Home > ヘルメット > KYTJAPANの扱っているヘルメットは…

KYTJAPANの扱っているヘルメットは…

昨年暮れから取り扱いを始めたKYTヘルメットはお陰さまで大好評です。
兎に角軽いのにSG規格を通っており公道での使用にも問題が無いというのですから海外製としては凄いことです。
私も個人的に使っていますが軽いというのは首への負担も少なくて長時間の装着が多いエンデューロではそれだけでアドバンテージになると実感しています。

ヘルメットの安全性というのは車のそれに似ていて、硬くて相手を砕いても乗員を守る思想と壊れることで衝撃を吸収して乗員を守るという思想がそのままヘルメットにも当てはまります。
ヘルメットについてちょっと知るとスネルという規格があることに気が付くでしょう。スネルはどちらかというと前者で強固なシェルで頭を守るようになっています。それは得てして重量の増加にも繋がるので近年ヨーロッパのヘルメットはスネル規格を通さず軽くする場合が出ています。重量の増加はアクシデント時の首への負担を増やすことにもなるからです。それもあってか近年国産でもスネルを通さないヘルメットが出ています。
KYTは後者の思想で製作されていますので軽くなっています。しかしSG規格を通っているので生半可なことでは壊れません。ただスネル規格を通った物より柔らかくなっていて衝撃を逃がす構造になっています。
ですから軽い=危険というわけではありません。安心して使用してください。

またKYTは日本向けに特別な帽体を用意しています。
主にSG規格にパスするための改良ですが、ワールドワイドモデルとは違う日本専用モデルになっていてKYTの日本市場に掛ける意気込みが伝わってきます。KYT JAPANさんと話をしているとその並々ならぬ情熱と向上心には驚かされます。
今シーズンは出店時に試着用のヘルメットを持参しますので是非手にとってみてください。

KYTヘルメットについてはこちらをご覧ください。>>>

se4c_01[1]
関連記事
 
 

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://mcgear.blog111.fc2.com/tb.php/2820-86e4b513
Listed below are links to weblogs that reference
KYTJAPANの扱っているヘルメットは… from MC GEAR 店長日誌

Home > ヘルメット > KYTJAPANの扱っているヘルメットは…


JNCC/WEX


JEC


VAAM_CGC[1]
CGC



携帯版MC GEAR 店長日誌


mcf.jpg

savejapan.jpg

touhoku.jpg

Return to page top