Home > イベント情報 > JNCC鈴蘭大会パドックレポート

JNCC鈴蘭大会パドックレポート

 少し時間が経ってしまいましたが6月14日に岐阜の鈴蘭高原スキー場跡地で行われたJNCC ワイルドボア鈴蘭大会に行ってきました。

2015-06-13 (1)
今年晴れ男の私が来たからか絶好のレース日和です。
ただ年に一度の特設コースなので随分路面は荒れているようです。

2015-06-13 (2)
まだ土曜なのにすでに明日のレースに向けてコンディション調整に余念の無い人も。

2015-06-13 (3)
2015-06-13 (4)
例年鈴蘭は中部方面からの参加者も多いので出店も活気付きます。

2015-06-13 (5)
今回作業用手袋や長靴で有名なアトムさんが出店してくれました。
ライディング用にも使える作業手袋は使い込むほど手にフィットして手放せません。
私も昔から愛用していますが、新たにタランチュラというプロテクションつきのグラブが登場してメカニクスグラブとしては至高のアイテムになりました。

2015-06-13 (6)
今回の目玉はYZ250Xです。
2st250ccの国産エンデューロバイクは久しぶりです。
というかこの時期にまた2st250が出てくるとは思いませんでした。流石ヤマハです。

2015-06-13 (7)
YZ250Fですがインターナショナルカラーも出てますます魅力的に。

2015-06-13 (8)
これは鈴木健二選手が本番レースで使う250Xです。
ビッグタンクが目立つくらいでサスペンションもストックのままだそうです。

2015-06-13 (9)
SRFも参戦してくれてあとはKawasakiを待つのみです。
RG3さんもバイクとみかんシロップを並べてエントラントのみなさんを迎えてくれました。

2015-06-13 (10)
Betaも完璧にレース会場に無くてはならない存在になっていました。
ゴールデンタイヤも評価高いですよね。

2015-06-13 (11)
あれ?Kawasakiのパドックもありますね。
これは山本正選手や五天選手のパドックです。
IAワタライ選手も交えてKawasaki軍団を作ってました。

2015-06-13 (12)
シェルコは徐々に浸透してきました。
試乗しましたが本当に良いバイクでした。ほすぃ。

2015-06-13 (13)
ホンダも試乗車を持参してくれています。
今回井上選手は欠席でしたからちょっと寂しい感じもします。

2015-06-13 (14)
もうエンデューロ会場に無くてはならないKTMもユーザーのためのパドックを設置してくれていました。

2015-06-13 (15)
ハスクバーナも絶好調です。KTMと同じコンポーネンツのように見えるんですが、乗ってる人の話を聞くと随分違うものだそうです。
バイクって面白いもんですね。

2015-06-13 (16)

2015-06-14 (3)
翌日も天気に恵まれてドライな一日になりそうです。

2015-06-14 (1)
朝一番はキッズ&トライクラス
ラッキー商会のラッキーさんはライバルの野口社長(KTMジャパン)とのチャンプ争いもあるので早朝からテンション高めです。

2015-06-14 (4)
でもどうも本調子じゃなかったようで思うような走りが出来なかったようです。
頑張りすぎてゴール後倒れこんでました。
結構きついコースのようです。

2015-06-14 (5)
ファンクラスは爺が岳に続き大盛況でカメラに収まりきらないくらいの台数です。

2015-06-14 (6)
高山市長の代理の方からの挨拶です。

2015-06-14 (7)
圧巻のスタート風景。
直後に左コーナーがあるのですが、路面がふかふかなので轍が酷くてライン取りが難しいスタートでした。

2015-06-14 (8)
大群が走り抜けた後には埋まってるバイクが数台いるという状況でした。(苦笑)

2015-06-14 (9)
Betaジャパンの土偶さんもファンクラスで淡々と走ります。

2015-06-14 (10)
コンプクラスはチャンプマナブが4stのYZ250FXで

2015-06-14 (11)
チャレンジャーとなった鈴木健二は2stのYZ250Xでの参戦です。

2015-06-14 (12)
兎に角第一コーナーが鬼門なのでスタート場所の選定は念入りに行われていました。

AAライダーですらスタックする一コーナーの魔の手

Posted by 大西 浩一 on 2015年6月14日

2015-06-14 (13)
スタート後のヒルクライムでも渋滞が出来ていました。
今年はハードだったという方が多かったです。

2015-06-14 (14)
スタート地点はこんなウッドチップの沼になっていて気を抜くと前転するほどでした。
サンドについで体力を奪うタイプの路面ですね。

2015-06-14 (16)
優勝は鈴木健二選手。
YX250Xはデビューウインです。
元々2st乗りの鈴木選手ですが、ハードな路面でも3時間走りきれる乗りやすさが勝利の要因なのは明らかでした。

2015-06-14 (17)
これからが楽しみですね~!
関連記事
 
 

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://mcgear.blog111.fc2.com/tb.php/2436-4a756d0a
Listed below are links to weblogs that reference
JNCC鈴蘭大会パドックレポート from MC GEAR 店長日誌

Home > イベント情報 > JNCC鈴蘭大会パドックレポート


JNCC/WEX


JEC


VAAM_CGC[1]
CGC



携帯版MC GEAR 店長日誌


mcf.jpg

savejapan.jpg

touhoku.jpg

Return to page top