Home > 吸気パーツ > 清掃は小まめに。そのためのNO-TOILです。

清掃は小まめに。そのためのNO-TOILです。

GWの間からっからの天気だったために何処に行っても砂埃。
デコボコランドなんて砂嵐が吹き荒れてましたからね。本当に前が見えないくらいの砂埃でした。

そのため最近5セットくらい持っているエアフィルターもフル稼働です。(テストも兼ねて数種類のフィルター使ってるので数が多いんです)
それにしてもこの2週間で何回洗ったんだろう。

No-Toilのエアフィルターオイルは専用のクリーナーでさらっと落ちてしまうのに、今までクリーナーボックスのキャブ側に埃一つ見かけることの無い吸塵力は本当に有り難いです。某社のは漬け置きが必要なようですが、No-Toilは食器洗いみたいにさくさく洗えます。あとは洗濯機の脱水機能で水を切ってから干して置きます。
そう、油分が完全に取れるので洗濯機で脱水しても奥方に怒られる心配がありません。

乾いたらオイルを塗るわけですが、その際気をつけるのは“ムラ無く塗る”事です。
塗りムラがあると薄い部分が吸気抵抗も少なくなるので吸気がそこに集中します。すると吸気効率が悪くなるだけでなく、エンジン保護にも影響が出るのです。そのためフィルターオイルは少し多めに塗ってから握って(絞ると破損が怖いので)余分なオイルを出してあげると良いでしょう。No-Toilのグリーンなら乾燥までに時間が掛かりますのでその間に余分なオイルが下に落ちますから新聞紙などの上に平置きしておくとクリーナーボックスとの接点であるリップ部分にオイルが染みて密着度が上がります。

なお、この際に注意しなければいけないのは乾燥しきる前に装着してエンジンを掛けてしまうとフィルターに付いたオイルを吸い込んでしまい、その分フィルターの油分が少なくなって吸塵性能が落ちてしまう事です。またキャブレターに付着すると詰まりなどを誘発するので必ず乾燥するまでエンジンを掛けないでください。

そして乾燥を待つ間にボックスカバーなどで吸気口を塞いでボックス内も綺麗にしましょう。
No-Toilのフィルターオイルが装着時に刷り込まれていたり吹き返しで汚れていたりしたら専用のクリーナーを水で溶いてスプレーボトルなどで吹き付けてから歯ブラシなどで擦ってあげればすぐに綺麗になります。定期的に綺麗にしてあげると気分も良いですよ。

ところで最近のモトクロッサーなどはエアボックスに大きな穴が開いていて吸気効率を高めていますが、洗車するときなどに水が入りやすくて困りものでもあります。ただNo-Toilに限らず専用のフィルターオイルは乾いてしまうと防水性も高いのでちょっとくらいの水でしたら気にする必要はありません。さすがに直接洗車機を当てたりして水圧が掛かるとどうしようもありませんが、洗車の時に水が掛かる程度でしたらそれほど神経質になる必要はありません。

No-Toilについてはこちらをご覧ください。>>>

2015-05-19 111932

結構使い込んでるんですが、専用クリーナーを使うとこんなに綺麗になります。
洗うのが面倒だと汚れたら洗えば良いなんて事になり勝ちですが、これだけ洗うのが簡単だと走行毎に洗ったりしていつも気持ちよく乗れます。
未体験の方はお試しセット的なメンテナンスキットもご用意していますので是非体験してください。
関連記事
 
 

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://mcgear.blog111.fc2.com/tb.php/2408-f910d9af
Listed below are links to weblogs that reference
清掃は小まめに。そのためのNO-TOILです。 from MC GEAR 店長日誌

Home > 吸気パーツ > 清掃は小まめに。そのためのNO-TOILです。


JNCC/WEX


JEC


VAAM_CGC[1]
CGC



携帯版MC GEAR 店長日誌


mcf.jpg

savejapan.jpg

touhoku.jpg

Return to page top