Home > 店長の日常 > TUBLISS付属のガイドプレート

TUBLISS付属のガイドプレート

TUBLISSはリム側に装着する関係で一般的なタイヤ交換の手順だと難儀します。
そこでリムをまずタイヤの中に落としこむ方法で脱着をするのが一番楽なんですが、慣れないと結構難しいんですよね。
モトクロスメカニック暦の長い人にこの方法を教えてもらった際にどうしても出来なくて投げた覚えがあります。

でもTUBLISS付属のガイドプレートを使うと嘘のように簡単に出来るんですよね。

2013-09-06 10.26.19
これがガイドプレート。
今回チューブを入れたタイヤでの交換で使いましたけど、組みつけ最初にバルブをリムの穴に入れてしまうので狭い中で作業をしなくてよくて楽です。

2013-09-06 10.27.32
まずガイドプレートをタイヤに引っ掛けてその反対側にリムを用意します。
この段階でチューブのバルブをリムに装着してしまいます。

2013-09-06 10.28.41
で、タイヤの上に座ってエイヤ!と沈み込めばタイヤが口を開いてリムを飲み込んでくれます。
ガイドプレートが無いとリムが反対側のビートを乗り越えちゃうんですよね。

2013-09-06 10.29.41
あとはレバーで押し込んであげれば完全に飲み込んだ状態になります。

ここから裏表のビードをリムにはめてあげれば完了です。

この方法ならリムロックが10ヶ入っていようと楽勝です。(え~っと、本来は2ヶくらいで充分です)
それに狭いリムとタイヤの間に手を突っ込んでチューブのバルブをリムに装着する手間も要りません。
楽すぎてこのガイドプレートだけ販売出来ないかと思うくらいです。

お知り合いにTUBLISSを前後揃えたなどで2セット以上もっている人に分けてもらうと幸せになれます。

そうそう、今回交換したVEE RUBBERタイヤは近々取り扱いをしようかと検討中です。
今週末の勝沼で最終的な判断をする予定です。
お楽しみに!
関連記事
 
 

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://mcgear.blog111.fc2.com/tb.php/1972-ee5e4666
Listed below are links to weblogs that reference
TUBLISS付属のガイドプレート from MC GEAR 店長日誌

Home > 店長の日常 > TUBLISS付属のガイドプレート


JNCC/WEX


JEC


VAAM_CGC[1]
CGC



携帯版MC GEAR 店長日誌


mcf.jpg

savejapan.jpg

touhoku.jpg

Return to page top