Home > 店長の日常 > 東日本エンデューロ選手権開幕戦レポート?

東日本エンデューロ選手権開幕戦レポート?

先日ご紹介したWEX GAIAの前週に山梨のクロスパークで行われた東日本エンデューロ選手権の開幕戦に行ってきました。
今回は出店せず完全なエントラントです。

ここで行われるオンタイムエンデューロは天候に恵まれずに苦労して作った特設コースが無駄になり続けていましたから、土曜の晴天はエントラントとしても浮き浮きするほどでした。

2017-04-22 (1)
コースの下見もうきうき。

2017-04-22 (2)
特設部分の激下りもうきうき。

2017-04-22 (3)
くぐるのに苦労するくらいの倒木も浮き浮き…
いやこれは不味いでしょう。(このあともっと低くなったらしくスタッフがばっさり切ってくれました。)

2017-04-22 (4)
職業ライダーじゃないのでレース前夜も盛り上がります。
もっともオンタイムレースは朝が早いので早めに就寝しました。

2017-04-22 (5)
といいつつ徘徊すると主催者が…。w

2017-04-22 (6)
寝る前に明日の準備も忘れずに。
というのも夕方から雨が降ってしまったんですよね。
それも結構ハードに。

2017-04-21.jpg
ウエザーニューズの予報はさながら預言者のようです。
ただ1mmなんて優しい雨じゃなかったです。

2017-04-23 (1)
でも翌日は晴天。
パドックはそんなに酷いコンディションではなかったんですが…。

2017-04-23 (2)
不安を抱えつつマシンをパルクフェルメに預けてライダースミーティングを待ちます。

2017-04-23 (4)
大会委員長の石井正美氏に主催者の鈴木里美氏。
石井さんの「このコンディションは私だったら出ない」の一言に会場は苦笑いに包まれましたが、後日この発言の裏に主催者やスタッフと大会責任者の間に意見の相違があったというのが分かりました。
結局主催者側のコンディションは回復するしライダーの技量も信じたいという意見が通ったのだとか。確かにコンディションが刻々と変わる場所なのでこういった判断は凄く難しいです。

2017_04_23_IMG_9999_33.jpg
とりあえず一部手直しは入ったようですが、概ね予定通りのコースで開催されることになりました。
まだ心が折れていない時の我々です。(苦笑)

2017_04_23_IMG_9999_113.jpg
しかし1周目は兎に角滑る路面との闘いでした。
下りはブレーキ掛けると滑るし、登りも気を抜くとあっち行ったりこっち行ったり。

2017_04_23_IMG_9999_227.jpg
まあこんな路面でしたからね。

17990360_1412339382137786_3131159485087874284_o.jpg
で前日ルンルン下見した激下りは恐怖のマッドスライダーに変身。
2周目以降は足をバタバタさせながらも乗って降りたんですが、一周目だけは全然路面を信用できずに降りて押しました。

2周目以降はと書きましたが、このレースはオンタイムといいつつスタート時間とゴール時間だけが決まっている簡易制なので持ち時間一杯路面が良化するのを待つという戦法が使えるんです。
でも昨年はそれでタイムオーバーして失格になったライダーも居たのでしっかり計算しながら走らなければなりません。こういったゲーム性も簡易オンタイムの楽しさなんですよね。

 2017_04_23_IMG_9999_415.jpg
特設コースのつづらを行く私。
ここら辺は昼過ぎまで渋滞ポイントになっていました。
最長で20分待ちなんてこともあったようで、これが続くようなら遅着の救済処置も有り得ると主催者がこぼしてたほどです。

でも結局はリタイヤした人以外はオンタイムでレースを終了したみたいです。
最初のタイムロスをその後挽回したわけですね。素晴らしいです。

2017_04_23_IMG_9999_329.jpg
しかしこのレースの立役者はやっぱりスタッフだったかな。
渋滞ポイントでは最適なラインを教えてくれたり励ましてくれたりと悪コンディションに心が折れそうになるのを支えてくれました。

17990598_1412391212132603_8395499686285218973_o.jpg
スタッフはスタックしたマシンのヘルプは出来ないんですが、スタックしないように総出で路面の修復をしてくれました。
実は開催直前までこの部分のカットを検討していたそうですが、逆にこれが無いと淡々としたコースになって走り終わったときの満足感に大きな差が出来たでしょうね。
今回は運営側のそういった葛藤が最後良い結果に結びついてくれて良かったです。

個人的にはテスト区間に特に難所も無かったためか結果は散々でしたけど、走り応えのあるコースに満足させていただきました。
勝沼でのオンタイムレースはこれだけですが、また来年も出てみたいレースでした。

エントラントの皆さん、スタッフの皆さんお疲れ様でした。そしてありがとうございました。
また来年も宜しくお願い致します。
関連記事
 
 

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://mcgear.blog111.fc2.com/tb.php/2877-a177256f
Listed below are links to weblogs that reference
東日本エンデューロ選手権開幕戦レポート? from MC GEAR 店長日誌

Home > 店長の日常 > 東日本エンデューロ選手権開幕戦レポート?


JNCC/WEX


JEC


VAAM_CGC[1]
CGC



携帯版MC GEAR 店長日誌


mcf.jpg

savejapan.jpg

touhoku.jpg

Return to page top