Home > 店長の日常 > 東日本エンデューロ 山梨大会 参戦レポート

東日本エンデューロ 山梨大会 参戦レポート


 6月5日は東日本エンデューロ 山梨大会でした。
例によって土曜の早朝に現地入りして仮眠をしているとスタッフの楽さんがfacebookに天気予報が変わったと書き込んでいました。
それまで曇りの予報だったんですが…

2016-06-04 (1)
あ゛~。
競技中はずっと雨ですかね。もう晴れの準備しかしていません。

2016-06-04 (2)
土曜はこんなに良い天気なのに日曜が雨だなんて信じられません。

2016-06-04 (5)
仲間とルートも含めて念入りに下見をしていたんですが、夕方になると確かに雲が多くなってきました。
やっぱり降るのか…。

2016-06-04 (8)
その後最近お気に入りのほったらかし温泉にいってから歩成というほうとう屋で食事をしてパドックに帰ってきました。
石井正美さんらと語らっているとぽつぽつと空から落ちて来ました。

2016-06-05 (1)
予報では明け方からのはずでしたが少し早まったようです。
このまま早めに上がってくれると良いんですが。

2016-06-05 (2)
なんていう淡い期待を裏切って朝から雨です。
豪雨ってわけではありませんが、ここは濡れただけで厳しいコースに豹変するんですよね。

2016-06-05 (3)
ここを得意にしてる人がタイヤに切れ込み入れてグリップするように加工してます。
中古タイヤで来たのを少し後悔しているようです。

2016-06-05 (5)
ここをホームコースにしている人はタイヤ交換をしてました。
これが功を奏したのか優勝してましたね。おめでとうございます!

2016-06-05 (6)
ライダースブリーフィングで移動区間のルートを全てカットしてタイムを計るテスト区間だけでレースをすると発表されました。
1周も出来ないという人が出るとレースとして成立しないという理由でしたが、それも納得するほどここは滑るんですよね。
事実テスト区間でもスタックしている人を何人も見かけました。

2016-06-05 (7)
晴れていれば一緒に走ってくれるはずだった斉木達也選手に小林雅人選手、林友太選手ですが結局応援だけに留まったようです。
残念でした。

2016-06-05 (8)
走り出す直前でこんな感じですから…。

今回ルートが全てキャンセルになったので、IAから承認cまで全てイコールコンディションでのタイムアタック大会になって参加するクラスに関係なく実力を測るのには良い大会になりました。
それに持ち時間や周回数の変更が無かったのでその時間をどう使うかで結果が大きく変わることになりました。
4時間の持ち時間で12周(Cのみ10周)するのですが、1周速い人で3分前後なのでトータルで40分として残り3時間20分が休息や整備に回せるわけです。

2016-06-05 (10)
私も最初の周で団子状態の場所に追いついてしまい泥だらけになりました。
通常走り出す順番で追いつく場合や追いつかれる場合を想定するんですが、転倒やスタックも多かったので読みづらい状況になっていたのです。

予報では午後には雨も上がるし、実際やみつつあるので天候の良化を期待して2時間くらい休んで残り2時間でタイムアタックする作戦に切り替えました。
ところが1時間経過したくらいの時に雨雲レーダーを見ていた人がこれから降るかも知れないと言った直後にそれまでほぼ止んでいた雨がまた少し降り出しました。
そこで我慢した人と我慢出来なかった人が明暗を分けることになります。
私は我慢出来ずに10周してしまい残り2周に。その間に雨も止んで路面状況がどんどん良くなっていきます。この時点でまだ一時間以上持ち時間を残していました。
しまったと思った時にはすでに遅く、その段階から走り始めた人がどんどんタイムを出していきます。私はこれ以上傷口が広がらないように最後の20分で残り2周を全力で走ることにしました。

ライブタイミングでは規定周回を完了した人から順位が記載されるのですが、後から走り始めた人がタイムを出すのでトータルタイムからの暫定順位がどんどん下がっていきます。
アタックを再開した11周目にいきなり自己ベストを10秒くらい縮めて途中の作戦を失敗してしまったことを痛感しました。
そこでまたライブリザルトを見ると1位と2位はどう考えても追いつかないのですが、3位の方が雨の強い時に一気に走りきっていたので最終周で3分20秒を切れば抜けそうです。
それまで下りではほとんどアクセル開けていなかったのに最終周だけは開けて、それまで飛んでなかったところも飛んで頑張ったんですが、最後に前走車に追いついてしまい抜けずにゴール。4秒足らずで4位でした。
でも変わる天候に合わせて作戦練ったりと面白い時間を過ごさせていただきました。トータルで40分くらいしか走っていないのでちょっと走り足りない感じでしたが、今までのレースと違った感じでこれはこれで楽しかったです。
IAがスタックしていたところを一発で上がれたし。(笑)

2016-06-05 (11)
でお約束のように撤収時には晴れ間まで現われる始末。
エンデューロの神様はなかなかお茶目でした。

今週末はJNCC 鈴蘭高原で出店を致します。
関東も入梅してしまいましたが、鈴蘭はどうなるんでしょうね。楽しみです。
今回はあまり出店に力を入れられませんでしたが、鈴蘭では走らずに出店ブースに張り付いて皆様のお越しをお待ちしております。(ただし観戦でブースを空けてる場合もありますのでご容赦ください)




関連記事
 
 

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://mcgear.blog111.fc2.com/tb.php/2663-0f369ac8
Listed below are links to weblogs that reference
東日本エンデューロ 山梨大会 参戦レポート from MC GEAR 店長日誌

Home > 店長の日常 > 東日本エンデューロ 山梨大会 参戦レポート


JNCC/WEX


JEC


VAAM_CGC[1]
CGC



携帯版MC GEAR 店長日誌


mcf.jpg

savejapan.jpg

touhoku.jpg

Return to page top