Home > ゴーグル > 埃だらけでのゴーグル

埃だらけでのゴーグル

先日富山で行われたJEC中日本大会は空梅雨のお陰で埃が立つコンディションでした。

JNCCの時のように特にアナウンスが有ったわけじゃありませんが、渋滞が出来るようなコースでもなかったのと気温がそれほど高くなかったというのもあってゴーグルを外して走る人は皆無でした。1周毎にパドックに戻ってゴーグルのメンテ(交換)が出来たのも理由のひとつでしょう。

今回困ったのは兎に角埃が多かった事です。
ゴーグルのレンズはほとんどがポリカーボネイトなどの樹脂製なので静電気で埃を吸い寄せてしまうんですよね。そのため静電防止剤なんかも市販されているんですが、最近モトクロスゴーグル用では見かけなくなりました。それだけレンズもよくなったのかも知れません。(すみません、静電気に関しては勉強不足です)
表面は薄ら埃が着く程度なんですが、内側にも結構埃が侵入して気が付くと視界がぼやけてるなんて事もありました。
これがXCレースになるともっと酷くなるはずです。

そんな時に専用のゴーグルもあります。
ac7_tana[1]
RCRALLY_tana01[1]
100%ゴーグルもarieteもサンド用というのがラインナップされています。
これはスポンジ部分の目を細かくして埃の侵入を抑えるものです。他にも強い日差しを遮るためにミラーレンズやスモークレンズを採用しています。

しかしサンド用のゴーグルは必要になるシチュエーションが限られているので購入に二の足を踏む方も多いと思います。それにサンド系のゴーグルは通気が悪くなる場合もあって夏のエンデューロでは少し気になるかも知れません。
そんな時は手持ちのゴーグルのスポンジ部分にハンドクリームなどの肌に付けることが出来るローションの類を染み込ませて埃の侵入を防ぐ方法もあります。さながらバイクのエアフィルターにフィルターオイルを染みこませる様にです。
レース中にまめにメンテが出来ないクロスカントリーの場合はこの方法がお勧めです。

100%ゴーグルについてはこちらをご覧ください。>>>

arieteゴーグルについてはこちらをご覧ください。>>>
関連記事
 
 

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://mcgear.blog111.fc2.com/tb.php/2908-615cafea
Listed below are links to weblogs that reference
埃だらけでのゴーグル from MC GEAR 店長日誌

Home > ゴーグル > 埃だらけでのゴーグル


JNCC/WEX


JEC


VAAM_CGC[1]
CGC



携帯版MC GEAR 店長日誌


mcf.jpg

savejapan.jpg

touhoku.jpg

Return to page top