Home > タイヤ > TUBLISSも万能ではありません。

TUBLISSも万能ではありません。

  • Posted by: MC GEAR
  • 2016-03-18 Fri 15:32:52
  • タイヤ
TUBLISSはエア圧を落としてもビード落ちしないので低圧でのグリップを楽しめるアイテムですが、トラブルで駄目にしてしまう場合もありますので注意が必要です。

例えばタイヤを鋭利な岩などでカットしてしまうとTUBLISSとはいえパンクします。
それでもTUBLISS自体が破損しない限りはビードが落ちないので走れてしまいます。それどころかシチュエーションによっては普段よりグリップしてしまうこともあるくらいです。

しかしそんな状態で長く走るとTUBLISSとタイヤが常時接することになってこのようになります。
12042734_977674978982262_6618684248127834444_n.jpg
タイヤの内面とTUBLISS本体が擦れて磨耗してしまいます。最後は気密が破れてタイヤを交換してもTUBLISSはその機能を失ってしまい内圧を保てません。

分かりづらくはあるのですが、タイヤカットでパンクしてしまった場合はタイヤ交換をするかチューブを入れて使用してください。

今までこのようなパンクを経験した人の多くが内圧を0.3bar以下にしていました。ですから路面状況がタイヤカットを誘発しそうであれば0.3bar以上にセットすると良いでしょう。(万全ではありませんが)

なお、上記のように破損してしまったTUBLISSは修理不能ですし、この部分だけを別売りはしていません。
注意して使用してください。

TUBLISS COREについてはこちらをご覧ください。>>>
関連記事
 
 

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://mcgear.blog111.fc2.com/tb.php/2609-9cc04c5c
Listed below are links to weblogs that reference
TUBLISSも万能ではありません。 from MC GEAR 店長日誌

Home > タイヤ > TUBLISSも万能ではありません。


JNCC/WEX


JEC


VAAM_CGC[1]
CGC



携帯版MC GEAR 店長日誌


mcf.jpg

savejapan.jpg

touhoku.jpg

Return to page top