Home > 元ブーツ屋として > ブーツのサイズについて

ブーツのサイズについて

オンラインショップの弱みは試着がしづらいこと。
特にブーツの場合はなかなか難しいです。

今まで履きなれたメーカーのものでもロードブーツとモトクロスブーツではサイズが違うなんてことはままあります。
木型がたとえ一緒でも本体の柔らかさや内装の厚みで変わってくるんですよね。そもそもロードは足首に前傾がついているので全く別の履物ですし。
同じオフ系でもトライアルとモトクロスが違うように同じモトクロスでもプロテクターの配し方で違ってきたりします。
もっとも木型が同じなので履き慣らすとほぼ同じになるはずなんですが、履き始めのタイトさに差があってアレ?って思うことは私でもあります。

始めてブーツを買う場合の目安は以下の通りです。

・普段履いているシューズより1cmほど大きくなるのは普通。
中には1.5cm大きくなるメーカーもあります。これは木型が細い場合が多いです。
ガエルネは日本向けに足の甲の周囲長を長めにしているのですが、それでも0.5から1cm大きいブーツを履かれる方が多数です。
私は昭和の足をしていますが、普段の靴はだいたい26.0cm(スケートやスノーボードの場合は25.5cmの場合もあります)でガエルネやSIDIだと42(26.5cm相当)になります。アルパインスターズなどは細めなので43でした。
当店扱いだとアメリカブランドのTHORはやはり細目なので43になります。
足の細い人の場合はそれより1サイズ小さくても大丈夫なはずです。ちなみに細いというのは実測で足の長さと甲の周囲長が1:1以下の人です。私は24.5:25.0と幅広になっています。

・履いてみてからのサイズ調整
まず足を通してみて前後が狭かったらサイズが小さすぎます。つま先が当るようなブーツはオフロードの場合は危険ですしあっという間に痛くなって履けなくなります。
逆に幅は結構許容範囲があるブーツが増えてきました。内装の素材がよくなったというのが原因だと思います。
また幅は専門店で少しなら広げることも出来ます。
細い足の人で一番困るのは足の長さに合わせると幅が広くて遊んでしまう場合です。
ただこれは逆にショック吸収性や矯正力の高いインナーソールや厚手のソックスを使えるということなので、サイズを下げるのではなくそういった補助アイテムを入れて快適に使う方が良いと思います。
どちらの場合も履き慣れるに従って緩くなる事も考慮してあげた方が良いでしょう。

ところでブーツのサイズって表記がいくつかあって分かり難いですよね。

以前サイズ表記についてご紹介しています。>>>
上記を読んでいただけると分かりますが、アメリカサイズ(7とか8という一桁の数字)は1/3インチ刻みなので普通の靴でもハーフサイズというのがあります。(7 1/2など)
ところがヨーロッパサイズは2/3cmを 1センチと表記するのでハーフサイズがありません。
42だと大きいけど41だと小さく感じる場合は42にソックスやインナーソールで調整するしかありません。逆に大きめにしてそういったアイテムで自分好みにチューンするという考え方もあります。

ブーツご購入の際に少しでも悩んだらお気軽にご相談ください。

09fast_wh_20160630235845b57.jpg
ちなみにこれは店主お勧めのファストバックです。
プロテクションと動きやすさが両立されていてエンデューロにもツーリングにもお勧めです。
関連記事
 
 

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://mcgear.blog111.fc2.com/tb.php/2681-23ea7a81
Listed below are links to weblogs that reference
ブーツのサイズについて from MC GEAR 店長日誌

Home > 元ブーツ屋として > ブーツのサイズについて


JNCC/WEX


JEC


VAAM_CGC[1]
CGC



携帯版MC GEAR 店長日誌


mcf.jpg

savejapan.jpg

touhoku.jpg

Return to page top