Home > 元ブーツ屋として > 馴染んだ頃に痛くなるブーツ

馴染んだ頃に痛くなるブーツ

オフロードブーツを長い期間使用しているとくるぶし部分が内側に入ってきて痛い思いをしたことはありませんか?
こうなる場合の多くはくるぶし廻りのサイズが足に合っていない事が原因です。

随分以前はブーツは大き目が良いという方が多くてブカブカのブーツを平気で履いていたんですが、その名残りか自分の足のサイズより大きすぎるブーツを違和感なく履いている方が結構多いです。(特に年配ライダーに)
レースをやってる人ならおそらく誰でも知っているであろう有名エンデューロライダーも試しに小さいの履いたら具合良いんだよね~なんて言われるくらいです。
もっともニーブレイスに合わせたりそもそもサイズを選ぶ余地が少ない女性などは今でも仕方がなく大き目を履いていることでしょう。そんな時にくるぶし廻りに出来てしまう空間に向かってブーツが折れ曲がるために食い込んで痛くなるのです。

ですからくるぶし付近が痛くなるのを予防したり対処するにはその空間を埋めてあげる事が肝心です。
厚手のソックスやインソールで対応出来ればよいのですが、それでも痛みを感じ始めてしまった場合は少しパッドの入ったサポーターやアンクルブレースなどを使用するとよくなる場合が多いです。

当店で長らく取り扱いをしていたSIXSIXONEの仕入れが出来なくなったために現在赤札のページにて残りを御提供しております。
その中にあるアンクルブレースはそんな痛みを伴う場合におすすめです。



これでなくてもスポーツ用品店などで販売されているパッド入りのサポーターなどをモトクロスソックスの中に装着すると似たような効果が出ます。その際はソックスの中に入れないとブーツを履く時にずれてしまいますのでご注意を。

赤札市ではその他にもいくつか並べておりますので是非ご覧ください。>>>
 
関連記事
 
 

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://mcgear.blog111.fc2.com/tb.php/2685-22647880
Listed below are links to weblogs that reference
馴染んだ頃に痛くなるブーツ from MC GEAR 店長日誌

Home > 元ブーツ屋として > 馴染んだ頃に痛くなるブーツ


JNCC/WEX


JEC


VAAM_CGC[1]
CGC



携帯版MC GEAR 店長日誌


mcf.jpg

savejapan.jpg

touhoku.jpg

Return to page top