Home > ゴーグル > ゴーグルレンズ

ゴーグルレンズ

ゴーグルの話をしていると必ず出てくる話題がレンズの色についてです。

シチュエーションによってレンズの色を使い分けるというのは漠然と分かっていますが、現状で不具合を感じづらいのでクリアレンズのままなんて人が多いようです。
歳食うと視力の問題もあって神経質になるんですよね。それでちょっと各レンズについて整理してみました。

Clear-lens
・クリアレンズ
 特に語る必要はありませんね。オールマイティーに使えるレンズです。
 一昔前と比べるとレキザンレンズは傷付きづらく純正の曇り止めは随分進歩しています。

Blue-lens
・ブルーレンズ
 コントラストがはっきりしやすく、比較的オールマイティーに使えます。曇天やウッズなど光量の少ない場合でも見やすいレンズです。今までクリアしか使ったことが無い方の一枚目には最適なレンズだと思います。クリアに比べて多少は眩しさを抑えてくれます。

Smoke-lens
・スモークレンズ
 眩しさを抑えてくれます。晴天時には最適です。色つきに比べると自然な視界なので疲れも軽減します。明るい場所での使用にお奨めしますが、眩しいほどの時は後述するミラーレンズも良いでしょう。

Yellow-lens
・イエローレンズ
 光量を増幅させるために暗所での使用に適しています。先日コースで言われたのですが、イエローレンズのゴーグルを掛けると瞳孔が開くような感じがします。それが実際に光量が増幅しているのか色の影響なのかは分かりませんが、コントラストがはっきりして見やすくなります。薄暮やウッズライドにお奨めです。
 
Persimmon-lens
・パーシモンレンズ
 曇りの日に最適です。奥行きを感じやすくなります。後述のオレンジと同じ効果がありますが、薄い分より暗い条件に合致します。

Orange-lens
・オレンジレンズ
 上記のパーシモンと同じように曇りの日に最適です。コントラストを増大させる効果がありますが、眩しさを抑えてくれるのでパーシモンよりもより明るい条件に合致します。

DUAL-Clear-lens
・ダブルレンズ
 文字通り二枚のレンズを防水スポンジではさみ、空気の層を作ることで曇りづらくしています。
 寒い時期のレースや汗をかくようなエンデューロにお奨めのレンズです。

DUAL-VENTED-CLEAR-LENS
・ベントダブルレンズ
 ダブルレンズの防水スポンジにベンチホールを開けたものです。 気圧の差によってレンズの歪みが生じるのを防いでくれます。ウインタースポーツにも使われるレンズで高所や寒冷地での使用に適しています。

Mirror-SILVER-lens
・ミラーレンズ
 通常スモークレンズに各色のミラーコートを施しています。眩しいコンディションではこれがお奨めです。太陽の位置が低い冬場の昼間に最適です。
 
Mirror-BLUE-lens
・ブルーミラーレンズ
 これは100%ゴーグルのブルーミラーレンズに関してですが、ベースがスモークではなくてブルーレンズです。そのため通常のミラーレンズより守備範囲が広くなっています。眩しい所と少し暗い所が混在するようなシチュエーションで威力を発揮します。

100%ゴーグルについてはこちらをご覧ください。>>>

関連記事
 
 

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://mcgear.blog111.fc2.com/tb.php/2340-237bcbf7
Listed below are links to weblogs that reference
ゴーグルレンズ from MC GEAR 店長日誌

Home > ゴーグル > ゴーグルレンズ


JNCC/WEX


JEC


VAAM_CGC[1]
CGC



携帯版MC GEAR 店長日誌


mcf.jpg

savejapan.jpg

touhoku.jpg

Return to page top