Home > コントロール系 > ARCクラッチレバー マグラ用について

ARCクラッチレバー マグラ用について

ARCクラッチレバーのマグラ rotating 用だけちょっと他と異なって下図のような形状になっています。これはマスターのピストン部分が少し奥まっているためにどうしようもないようです。

それは致し方が無いのですが、アジャストボルトの受け側の高さが少々足りなくて、私のように指が太い人や遠目のレバーが好みの人がアジャスターを目一杯遠い位置に設定すると噛み合いが少なくて少々不安な状態になります。
そこで私なりの対処法をご紹介します。

2012-05-20 17.17-2
見ても分かるとおりアジャストボルトを根元まで締めこんでます。メーカーも想定外なんじゃないでしょうか。
わずかに噛んでる状態なので転倒などの衝撃で乗り越えてしまうんじゃないかと不安になるほどです。

2012-05-20 17.17
そこで私はボルトを内側から通すようにしました。
これだとボルトの頭が本体側を受けるので噛み合いも多くなって不安がなくなります。

同様の状態で不安に思われている方は是非お試しください。

ARCレバーについてはこちらをご覧ください。>>>
関連記事
 
 

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://mcgear.blog111.fc2.com/tb.php/1920-140ecc96
Listed below are links to weblogs that reference
ARCクラッチレバー マグラ用について from MC GEAR 店長日誌

Home > コントロール系 > ARCクラッチレバー マグラ用について


JNCC/WEX


JEC


VAAM_CGC[1]
CGC



携帯版MC GEAR 店長日誌


mcf.jpg

savejapan.jpg

touhoku.jpg

Return to page top