Home > プロテクター > ウエストベルトって…。

ウエストベルトって…。

最近出店すると必ず相談を受けるのがウエストベルトのことです。
俗にキドニーベルトとかって言われる腰バンドです。

キドニー(腎臓)っていうくらいなので内蔵保護のためにあるんですが、他のプロテクターと違って打撃などから守るよりも振動で内蔵が揺すぶられて疲労の原因になるのを防ぐ度合いの方が重要です。昔はここに硬いプロテクターを仕込んでいたんですが、最近は下腹を支えて内蔵を保持するタイプの方が圧倒的です。転んだ時にここのプロテクターがあった方が良いんだという方もいまだにいらっしゃいますが、樹脂のウエストベルトも衝撃吸収には薄すぎてあまり意味を感じないものばかりなのでそれよりも転ばない時に快適に走れる方を優先して欲しいアイテムです。それに私ももう30年近く林道やレースにとオフロード走ってますが、このベルトで覆っている部分って意外に打ち付けないんですよね。それより腰骨の部分の方が傷めやすい気がします。

そんな保持力の高さから相談に来られた方にこれ以外お奨めしませんっていうのがロッキースポーツのe-beltシリーズです。
ebelt01[1]
ウイング形状のベルトは通気性も高い上に身体へのフィットも最高で激しい運動でもずれることが皆無です。
実際ゴルフ選手が使っているという事からも腰の動きを阻害しないのにしっかりと保持しているのが証明されていると思います。

サイズが色々ありますが、縦幅(6,7,8インチがあります)とウエストサイズ(S,M,Lがあります)の組み合わせになります。
そこで悩むのが縦幅です。ウエストサイズは悩む必要が無いんですが、縦幅をどれにしようか悩む場合があります。
基本的にレースで使う場合は7インチ幅でほぼ大丈夫ですが、ウエストがSサイズの場合だけ6インチ幅の方が動きやすいかも知れません。ツーリングの場合は8インチで長時間の振動に対応するというのも良い選択です。その場合少し腰の切れが悪くなるかも知れません。MサイズとLサイズに関してはレース会場でのご相談の場合は迷わず7インチ幅をお奨めしてます。
S7A[1]
同じロッキーのベルトにSPORTS-7 ACE というモデルもあるんですが、これはe-beltとは全く異なるコンセプトのベルトです。
普段e-beltを使ってるんだけど、洗濯したまま忘れてきたとか、年に数回ツーリングで使うくらいなので高価なのはいらないって方にお奨めしています。
これはこれで価格を考えると良く出来たベルトなんですが、e-beltの気持ちよさを知ってしまうと急に色褪せてしまうんですよね。
それにヘビーユーザーの方は耐久性を考えるとe-beltの方がコストパフォーマンスも高いですし。
なによりベルクロの耐久性がe-beltの圧勝なんです。SPORTS-7 ACEだってそれほど悪くは無いはずなんですが、それこそ毎週使っていても全然へたらないe-beltには感服します。

是非一度e-beltの気持ちよさを体感してください。
レース会場には必ず持参しておりますのでお気軽にご覧ください!!

製品についての詳しくはこちらをご覧ください。>>>
関連記事
 
 

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://mcgear.blog111.fc2.com/tb.php/2456-e4bab6e2
Listed below are links to weblogs that reference
ウエストベルトって…。 from MC GEAR 店長日誌

Home > プロテクター > ウエストベルトって…。


JNCC/WEX


JEC


VAAM_CGC[1]
CGC



携帯版MC GEAR 店長日誌


mcf.jpg

savejapan.jpg

touhoku.jpg

Return to page top