Home > ハンドガード > ハンドガードとハンドルについて考察

ハンドガードとハンドルについて考察

10931591_759559030787210_7852704052913603954_o.jpg1_20160113234532f2d.jpg
ハンドガードはクローズエンド派?それともオープンエンド派?
結構多くの人が悩む課題じゃないでしょうか。
最初は金属製のクローズエンドから入って、外した時の開放感を知ったり前転した際の怪我を切っ掛けにオープンエンドに、そしてレースで立木に激突したりしてまたクローズに戻ったりと行ったり来たりしていませんか?
私も金属クローズから樹脂のオープンエンドに、そしてマッドレースで地面に刺さるのを嫌って樹脂のクローズタイプに、その後公道エンデューロ(日高)に出るためにスイッチ類を装着しなければならなくなって金属のクローズエンドに戻ってと右往左往してます。

金属製のハンドガードを避けていたのはその重さもあるんですが、ハンドルが堅くなることが一番でした。
ハンドルのブレースみたいになりますから結構堅くなって長時間では疲れに差が出るんですよね。

そこで考えたのがその分ハンドルのしなりが多いものを選ぶことでした。
KTM純正のプロテーパーやNekenもしなりでは充分なはずですが、ここはエンデューロの老舗ロッキースポーツのステルスハンドルを入れてみました。元々しなりが絶妙なのに転倒での曲がりもあまりないという理想的なハンドルという触れ込みでしたのでハンドガードとの相性も良さそうです。これに同じくステルスのハンドガードなどを組み合わせるとこれがちょうど良いしなり具合で疲れもオープンハンドガードと変わらない感じです。(日高やSUGO 2DAYSでの体験で)
左右に振った時の軽さはやはり樹脂フラップのオープンエンドタイプの方に軍配が上がるのは当然ですが、疲れにくさから随分気に入って公道エンデューロが終わってからもこの組み合わせのまま乗っています。

参考にしてみてください。

stealthbar_header[1]

ステルスハンドルについてはこちらをご覧ください。>>>

ステルスハンドガードについてはこちらを>>>

エンデューロエンジニアリングのハンドガードはこちら>>>
関連記事
 
 

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://mcgear.blog111.fc2.com/tb.php/2561-3c2538ac
Listed below are links to weblogs that reference
ハンドガードとハンドルについて考察 from MC GEAR 店長日誌

Home > ハンドガード > ハンドガードとハンドルについて考察


JNCC/WEX


JEC


VAAM_CGC[1]
CGC



携帯版MC GEAR 店長日誌


mcf.jpg

savejapan.jpg

touhoku.jpg

Return to page top