Home > 店長の日常 > 暑さにやられてしまったら。

暑さにやられてしまったら。

熱中症には1度から3度に分けられていますが、一番軽度の1度の段階でも自覚症状が出てきます。
めまいがする、手足がしびれる、痙攣する、汗が止まらないなどです。

この段階で涼しい場所に移動して安静にすれば重度に移行することを防ぐことが出来ます。
バイクライディング中でも難所ではまったりして体調異変を感じたら日陰などに移動して身体を冷やすことを最優先させてください。

そんな時に持っておくと便利なのが扇子です。
2013-07-11 14.06.15

100均などで手に入るもので良いのでキャメルバックの隙間やウエストバッグに忍ばせておくと無風の場所でもしのぎやすくなります。
私はハンドルバーパッドに挿してちょっとでも厳しくなると扇いでいたりします。渋滞して待っている時にも有効です。

ちょっと話が戻りますが、そもそも咽の渇きを覚えた段階で熱中症の入り口に立っていると思って結構です。
渇いたと思う前に定期的に少量ずつキャメルバックなどで水分補給をしましょう。

例年より暑い夏のようですが、用心して楽しみましょう!!
関連記事
 
 

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://mcgear.blog111.fc2.com/tb.php/1931-0583cde7
Listed below are links to weblogs that reference
暑さにやられてしまったら。 from MC GEAR 店長日誌

Home > 店長の日常 > 暑さにやられてしまったら。


JNCC/WEX


JEC


VAAM_CGC[1]
CGC



携帯版MC GEAR 店長日誌


mcf.jpg

savejapan.jpg

touhoku.jpg

Return to page top