Home > キャメルバック > 紛失防止に

紛失防止に

会場で出店をしていると結構多い問い合わせに「キャメルバックの口を無くした」というのがあります。
洗って干したまま忘れたというのからレース中に引っ掛けて取れてしまったらしいまで理由は様々ですが、印象としてL字の部分をタンクのベントホースやハンドル、ワイヤー類などに引っ掛けて取れてしまったというのが多いようです。

2016-09-25 14.40.30
対策として一番簡単なのはこのようにインシュロックタイで留めてしまうことですね。
あとはこのL字のジョイントを使わずにストレートにしてしまうのも方法のひとつです。(以前はメーカーでもチューブに直接この飲み口(バイトバルブ)が刺さっていました)

私はキャメルバックのチューブディレクターという、中に金属製の芯が入ったホースを使って飲み口がいつも胸元にあるようにしています。これだとほぼ紛失のリスクは無くなります。初期投資は高いけどレース中にスポーツドリンクで股間を濡らすくらいなら安い出費でした。
director02[1]
■チューブディレクター
 MCGEAR価格 4,320円(税込)

金属製なので何度も曲げ伸ばししていると金属疲労で折れそうですが、私の使い方だと5年以上は大丈夫のようです。
昔昔買ったものは10年せずに折れてしまいましたが、折れても保温カバー付きのホースとしては機能しますので問題ありませんでした。その時にホームセンターで売っているような針金で修復できないかと試してみましたけど、丁度良い硬さの物が無い上に結構簡単に金属疲労を起こして折れました。さすがミリスペのキャメルバックだけあって細かなクオリティーは高いです。


キャメルバックについてはこちらをご覧ください。>>>
関連記事
 
 

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://mcgear.blog111.fc2.com/tb.php/2736-61018b19
Listed below are links to weblogs that reference
紛失防止に from MC GEAR 店長日誌

Home > キャメルバック > 紛失防止に


JNCC/WEX


JEC


VAAM_CGC[1]
CGC



携帯版MC GEAR 店長日誌


mcf.jpg

savejapan.jpg

touhoku.jpg

Return to page top