Home > イベント情報 > JNCC ジョニエルG パドックレポート

JNCC ジョニエルG パドックレポート

 行って来ましたJNCC ジョニエルG 爺が岳大会

2013-06-08 12.24.56
金曜の夜に長野地方は雨だったんですが、爺が岳はあまり降らずにレース日和でした。
私は金曜のAM2時くらいに着いたんですが、ABITツールの山田さんと合流して明け方まで吞んでました。まったく…。(-_-;)

DSC_5601.jpg
JNCCは大盛況でJバザーという出店エリアは様々なメーカーや販売店で埋め尽くされていてオフロード関連の最新情報をいち早くキャッチできる場にもなっています。
レースはもちろん、ウインドウショッピングや情報収集も楽しむことが出来ます。

DSC_5606_20130611225917.jpg
地元の方の出店も多くてお酒を売っていたり、地の旨いものを紹介してくれたりしていました。

DSC_5657_20130611230254.jpg
大町市のゆるきゃらおおまぴょんのグッズも販売されていました。
初めて知ったし…。

DSC_5614.jpg  
土曜は試乗会も大々的に行われています。
今回Betaは車両が用意出来なくて乗ることが出来なかったんですが、昨日ご紹介したようなYZ125のエンデューロモデファイや。

DSC_5604.jpg
スコルパなど興味深い車両が用意されていました。

DSC_5603.jpg
またフサベルジャパンの産方さんがこんなバイクも試乗させてくれていました。08モデルだったかな。

2013-06-08 21.12.32
レース前夜のお楽しみもJNCCの楽しみの一つです。
今回はABITさんの紹介でバイクショップケイズさんの宴会に混ぜていただきました。
テンション高くて楽しかったです。

2013-06-08 21.13.25
私は何処に行っても餃子を焼き続ける運命のようでここでも50ヶくらい焼きました。(笑)
渡辺学選手の握った餃子は何処でも大好評です。

私はその後はしご酒で夜半近くまで吞んでいました。翌日がちょっとつらかったです。
 
DSC_5622.jpg
翌日は天気も良くて明け方は寒いくらいでした。

DSC_5626.jpg  
しかし日が昇るにつれて気温もぐんぐん上がって熱中症を気にしなければならないほどになりました。

DSC_5635.jpg
朝の第一レースはキッズとトライという初めての方のレースが行われます。
ハードなコースですが楽しんでいらっしゃったようです。
思えば気温的にも一番走りやすい時間帯でした。

DSC_5639.jpg
続くFUNクラスは様々なライダーが参戦しています。
Beta MOTOR JAPANの門永さんは250で参戦。大きな方なので125と勘違いするほどです。
ちなみにトライアルIAライダーです。

DSC_5640.jpg
フサベルジャパンの産方さんは08モデルのFE650eで参戦。
ガレ場のある爺が岳では無謀なトライに見えたんですが。
予想通り結構つらい思いをしたようですけど。

DSC_5641.jpg
MC Japanの末石さんはヤマハの2TRACKという二輪駆動車で参戦。
そう言えば爺が岳との相性を聞くの忘れました。

DSC_5642.jpg
ABIT TOOLの山田さんもFUNクラス参戦。
うーん、羨ましいぞ~。

DSC_5646.jpg
FUNクラスは大盛況でこんなにたくさんのエントラントが。
WEXの総エントリー台数より多いんですから凄いことです。

そのせいかパドックで見ていてもフィニッシュラインには必ず誰かが通過しているような感じでした。

でも皆さん終わると楽しそうだったのがまた悔しい。実は私爺が岳でレースしたこと無いんです。

DSC_5667.jpg
FUNクラスのホッテストアワード。
各クラスの一位だけが表彰される晴れ舞台です。
これを目標に皆さん頑張っているわけです。

DSC_5672.jpg
続くコンプクラスは猛者が集まる名実ともに日本のトップクロスカントリーライダーを決めるレースです。
ダートスポーツの宮崎さんは自前のCRFにトラブルがあったため、急遽ハスクバーナで参戦です。
雑誌の取材で借りていたのをレースで使用する許可を得たとか。どんな企画か知りませんが、実戦を通したレポートが見られるとしたら良いですね。

DSC_5718.jpg
コンプクラスもこんな感じで人だらけ。
 
DSC_5709.jpg
JNCCの二枚看板は一番イン側に陣取っていました。
考えがあっての事でしょうけど結果的にはアウト側からの方が速かった印象です。難しいですね。
 
DSC_5727.jpg
ホールショットは小林雅人選手!
鈴蘭がフロックじゃないことを証明してくれました!
二位は西森選手。

一コーナーは結構危なくて数台絡んで転倒していたりと撮影も気を使います。
というか赤いつなぎの方が弾かれて私のところまで飛んで来ました。お互い怪我は無かったんですが、観戦する場合も自分の身は自分で守りましょう。

