Home > 店長の日常 > YZ125は低価格でエンデューロバイクに!

YZ125は低価格でエンデューロバイクに!

DSC_5613.jpg
今回JNCC 爺が岳にヤマハが試乗車として持ち込んだYZ125は健二君が使ったレース車両を試乗させてくれていると思った人が多いようですが、説明を受けると実は元々試乗車で1回限りレースをしただけというのが本当のようです。

低価格でエンデューロをちゃんと楽しめる車両を作りたい
そんな健二くんの想いが形になったのがこのマシンでした。

エンジンの仕様としてはYPVSを駆動するガバナーのスプリングを05モデルの物に換装してワッシャーを一枚追加することで開き始めを遅くして、それにベースガスケットを厚くして中低速のトルクを厚くしているそうです。
ヘッドの面研などは必要と感じれば程度でまずはこの仕様で問題ないらしい。

サスペンションはテクニクスさんと交渉して新車の場合は5万円で前後のスプリングとシムセットをしてくれるようです。もちろん個人個人に合わせたオーダーが出来ます。あとはリアタイヤの18インチ化ですが、最近某所で安く出てきているのであまりお財布の負担にはならないと思います。

新車で?って聞くと来年モデルが出るの?って話になりますよね。
ご安心ください。来年モデルは125/250共に出るそうです。
250についてはレギュレーションに適合させるような進化は出来なかったためにモトクロスには出られませんが、エンデューロファンにはありがたいことです。

国産エンデュランサーのリリースも期待したいけど、今有る物で楽しさを提供しようとしてくれている健二くんとヤマハには感謝です。

2013-06-08 14.13.00
関連記事
 
 

Comments: 4

でかやま URL 2013-06-11 Tue 01:08:02

靴屋さん、お久しぶりです(・∀・)!
各メーカーが次々と2stから手を引く中、進化はないものの、
継続販売してくれるヤマハYZはありがたい存在ですね。

かくいうわたくしも現在手元にあるポンコツYZをいじり回して、
コース走行ができるようにと、日夜レストア中です。

面白いのは、国内向けに販売終了した20年超マシンのパーツも、
アメリカでは割と普通に購入できてしまうところ。
純正で在庫切れのグラフィックや、外装パーツもリプロ品が買えますしね。
やっぱりユーザー層の広いアメリカだからなのでしょうか?
消費大国のような国に見えて、
実は日本よりはるかにモノを大事にする国なのでしょうかね。

ポンコツ刑事

店主 URL 2013-07-03 Wed 19:23:12

日本は使い捨ての先進国ですね。
随分昔にNOx規制なんてのが突然出来て愛車を手放したことがあります。元気に走っていたんですが特定の地域(都市圏)では走れないとか言われて。日本人って全然平等じゃないんだとお上が堂々と言って放ったのに何で反発しないのかと(以下略)

バイクは街中であんなに見かけた車種があっという間に業者オークションですらほとんど見なくなるというのは不思議を通り越して恐怖すら感じます。

いなひこ URL 2013-08-09 Fri 11:47:43

凄く興味がある2stマシーンづくりです。久々にダートスポーツも買ってチェックしました。
私は普段はロードサーキットばかりですが、エンジューロには興味があっていつかYZ125のような2stでイベントレースとか出てみたいです。

店主 URL 2013-08-09 Fri 12:14:11

是非エンデューロでも遊んでください!
中古のYZも基本的なポテンシャルは高いのでそれをベースにサスを弄るなんてアプローチもあります。

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://mcgear.blog111.fc2.com/tb.php/1903-5cdaaaed
Listed below are links to weblogs that reference
YZ125は低価格でエンデューロバイクに! from MC GEAR 店長日誌

Home > 店長の日常 > YZ125は低価格でエンデューロバイクに!


JNCC/WEX


JEC


VAAM_CGC[1]
CGC



携帯版MC GEAR 店長日誌


mcf.jpg

savejapan.jpg

touhoku.jpg

Return to page top