Home > タイヤ > TUBLISS CORE はパンクだけじゃなくてリムの変形も防ぎます。

TUBLISS CORE はパンクだけじゃなくてリムの変形も防ぎます。

  • Posted by: MC GEAR
  • 2018-07-23 Mon 23:22:48
  • タイヤ
キャプチャ

ここのところ週末の度に出店をして皆さんに色々なアイテムをご覧いただいておりますが、中でも断トツに興味を惹くアイテムがこの“TUBLISS CORE”です。
もう結構浸透してきたと思っていたのですが、構造を理解していなくて取り付けが難しいとか耐久性に難がある、リムが若干変形していると着かないなどという勘違いをなさっている方もまだまだ多いようです。

私は取り扱いを始めてからもう何年も使用していますが、2~3回タイヤ交換をすれば何の問題もなく作業出来ます。ノーマルチューブのタイヤ交換の方が緊張するほどです。しかもこれだけ長く頻繁に使用していますが、今まで2セットしか使用していません。現在2台体制なのですが、その1台はライナーを破損させた事があって2ヶ目のライナーを装着しています。もう10年近く取り扱っていますがそれくらい耐久性があります。ただしインナーチューブは保険代わりに年に1回交換しています。これはノーマルチューブの時もそうしていたのでTUBLISSだから特別必要というわけではありません。
ユーザーの方の話をお聞きしても本体は優に2~3年は使われているようです。
経年してエアが漏れるようになったというのを先日の会場でもご相談いただきましたが、本体(ライナー)が柔軟性を失って密着しなくなるというのは私の使用しているセットではあまり感じられません。むしろリムロックを固定しているナット(三角柱型のラバーの下に隠れているナット)が緩む方を疑ってください。私はやはり年に1回チェックしていますし、エア漏れをするようになったら真っ先に締め直します。

ハードエンデューロなどでは通常のチューブだとリム打ちでのパンクが心配ですが、TUBLISSはリム打ちでのパンクはしません。むしろインナーチューブとライナーのお陰でリム自体の変形も抑えてくれるほどです。

こんな良い事尽くめのようなTUBLISSですが、タイヤメーカーによっては完全に密封するのが難しい内面を持つタイヤもあることと、タイヤ自体が岩や枝などでカットされたり穴が開いたりするとパンクしてしまいます。これはエアを落としすぎると起こりやすいようなので鋭利な角を持つ岩場が多い場合はタイヤ内の空気圧を0.3キロ以下にしないようにしましょう。

関連記事
 
 

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://mcgear.blog111.fc2.com/tb.php/3179-08e2004e
Listed below are links to weblogs that reference
TUBLISS CORE はパンクだけじゃなくてリムの変形も防ぎます。 from MC GEAR 店長日誌

Home > タイヤ > TUBLISS CORE はパンクだけじゃなくてリムの変形も防ぎます。


JNCC/WEX


JEC


VAAM_CGC[1]
CGC



携帯版MC GEAR 店長日誌


mcf.jpg

savejapan.jpg

touhoku.jpg

Return to page top