Home > 店長の日常 > アンチドーピング

アンチドーピング

46524095_1955436974532737_3273734346296524800_n.jpg

ドーピングという言葉はスポーツに興味のある方なら一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。
ここでは主に身体に経口もしくは注射によって薬剤などを投与する行為を言います。

先日のSUGO 2DAYSの前夜にこのドーピングに関する講習会が催されました。
2020年より全日本エンデューロでもドーピング検査が導入される予定のためです。
まだ制度がはっきりしていないので講習会に参加したライダーも戸惑いながらの受講となりましたがさらっとその内容をお伝えいたしたいと思います。

そのドーピングを禁止するという考えはフェアプレイ精神のみならず、人間本来のポテンシャルだけで勝負をしようというスポーツ全般の共通の約束事として広く認知されています。
これはモータースポーツにも適用されています。

例えば一部の風邪薬や咳止めなどには気管を拡張する成分が含まれており、これは運動能力の向上にも寄与することになります。
オートバイに良いタイヤを履かせるように人間もそういう補助的な物で嵩上げしても良いんじゃないかという考えがあるのも事実ですが、先ほど挙げたように人間本来のポテンシャルで勝負をするという考えと制限を設けないとスポーツマンの身体を蝕むような薬剤の登場を許すという意味で様々な薬剤が禁止されているわけです。

それを踏まえて規制されている薬剤を摂取しない、摂取させないというのが主な注意点です。
ただどのような薬が禁止されているかなどは多岐に渡るので処方箋を元に薬剤師と相談するか、アンチドーピング機構のサイトで確認するなどが必要となります。
詳しくはMFJのサイトでも紹介していますのでご覧ください。>>>

キャプチャ
日本アンチドーピング機構のサイトでは薬剤の名称や主成分などで検索が出来ます。>>>

全日本トライアルでは上位入賞者には義務付けられているようです。エンデューロでは誰を対象として検査するのかなどははっきりしていませんが、罰則も重いので参加者全員がこういったことへの意識を徐々に高める必要があるのかも知れません。

ちなみにライダーの常備薬とも言われるロキソニンは対象外になっていましたので安心して服用してください。ただしこれ飲み過ぎると胃に穴が空くそうなのでお気をつけて。

この講習は主にその理念や検査の様子などを紹介するもので、恐らく参加者の大半が知りたかったこの薬は駄目でこれは良いという話はすべてもやもやっとした話でした。例えば医薬部外品はその成分が公開されていない物が大半なので判断出来ないそうです。攣るのを防ぐ芍薬甘草湯に代表される漢方薬も今のところそれが抵触したことが無いだけで今後も抵触しないか分からないとのことでした。
今後そういった情報も分かり次第ここでもご案内したいと思っております。
関連記事
 
 

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://mcgear.blog111.fc2.com/tb.php/3268-4a8c77bc
Listed below are links to weblogs that reference
アンチドーピング from MC GEAR 店長日誌

Home > 店長の日常 > アンチドーピング


JNCC/WEX


JEC


VAAM_CGC[1]
CGC



携帯版MC GEAR 店長日誌


mcf.jpg

savejapan.jpg

touhoku.jpg

Return to page top