Home > 元ブーツ屋として > ひさしぶりにソールの話をば。

ひさしぶりにソールの話をば。

ガエルネのED-PROによって日本のエンデューロシーンで有名になったビブラムソールですが、基本的には登山用のを流用しているので土踏まずが薄く、ヒールの角が立っているのがオートバイ用としての弱点です。薄い分耐久性に劣るし、角が立ってるとステップに引っ掛かりやすいからです。
それをオートバイ用に設計しなおしたのがT-REXになります。
ED-PROに使われているソールはモンターニュというモデルだと聞いていたけど、これは登山靴用なので歩きやすいように土踏まず部分のフレックスが高くなっています。
日本からのリクエストでこのソールをガエルネが採用したのですが、元々は自衛隊が設営に介入するほどハードだった日高のエンデューロ用に開発したブーツのためにチョイスしたものでした。
それくらい過去の日高はサバイバル要素が高かったんですよね。
菅生も同じで過去はハードエンデューロに近いコース設定だったこともあります。

話は戻りますが、ソールグリップだけ良くてもブーツのグリップがよくなるわけではありません。
ソールの面を適切に地面に押し付ける足首の動きも重要になります。それを追求したのがED-PROなんですが、足首の動きをよくするというのとプロテクションは相反する要因だったためにエンデューロ=レースという認識のもとでは名前負けしているとまで揶揄されたりもしました。
それで奮起してCORSAという限定モデルも出来たりしたのですが、それはまた別の機会に。

関連記事
 
 

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://mcgear.blog111.fc2.com/tb.php/3596-c8a9bbe1
Listed below are links to weblogs that reference
ひさしぶりにソールの話をば。 from MC GEAR 店長日誌

Home > 元ブーツ屋として > ひさしぶりにソールの話をば。


JNCC/WEX


JEC


VAAM_CGC[1]
CGC



携帯版MC GEAR 店長日誌


mcf.jpg

savejapan.jpg

touhoku.jpg

Return to page top