Home > 店長の日常 > JEC-Lites in 白河 出店&参戦レポート

JEC-Lites in 白河 出店&参戦レポート

 昨年まで1シーズン半WEXを追いかけましたが、今年は好きなコースだけ出ることにしてその分他の色々なレースに顔を出すことにしました。

その第一弾が先日のJEC-Lites デコボコランドだったのですが、雑誌に記事を寄せさせていただいたくらい面白かったので白河大会も出ることにしました。
関東から比較的近いというのも理由の一つです。

また今まで難しいと思っていたJEC系のレースでの出店と参戦の両立にもチャレンジしています。

2014-06-13 14.54.01
出店と参戦となると色々準備もあるので金曜から会場入りしました。ゆっくり行ったので昼過ぎに到着しています。
入梅してしまった関東ですが、週末はなんとか天気がもちそうです。

2014-06-13 15.23.43
ただ風が強いといわれていたので天幕張らずにどうしようか思案中。
ブヨが出てきてますが、それ以外は良い天気過ぎて眠くなって来ました。(笑)

レース前に下見もしてしまおうかと考えてたんですが、出店準備をある程度やっておかないとお仕事がぐちゃぐちゃになるので意を決して天幕もはって棚を作ります。

2014-06-13 16.33.55
当然ながら当店以外来ていないのでこんな感じになります。(笑)
この後商品を並べる以外は全て完了したので主催者の中西夫妻、そしてコースディレクターの大川選手と一緒に食事に行きます。

2014-06-13 18.31.14
比較的近くにある八十八ラーメンというところで夕食にしました。白河ラーメンはあっさりしょうゆ味で美味しかったんですが、定食にしたらこんなお弁当も付いてきま し た。
豚バラが甘辛く焼かれていて美味しくてすでに1枚平らげてます。(笑)これでプラス200円は安い!
白河のコースは車で10分程度のところにスーパーや風呂など色々な施設があるのでキャンプにも最適です。

その晩は流石にほとんどエントラントも居ないので大川さんと差しで飲んで早めに就寝しました。

2014-06-14 05.44.34
翌日(土曜)はエンデューロアカデミーが開催されます。
少し雲の多い天気ですが、白河は朝晩涼しいのでぐっすり寝られて体調は万全です。
 
2014-06-14 07.17.47
とりあえず商品並べてエントラントを待ちます。この時点で来ているのはBONSAIさんくらいでした。

2014-06-14 08.34.56
忙しく動き回るスタッフの中に見慣れた顔が。
アルファベット4文字から3文字に転進かと思ったらただのお手伝いだそうです。

2014-06-14 12.57.34
そのうちファーストレーシングの輸入元であるタムレーシングさんもやってきました。
直接お会いするのは久しぶりですね。

2014-06-14 12.57.49
BONSAIさんも社長の多川さん一人で、しかも出店と参戦両方こなすからブースを留守にしまくりです。

2014-06-14 12.58.13
マキシスタイヤの宣伝のために奥村さんも来ていました。
毎週会っていますね。(笑)

2014-06-14 08.36.05 HDR
アカデミー開催です。
校長先生は鈴木健二選手。

2014-06-14 08.37.00
講師は釘村忠選手、鈴木正明選手、渡会修也選手の3名を加えた計4名で教えてくれます。

2014-06-14 09.29.13
まずは校長先生の座学から始まります。
ニーグリップの大切さとバリエーションを懇切丁寧に教えてくれます。

2014-06-14 09.44.33
言われた通りにすればこんな風に振られても耐えやすいでしょう?とやっているところです。
前回これでバイクごと押し倒された人がいました。(笑)
この座学がこの日のスクール全体にわたって効いて来る事になります。

ちなみに暦だけは長い私のようなライダーは教える人によって微妙に理論が異なるなと思うんですが、マシンの進化によってライディングの常識なんて簡単に変るんです よ の一言で目からうろこが落ちました。
あまり頑なになってもいけないんですね。
  
GOPR0431.jpg
渡会選手はジャンプの飛び方を教えてくれました。荷重抜重やアクセルワークなど雑誌でもハウツー記事が出ている基本的なことなんですが、より実戦的に教えてくれま すし短時間に反復することで納得のいく練習が出来ます。
それに講師の目を気にして走ると身が引き締まって集中出来る様な気がしました。

その次は鈴木正明選手がコーナリングの基礎を叩き込んでくれました。
彼は往年の名ライダー鈴木秀明選手の息子さんです。サラブレッドライダーかと思ったら20歳になって始めてIAになったといいます。そのため身体で走りを憶えたの ではなくて頭で理解しながら速くなっていったので教えるポイントも分かり易いし褒め上手でした。<ここ重要 私って褒められて伸びるタイプなんですよね。(笑)

