Home > イベント情報 > ジョニエルG パドックレポート(日曜日)

ジョニエルG パドックレポート(日曜日)

週末を挟んでしまいましたがJNCC ジョニエルGの日曜のレポートをお届けします。
今回で強く思ったのはやはり爺が岳は難しいということでした。

DSC_9059.jpg
それまで天気予報では悪天も予想されていたのですが、蓋を開ければ絶好のレース日和でした。
むしろ気温が上がりすぎて熱中症を危惧する程です。

DSC_9069.jpg
朝一番はキッズ&トライというカテゴリーです。
ミスコースが発生したために再スタートという波乱の展開でしたが、JNCCの中では比較的のんびりしたレースでJバザー出店者も参加していました。

DSC_9083.jpg
JNCCサイトで連載しているジャンキー稲垣氏もダートスポーツ誌で取り上げているXR250R(ME06)でレース参戦したりしていました。
私も持っていますが楽しいバイクなんですよね。もう第一線ではありませんが、楽しむには充分です。もっともパーツが手に入りづらくなっているのでレースに投入するのはちょっと勿体無いかも知れません。

DSC_9091.jpg
続くファンクラスは凄い参加台数でした。
Jバザー会場前はバイクであふれかえるほどです。
ゼッケンが足りなくなって入り繰っていることもあってちょっと混乱してしまったようです。それくらい多かったんです。

DSC_9096.jpg
広いスタートエリアがバイクで埋め尽くされている状況を見るにつけて、昔から言われる「オフロードライダー300人説(知人の知人が友人だったところからせいぜいそんな人数しかオフロードバイクに乗ってないんだろうという都市伝説?)」はやはり嘘だったと思い知らされます。

DSC_9103.jpg
そんな台数ですからスタート直後は凄い砂煙です。よくみんなアクセル開けて突っ込んでいくな~と感心して見ていました。私の苦手なシチュエーションです。

DSC_9115.jpg
大激戦を制したのはデコボコフレンズの田中選手。
貫禄のゴールシーンかと思ったら神馬選手に勝った!というポーズだったそうで優勝したとは知らなかったとか。(笑)

DSC_9119.jpg
恒例のフィニッシャーズロード。
爺が岳はパドックから少し離れた所がゴールラインなんですが、たくさんの人がライダーの健闘を称えに来てくれます。
これ、ライダーとして経験するとちょっと中毒性があるんですよね。

DSC_9125_2014051917252700b.jpg
優勝の田中選手。
おめでとうございます!

DSC_9135.jpg
続いてコンプクラスが始まります。
国旗がたなびくスターティングエリアは日本のレースだというのを忘れさせられるようです。

DSC_9137.jpg
芝の上に座り込んでスタートを待つ観客など他ではあまり見ることの出来ない風景です。

DSC_9146.jpg
そんな中AAライダーの紹介が始まりました。
いつも派手なウイリーで登場する鈴木健二選手。綺麗なウイリーなので是非一度生でご覧いただきたい。

DSC_9152.jpg
対照的に路面を確かめるようにゆっくりと入場する渡辺学選手。
見ている方も緊張するようなオーラを感じます。

DSC_9159_20140519172600eb3.jpg
レジェンド石井正美選手は今年からBetaに乗り換えています。ご自身のブログを拝見していてもとても気に入っているのが伺えました。

DSC_9168.jpg
爺が岳はスタートが草地で、しかも上りの上に一コーナーまで距離が短いのでポジションにとても気を使っているようでした。
3時間のレースなのですが、近年はスプリントの様相を呈しているのでホールショット争いも熾烈です。

DSC_9174.jpg
そんなホールショットはBetaを駆る小林雅人選手。
リクルスとBetaの組み合わせは今のところ無敵かも知れません。

DSC_9184.jpg
鈴木健二選手と渡辺学選手はエンジン始動に手こずって最後尾からのスタートになりました。
先ほどスプリントなのでスタートが重要って書いたばかりですが、この二人については最後尾からでもオープニングラップで取り返してしまうのであまり重要では無さそうでした。

DSC_9187.jpg
コンプもこんな感じになってしまいます。AAの台数でこれですから…

DSC_9189.jpg
もっと台数の多くなるAクラスでは視界不良も手伝って団子状態のクラッシュもありました。
昨年もAクラスは多重クラッシュがあったので一コーナーは鬼門なのでしょう。

レース中は結構たくさんの方が出店ブースに来てくださいましたので写真がございません。
Youtubeなどにたくさんの方が動画を上げて下さっていますのでそちらもご覧ください。

DSC_9209.jpg
今回劇的なったのは最終周での渡辺学選手のマシントラブルです。
2周前くらいには気が付いていたそうですが、残りも少ないのでそのまま走ったそうです。
しかし最後の最後でエンジンストップ。押してゴールすることになったのですが、20mほどコースカットをしたためにこの周回はカウントされず4位になってしまいました。
トップチェッカーがコースカットで1周減算というのは昨年の小林まちゃ選手に続いて2年連続です。魔物が住んでいるのか?このコースは。

この件で若干ドタバタしたのですが、それは傍観者の我々が語ることではないので割愛します。

DSC_9211.jpg
トラブルの原因はこれ。
オイルラインの圧入部が抜けちゃったようです。
リアブレーキが利かなくなってきた段階でオイル漏れには気が付いていたそうですが、最後はオイルなしで20分ほど走ってしまったそうです。
でもレーススピードで20分も走れるなんて凄いですね。WPC加工のお陰と学選手は言っていました。

DSC_9221.jpg
波乱は石戸谷蓮選手にも。
原因不明のエンジンストップで押してのゴールになりました。
後日聞いた段階でもまだ原因不明だったようです。

兎に角きついコースなんですよね、ここは。
皆さんお疲れ様でした!

■おまけ
DSC_9208_201405191726349b0.jpg
今回のレースクイーン
お名前聞かなかったです。可愛らしい方でした。

2014-05-10 151439
G-NET JAPANが海外に刺客を派遣するとの事でその応援TシャツをMC-JAPANさんで販売していました。
プレッシャーになるからとライダー名を明記しなかったために対象ライダーが買いに来てしまったとか。しかも2回も。いい人だなぁ。

2014-05-11 190931
今回珍しく帰りしなに地元大町で食事をしてから帰りました。
ちゃねスポーツさんが紹介されていたカイザーという喫茶店なんですが、ボリュームもあって美味しいと評判のお店です。今回食べなかったのですが、鹿料理も自慢だそうです。
爺が岳に行く楽しみが増えました。機会があれば是非お立ち寄り下さい。

カイザーのホームページ>>>

こんな感じでジョニエルGは閉幕しました。
ご利用いただきました皆様ありがとうございます!
また会場でお世話になりました皆様ありがとうございました。

次回は鈴蘭高原で行われるワイルドボア鈴蘭です。
エムシーギアは次回もお邪魔する予定ですので宜しくお願い致します!

関連記事
 
 

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://mcgear.blog111.fc2.com/tb.php/2149-b6dbc8d2
Listed below are links to weblogs that reference
ジョニエルG パドックレポート(日曜日) from MC GEAR 店長日誌

Home > イベント情報 > ジョニエルG パドックレポート(日曜日)


JNCC/WEX


JEC


VAAM_CGC[1]
CGC



携帯版MC GEAR 店長日誌


mcf.jpg

savejapan.jpg

touhoku.jpg

Return to page top