DSC_5734.jpg
Aクラスもちょっと波乱のスタート。
すでにつんのめってる人がいます。

DSC_5744.jpg
コーナーの出口を見ると前橋選手が野津選手と絡んで転倒していました。
あ~!どちらも応援している選手なのに~!!
ということでほぼ最後尾からの追い上げになった前橋選手でした。

レース中は結構忙しくてライブリザルトを見ながら奇声を上げたりしてパドックで応援していました。

DSC_5760.jpg
コンプクラスは波乱続きでした。
まず鈴木健二選手が1周目から帰ってこない。チェーン外れで動けなくなったそうです。
そして渡辺学選手が焼き付きでリタイヤ。
トップチェッカーを受けたまちゃ(小林雅裕)選手も実はチェーン外れでピットに戻る際に一部ショートカットしてしまったそうです。
そのため記録上は4位になりました。
ホッテストアワードの段階でコースカットを自己申告して出口選手が繰上げで優勝に。
なんとなくすっきりしない幕引きでしたけど、スポーツマンシップに則った公正なレースでした。

聞くと随分チェーントラブルやタイヤトラブルが多かったそうです。
マシンを無事にゴールまで導くテクニックもクロスカントリーには求められるんだと痛感しました。速いだけじゃ駄目なんだな。

DSC_5763.jpg
驚いたのはクラス最後尾から追い上げた前橋選手がクラス2位をゲットしたことです。
終盤は熱いバトルを繰り広げての2位は応援している我々も手に汗握ってしまいました。

膝の具合があまりよろしくないようなのでもしかしたら長期休養を取るかも知れません。
早く治してまた雄姿を見せてくれ!!

DSC_5769_20130611230614.jpg
スタートでの接触転倒でもげたリア周り。
お陰で背中がばっちくなってます。

DSC_5770.jpg
元バイク雑誌編集部員のバトン大塚氏も今年初めて完走。
色々トラブル続きだったんですが今回はラジエーターを潰しただけで済んだそうです。

DSC_5772.jpg
もう少しで折りたたまれそうになってるラジエーター。多かれ少なかれ今回はこんな風にマシンを傷めるライダーが多かったようです。

 DSC_5786.jpg
恒例のシャンパンファイトはまたも出口選手が狙い打ちに。
いつものように「目が!目が~!」とのた打ち回ってました。
そろそろ水中眼鏡でも用意しないとね。
ちなみに出口選手もJNCC初優勝です。おめでとうございます!!

■おまけ
2013-06-08 13.08.45
告知が不十分だったのにたくさんの方にご支援いただきました。
ありがとうございます。
小池田選手には責任を持って届けさせていただきます。

2013-06-08 15.18.37
レースクイーンのせいこちゃんも新しいコスチュームで登場。
でもスカートがほつれていたのが発覚して日曜は前回と同じ服でした。

2013-06-08 15.17.22
ちなみに新コスチュームについていたタグ。Anna Muだそうです。調べたらコスプレ衣装も揃えてるようですね。<調べたのかと…。

DSC_5630.jpg
JNCCは前戦の鈴蘭からオリジナルTシャツの販売も行ってます。
胸のロゴが異なるので毎戦買わなきゃ!

DSC_5631.jpg
爺が岳に限らずエンデューロ会場につきもののブヨ。
ブヨ除けにはハッカ油が一番ということで会場でも販売していました。
元々やけどの治療薬にも使うのでスースーして気持ちがいいです。

■食べ物屋さん
爺が岳は人も多く集まるために他の会場よりも多くの飲食関係の出店がありました。
お陰で食料の買出しをしなくて済むのでありがたいです。
DSC_5653.jpg
焼き鳥屋さん

DSC_5654.jpg
土曜から来てくれていたケバブ屋さん

DSC_5655.jpg
鈴蘭にも来ていた豚の串焼き屋さん

DSC_5656.jpg
地元の方の出店
焼きそばなどを販売してくれていました。

DSC_5658.jpg
このでは常連のケバブ屋さん

DSC_5668.jpg
こんな焼肉丼もありました。
結構あごを鍛えることが出来るくらいの噛み応えでしたけど、美味しかったですよ。

次回はちょっと間が開いて9月1日の月山です。
エムシーギアはまた伺いますので宜しくお願い致します!!
関連記事
 
 

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://mcgear.blog111.fc2.com/tb.php/1904-9e4af400
Listed below are links to weblogs that reference
JNCC ジョニエルG パドックレポート from MC GEAR 店長日誌

Home > イベント情報 > JNCC ジョニエルG パドックレポート


JNCC/WEX


JEC


VAAM_CGC[1]
CGC



携帯版MC GEAR 店長日誌


mcf.jpg

savejapan.jpg

touhoku.jpg

Return to page top