お昼はお弁当まで出るという贅沢なスクールです。
でもすでに結構お腹一杯です。

午後は鈴木健二校長がアップヒルでのコーナリングと若干えぐれているヒルクライムの練習をさせてくれました。
一人ひとりを止めてアドバイスしてくれるし、10名ほどの生徒をよく見ていてくれて走りながらさっきより良かったとかここが悪いとか声を掛けてくれます。
JECのチャンピオンに 良いですよ!って言われるとなんか嬉しくなっちゃいますよね。

最後は釘村忠選手にブレーキングを教えていただきました。
彼もやはり一人ひとりに的確なアドバイスをしてくれて気持ちよく練習が出来ました。

当然この一日で全てを完璧にマスターするのは無理ですが、教えてくれるポイントがはっきりしているので後日の練習で思い出しながら反復することが出来ます。
教え方は皆さんそれぞれですけど、経験に裏打ちされた実戦的なアドバイスは心に残るものでした。

しかし一日中走りっぱなしでお腹一杯です。

そんな風に頑張って走った最後の最後に釘踏み抜いてパンクしちゃいました。 (涙)
2014-06-14 16.13.36
残念ながらTUBLISS COREも貫通して完全パンク。
スペアのインナーチューブもあるんですが、本体を傷つけているようなので大事をとって今回はチューブに換装して修理しました。
リム打ちには強いTUBLISSですが、釘には勝てません。

そう言えばデコボコランドでのLitesでもタイヤ交換したらタイヤ自体に穴が開いていて急遽チューブで組み直したんですよね。どうもLitesには縁遠い TUBLISSでした。

2014-06-15 12.57.01
当日のコンディションは所々に水溜りがある程度で概ね良好でした。
一部粘土層が露出しているところもありますが、難所となりそうな場所はありませんでした。

2014-06-14 19.31.33
スクールが終わったらお風呂で汗を流し、そこで夕食用にハンバーグを買って帰ります。
白河の運営をしているウイリー松浦さんのところでここの温泉で売っているハンバーグが旨いと書いてあったんです。

2014-06-14 22.44.12
しかしフライパンが無くて鍋で焼いたら焦げ付いてきたのでいつの間にかハンバーグ煮になっちゃいました。(笑)
闇鍋ならぬ闇バーグの完成です。
なんか灰汁が出てますが暗いので気にしません。

2014-06-14 23.27.23
フラフラ歩いていたら某所で鈴木一門の宴会をしていましたので少々混ぜていただく事に。
安喰さんご馳走さまでした。

翌日はレースなんですが、参加したBクラスは10時くらいからスタートになります。
もっとも受付は早朝なので早めに就寝しました。

2014-06-15 07.15.59
翌日はとても良い天気です。
しかし湿度が低いのか日陰に居ると涼しいので助かりました。
競技中もパドックで休んでいる時の方が暑い位でした。

2014-06-15 07.15.40  
受付と車検を受けると車輌はパルクフェルメに納められます。
オンタイムエンデューロらしい風景です。

前日のアカデミーを受けた人も多いので汚れたままの車輌もあります。

2014-06-15 07.07.28
熱中症予防を兼ねて色々持ち込みました。
後ろのボトルはクエン酸とBCAAのドリンクです。疲れが残りづらくなるので愛飲しています。

2014-06-15 07.32.10
今回の楽しいコースを作ってくれたコースディレクターの大川選手から注意事項の説明が行われました。
Litesの性格上初心者や不慣れな人を対象にしているので細かく分かり易く説明してくれました。
初めての人でも安心だと思います。

奥はJNCCでもMCを務めた楽さん。(元放送部)

2014-06-15 07.47.28
昨年モンゴルで重傷を負った池田智泰選手が応援とお手伝いに来てくれました。
受傷したあごの調子が良くないらしく滑舌が悪いのをしきりに気にしていましたが、元気な姿を見せてくれることがみんな嬉しいんだよ。本当に良かったね。

2014-06-15 08.00.05 HDR
レースはまずCクラスとWクラスから行われます。コースと持ち時間、それに規定周回数がA・Bクラスと異なるために分けて行われるのです。
ですからテスト内でも速いライダーに抜かれることはあまり無いので自分のライディングに集中出来ます。
レース初心者ならLitesの方が気軽に出られるかも知れません。

