Home > タイヤ > 改良を重ねて。…

改良を重ねて。…

  • Posted by: MC GEAR
  • 2015-04-02 Thu 23:49:20
  • タイヤ
製品は予告無く変更を加えられる場合があります。
これは輸入商品の常です。国産だと予告される場合がほとんどでも海外は結構突然変るんです。

NUTECH (TUBLISSのメーカー)の場合、画期的なアイデアで製品をリリースしてからその完成度を高めるためにアップデートすることに余念がありません。

TUBLISS装着での難点はホンダ車以外はリムに開いているビードストッパーのホールを拡大しないといけないというところです。ホンダの場合元々リムに開いている穴が大きめなので問題ないのですが、他は1mmほど拡張しなければなりません。そんな加工をした後も、TUBLISSのビードストッパー兼エアバルブを固定するナットが15mmという国産バイクのユーザーは使ったことが無いようなサイズの工具を要求されました。
これのためだけに工具を買うっていうのがちょっと難点だったんですが、つい先日新しいTUBLISSを装着した際に、以前のようにビードストパーの固定に15mmのレンチを必要としないことに気がつき驚きました。現在は14mmのレンチで装着出来ます。
これも全くアナウンスが無かったのですが、14mmだったら普通の整備をする人だったらもっているだろうサイズなので装着のハードルがまた少し下がりました。

TUBLISSは以前に大きなアップデートをして現在2.0というモデルになっていますが、これで飛躍的に耐久性を高めています。また今回のような小さな変更をして使い勝手を高めてくれています。
装着もタイヤ交換に慣れた人なら特に問題ありません。先日ご紹介したようにシリコンスプレーやビードクリームなどを使うことでより簡単に装着出来ます。

ムースタイヤのようにパンクしないタイヤもレースではありがたいのですが、空気圧を調整できて尚且つパンクしづらいTUBLISSは一度使うと止められません。
また現行のモデルは耐久性も高くて1~2年は平気で使用出来ます。(タイヤ交換の頻度にもよります)

機会があれば是非お試しください。
自信をもってお奨めします。

TUBLISS COREについてはこちらをご覧ください。>>>

関連記事
 
 

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://mcgear.blog111.fc2.com/tb.php/2378-b32e2918
Listed below are links to weblogs that reference
改良を重ねて。… from MC GEAR 店長日誌

Home > タイヤ > 改良を重ねて。…


JNCC/WEX


JEC


VAAM_CGC[1]
CGC



携帯版MC GEAR 店長日誌


mcf.jpg

savejapan.jpg

touhoku.jpg

Return to page top