Home > 製品情報 > 水は命

水は命

モーションプロは二輪専用の工具メーカーですが、ラインナップには工具以外も結構あります。
ライトリムロックのような大人気商品もありますが、痒いところに手が届くアイテムも豊富です。
そんな中で今回はクーラントリカバータンクをご紹介します。

11-0099-2[1]
水冷エンジンが全盛の昨今ではオーバーヒートでラジエーターの水が無くなると最悪エンジンを焼きつかせるなどの重大なトラブルを引き起こしてしまいます。
そのためにファンなどで冷やすわけなのですが、モトクロッサーをエンデューロマシンなどに改造流用する場合はファンを駆動する電力が不足して取り付けが困難な場合がほとんどです。
でも手軽にモトクロッサーでエンデューロを楽しみたい人にお勧めなのがこれです。

ラジエーターの水がオーバーヒートで沸点を越えると水蒸気としてラジエーターキャップ横のブリーザーパイプから大気開放されます。俗に機関車と言われる状態です。
水蒸気になった分だけ水が減りますので最終的にはエンジンを冷却することが出来なくなります。
そんな時にトレールバイクなどには装備されているリザーバータンクを装着することで最悪の事態を回避したり先延ばしに出来ます。

理論的には簡単です。

ラジエーターキャップは規定以上の圧力が掛かると蓋を開けて水蒸気を逃がします。通常モトクロッサーでは大気開放になっているんですが、それをこのリカバータンクに導きます。するとリカバータンク内のラジエーター液で冷やされて若干ですが水蒸気が水に戻りタンク内に蓄積されます。ラジエーターが冷えて負圧になると逆にキャップは大気を吸い込んで圧を正常に戻そうとしますので、それを利用してリカバータンク内の水を吸い上げてもらうわけです。

強烈に噴出す水蒸気を100%戻すことは容量的にも無理ですが、リカバータンクにラジエータ液を入れて置く事でそれを補充してくれます。タンクを見やすい場所に設置するとラジエータ液がまだあるかの目安にもなります。(減っていたらラジエータ本体は満タンで、リカバータンクが空になっていたらラジエータ本体も減っている可能性が高くなります)

発売以来大人気のリカバータンクも最近モデルチェンジで角型になって更に設置場所に苦労しなくなりました。
また取り付け位置の自由度を増すためにホースの取り回しを2種類から選ぶことが出来ます。

オーバーヒートで不安を抱えた経験のある方は是非!!

MOTION PRO クーラントリカバーシステムについてはこちらをご覧ください。>>>
関連記事
 
 

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://mcgear.blog111.fc2.com/tb.php/2296-24b3bb4c
Listed below are links to weblogs that reference
水は命 from MC GEAR 店長日誌

Home > 製品情報 > 水は命


JNCC/WEX


JEC


VAAM_CGC[1]
CGC



携帯版MC GEAR 店長日誌


mcf.jpg

savejapan.jpg

touhoku.jpg

Return to page top