Home > ゴーグル > ゴーグルのお手入れ

ゴーグルのお手入れ

ゴーグルの話をさせていただいたので立て続けですがお手入れの話をさせていただきます。

異物や雨から目を保護してくれるゴーグルはスポンジや樹脂で出来ているので意外に水分に弱いものです。

2013-09-19 23.31.11
お恥ずかしい話、昨年から使っているダブルレンズは使用後に充分に乾かす暇が無いまま使用し続けてたためか接着力が弱くなって剥がれてしまいました。

2013-09-19 23.31.36
それが原因か湿気が常時中に侵入してしまっていたようで内側の曇り止めが変質して固まっていました。
剥がれ切らなくても使用不可能になっていたわけです。

pro3.jpg
これは随分以前にユーザーの方からいただいたトラブルケースです。
センシティブレンズ(調光レンズ)はいくつかの層で出来ているんですが、横から水が染み込んで剥がれてしまったようです。
手入れの際に長時間水に浸けたり湿度の高い状態で保管(例えば濡れているからとビニール袋に入れて置くなど)があると今でも同様に剥がれてしまう場合がありそうです。

上記を踏まえてゴーグルのお手入れ方法は以下のようになります。

・フレームとレンズは別々に洗う
 フレームはお好みの洗剤で洗ってください。スポンジも今は優秀なのでよほど強い洗剤でなければ腐食はしません。
 レンズはワンポイントセブンなどの専用クリーナーか水洗いをしてください。この際に長時間水に浸けないようにしましょう。綺麗になったら素早く乾かします。乾かす時は熱を加えないようにしてください。

・雨などで濡れたとき
 出来るだけ早く水分を切るようにしましょう。
 間違ってもケースや袋など湿気がこもるような場所に保管しないようにしてください。

・汗で濡れた時
 一部のスポンジは皮脂や塩分などで劣化しやすくなる物も過去にはありました。水洗いでもいいので早めに汚れを洗い流しましょう。

これを守ることで随分長持ちするようになります。

■テグスの話
2013-09-19 23.30.20
昨日のテグスの話ですが、このようにロールオフシステムをレンズに留める足部分に巻いています。
この状態でロールオフ本体を取り付けてネジを締め付けると本体とレンズにテグスが挟まれて固定します。ただ出来るだけピンと張らないと視界を妨げるだけでなく、フィルムの貼り付き防止の意味がなくなります。

レンズは消耗品なので定期的に替えて上げる事をお勧めします。
100%ゴーグルやプログリップはレンズの価格も比較的安いのでお奨めです。
視界の確保はレース、ツーリングを問わずオフロードライディングには重要なことですのでおろそかにしないでください。

エムシーギア扱いのゴーグル一覧はこちら>>>
関連記事
 
 

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://mcgear.blog111.fc2.com/tb.php/1981-b75e3419
Listed below are links to weblogs that reference
ゴーグルのお手入れ from MC GEAR 店長日誌

Home > ゴーグル > ゴーグルのお手入れ


JNCC/WEX


JEC


VAAM_CGC[1]
CGC



携帯版MC GEAR 店長日誌


mcf.jpg

savejapan.jpg

touhoku.jpg

Return to page top