Home > メンテナンス用品 > ダートバイクとベアリング

ダートバイクとベアリング

普段から砂埃や泥など苛酷な環境で使用されるダートバイクは可動部品の損耗が激しいというのはご承知の通りです。
チェーンやサスペンション関係など小まめなメンテナンスをしていても徐々に性能が低下していくものが多数あります。

どれも交換に細心の注意が必要なのですが、中でもベアリング関係の取り扱いは間違えると替えた意味が無くなってしまう場合もあります。
無造作に叩き入れるとベアリングを傷つけて作動不良を起こすからです。
慣れた人なら抜いたベアリングやソケットレンチのコマを使って器用に入れることも出来るのですが、慣れないと斜めに入ってしまったり叩いてはいけないところに荷重が掛かったりと失敗しやすいものでもあります。

そんなベアリングのインストールに最適なのがこのベアリングドライバーの数々です。
08-0551[1]08-0294[1]08-0550[1]
ベアリングのアウターを間違えなく打てるように設計されていますし、様々な用途やサイズに適合するように出来てまいます。中にはショップやチームでもなければ必要が無いようなものもありますが、先ほど書いたようにダートバイクの場合はベアリング類の損耗も激しいので様々なサイズに使えるベアリングドライバーセットは持っていると気持ち良く走ることが出来ます。ベアリング単体はそれほど高くなかったりしますからね。

もちろんベアリングを抜く工具も色々あります。
08-0544[1]08-0292[1]08-0269[1]
最初どうやって抜けば良いのかよく分からなかったステムのロアレースを抜く工具やサイズを多数揃えたプーラーもあります。
ホイルベアリングなどは叩いて抜くことも出来るのですが、カラーがきっちり入っていたりするとなかなか難しいのでこんな工具を仲間内で揃えておくと定期的に交換出来て気持ちよく走れます。

まずはベアリングドライバーセットから如何でしょうか?

詳しくはこちらをご覧ください。>>>

関連記事
 
 

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://mcgear.blog111.fc2.com/tb.php/2343-40e43da8
Listed below are links to weblogs that reference
ダートバイクとベアリング from MC GEAR 店長日誌

Home > メンテナンス用品 > ダートバイクとベアリング


JNCC/WEX


JEC


VAAM_CGC[1]
CGC



携帯版MC GEAR 店長日誌


mcf.jpg

savejapan.jpg

touhoku.jpg

Return to page top