > 元ブーツ屋として > 面白いブーツ


JNCC/WEX


JEC


VAAM_CGC[1]
CGC



携帯版MC GEAR 店長日誌


mcf.jpg

savejapan.jpg

touhoku.jpg

Return to page top