2014-06-15 09.25.52
その間A・Bクラスの選手は時間が出来るのでゆっくりと観戦したり朝食を摂ったりします。
鈴木健二選手はムースのずれ止めに入れていたリムロック(ビードストッパー)のサイズが間違っていたようでタイヤが外れてしまったそうです。
よくある話なので皆さん気をつけてくださいね。特にモトクロッサーをEDマシンにする際にリアのリムを19インチから18インチに替える時、元々ついていた 1.85インチリム用のリムロックを2.15インチリムに装着すると同様に破損したり外れたりします。

10447333_589989487781738_1907922928_n.jpg
C・Wクラスが終了して10時くらいにはA・Bクラスがスタートします。
デコボコランド大会と同じく一周の中にリエゾンとテストがあり、最期にはファイナルクロスも行うミニオンタイムエンデューロになっています。

コースはちょっとしたヒルクライムや切り返しの多いウッズ、そして3速全開の区間などバラエティーに富んでおりとてもチャレンジングな設定になっていました。
しかし全般的にはハイスピードな設定だったのでアクセルの開けが足りない私には結構厳しいレースになりました。

10472243_589992277781459_740090361_n.jpg
テスト前で生意気にも間合いを計る私。
テスト内で前が詰まったり、後ろから追い回されるのが嫌な場合は後ろの人に順番を譲ることが出来ます。
ただし前に割り込むのは無しです。

私の場合は当然追い回されるのが嫌なので後ろに速そうな人が居なくなるまで待っています。(笑)
それでも2回くらいせっつかれました。これもレースだから仕方が無いですよねと思いつつ、ごめんなさいごめんなさいと呟きながら頑張って走りました。意外にこの時 のタイムがよかったりして。

2014-06-15 12.57.10
現地には販売用のカードホルダーも持っていっていたんですが、Litesの場合はこのようにタイラップ留めのカードを配ってくれるのでハンドルに取り付ければいい だけです。
周回毎にチェックをしてくれて最後(このカードの場合は13の欄)までチェックしてもらうと終了です。ファイナルクロスに向けて給油や簡単な整備をしてパルクフェ ルメにバイクを預けます。

Litesの場合は本家のオンタイムと違って周回ごとの早着遅着は無く、最後の周に入る制限時間だけが決められています。これよりも早く入って終わらせることも出 来るので早い人は終了1時間前くらいにはパルクフェルメにバイクを入れていました。

2014-06-15 13.47.03
IA渡会選手のお兄様もAクラスでエントリーしていました。
お疲れ様です!
ピットクルーカップなどでは裏方で活躍されています。いつもありがとうございます!

このあと成績順に組み分けしてモトクロスコース部分でミニファイナルクロスを行います。短いコースを3~5周なのですが、それなりにドラマが生まれます。
見ていても楽しいレースです。

最後には鈴木健二、釘村忠、渡会修也、小坂竜也(敬称略)の4人でモトクロスコース全てを使ってでもレースまでしてくれました。
これにはエントラントも大興奮!
渡会選手が鈴木選手を抑えて走り続けますが、最後に貫禄のパッシングで鈴木選手の優勝となりました。


ここで小坂選手のオンボード映像を見ることが出来ます。

2014-06-15 16.19.40
そんな感じで終了しました。
私は頑張ったけど13位というまた微妙な成績でした。
でもこの競技は誰それに負けたというより自分のスキルとの闘いっぽいので出しきると悔しさがありません。
多分渋滞などで成績が左右されないのですっきりするんでしょうね。

もっとデコボコランド育ちの私としては渋滞するくらいの悪コンディションで真価を発揮するので次回は逆さ照る照る坊主でも用意しますか。(笑)

2014-06-15 18.42.53
最後に温泉によって汗を流して帰りました。
白河のコースは温泉や飲食の施設が多いので本当に助かります。

家族で遊びに行くにも最適ですので是非ご利用下さい。

白河エンジョイスポーツランドについてはこちらをご覧ください。>>>

次回関東近辺での開催は10月のクロスパーク勝沼になります。
私も行く予定ですので是非皆さん楽しみましょう!!

最後になりましたが、声援をくれた皆様、お店をご利用いただいた皆様、それにアカデミーの講師陣一同様、開催にご尽力いただいたスタッフの皆様ありがとうございました。
関連記事
 
 

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://mcgear.blog111.fc2.com/tb.php/2180-866c381b
Listed below are links to weblogs that reference
JEC-Lites in 白河 出店&参戦レポート from MC GEAR 店長日誌

Home > 店長の日常 > JEC-Lites in 白河 出店&参戦レポート


JNCC/WEX


JEC


VAAM_CGC[1]
CGC



携帯版MC GEAR 店長日誌


mcf.jpg

savejapan.jpg

touhoku.jpg

Return to page top