Home > 店長の日常 > といいつつやっぱりチェーンには

といいつつやっぱりチェーンには

先日はハンドルに塗布するといいって紹介したグラファイトチェーンルブですが、元々低摩擦のコーティン剤なので当たり前といえば当たり前の使い方でした。
買った人には分かるんですが、日本語のラベルの下にはチェーンルブとは書いていない英語のラベルがあります。ですから特にチェーン専用としてデリバリーされているものでは無いというのは一目瞭然です。
じゃあ、 コーティング(塗る) というものがチェーンなんて高荷重の潤滑に使えるの?って疑問も出てくるんじゃないかと思います。

当初私も耐久性も含めて大丈夫なんだろうかと思っていたんですが、良い意味で期待を裏切ってくれて潤滑性能は高いのに土や泥を囲みこまない理想的なチェーンルブだったのです。潤滑に関してはフィーリングもあるので試していただくしかありませんが、少なくともチェーンの伸びやスプロケットの磨耗具合は専用のルブと遜色は認められませんでした。 ちなみにクリーナーで念入りに洗浄したあとにこのグラファイトルブを塗るとリアタイヤの回り方が軽くなるのが分かります。まぁ当たり前といえば当たり前ですが、粘度の高いルブだとこうはいかないってくらい軽いんですよね。
それにチェーンオイルによるスラッジがグラファイトルブでは皆無なのが一番気に入ったところです。チェーンを洗浄すると分かりますけど、このスラッジが結構奥まで入り込んで取れないんですよね。これが抵抗になってるとしたらそれだけでグラファイトルブにする意義があるってもんです。

もしチェーンルブとして気に入らないことがあったとしても、アクセルやワイヤーやベアリングなどなど使い道は多種多様なので損はしません。是非お試しください。

ただ一つ難点なのは、塗料と同じ様に狙った所以外にも付着しやすいのでマスキングをしないと必要が無いところまで黒くなってしまいます。チェーンに塗布する場合はダンボールの端切れがあると便利です。
2016-02-10 14.27.31
乾くのも早いので塗布時以外は神経質になる必要はありません。

詳しくはこちらをご覧ください。>>>
関連記事
 
 

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://mcgear.blog111.fc2.com/tb.php/2584-60cd1eba
Listed below are links to weblogs that reference
といいつつやっぱりチェーンには from MC GEAR 店長日誌

Home > 店長の日常 > といいつつやっぱりチェーンには


JNCC/WEX


JEC


VAAM_CGC[1]
CGC



携帯版MC GEAR 店長日誌


mcf.jpg

savejapan.jpg

touhoku.jpg

Return to page top