Home > 店長の日常 > 店長が走った東日本エンデューロ選手権開幕戦

店長が走った東日本エンデューロ選手権開幕戦

最近出店でのレポート(通称パドックレポート)が中断中ですが、ダラダラとつまらないパドックレポートはちょっと中断して店長視線での雑感をご報告するかなと構想を練っている最中です。(もともと雑感だったのは置いておいて)

そんな感じで今回は出店をしなかったMFJエンデューロ選手権の東日本エリア戦に参戦した雑感を御紹介します。

まず何故オンタイムエンデューロが多いMFJエンデューロの東日本エリア選手権に出ることにしたのかから。
ずばり歳を喰って2時間や3時間ずっと走るのが辛くなったのと、オンタイムエンデューロのゲーム性が楽しく感じたからです。
JNCCのようなクロスカントリーレースの方がコース上で抜きつ抜かれつが出来る方が競い合っている感じがして面白いんですが、オンタイムは自分との闘いという感じで色々考えるプロセスに面白みを感じた次第です。ここのコーナーはこのラインが最速だけど、次のコーナーへの繋がりや全体のリズムを考えるとこっちかななんてプロっぽい思考をするのに憧れたわけです。
実際は初心者クラスの末席を汚している状態ですけど、コース上で何度も抜かれることが無いので安心して走れるというのもメリットの一つでした。

で、今回の東日本エンデューロ開幕戦はハードエンデューロで名を馳せている日野カントリーオフロードランドでの開催とあって事前にハード目に振るという話だったのですが、その言葉どおり今までのエリア戦とは少し違う感じの難易度になっていました。からといって凄いハードなのかというとハードエンデューロ業界(笑)的にはミディアムよりも簡単な設定だったようですが、タイムを削るのが肝のオンタイムではその削り方が分かりづらいという絶妙の構成でした。改めてコースディレクターやスタッフの方々のご尽力に頭が下がる思いです。
店長が参加した全日本クラスでは入門クラスになるNBは60名超のエントリーがありましたが、致命的な渋滞もなく誰もが緊張感を維持したまま自分の限界にチャレンジできたはずです。上のクラスの人がよくいう「全員がオンタイムでテストのタイムだけで順位が決まるのであれば未舗装路のジムカーナではないか」といった部分を良い意味で裏切るレースだったと思います。
終わった後のエントラントの評判も私が聞いた限りでは良好だったようです。もっとも各人色々残念や宿題を抱えていたようですが。(含む私)

天候も春らしい暑くも無く寒くも無くで、心配された雨もNBは最後の1周だけぱらぱらと降り始めた程度でベストコンディションでした。
今年エリア戦は色々とバラエティー感豊かな構成になっているようですのでオンタイム未経験の方でも楽しめると思います。
是非一度体験してみてください。

出店はGW初日のJNCC鈴蘭から再開いたします。
その前にチーズナッツパークの独自シリーズ戦Y2-XCでの出店も行う予定になっております。
また宜しくお願い致します。

2019-04-14 07.42.03
関連記事
 
 

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://mcgear.blog111.fc2.com/tb.php/3350-0b9dd1b6
Listed below are links to weblogs that reference
店長が走った東日本エンデューロ選手権開幕戦 from MC GEAR 店長日誌

Home > 店長の日常 > 店長が走った東日本エンデューロ選手権開幕戦


JNCC/WEX


JEC


VAAM_CGC[1]
CGC



携帯版MC GEAR 店長日誌


mcf.jpg

savejapan.jpg

touhoku.jpg

Return to page top