Home > タイヤ > TUBLISSの取り扱いなどについて

TUBLISSの取り扱いなどについて

  • Posted by: MC GEAR
  • 2013-05-31 Fri 23:53:42
  • タイヤ
色々な会場で展示をしているとたくさんの方に興味をもっていただけるTUBLISS CORE。


最近一番良く聞かれるのが

『耐久性はどれくらいなの?何年くらい使えるの?』

です。

以前は効果あるの?とか空気圧はどれくらいまで下げられるの?などでしたけど、ユーザーの方も増えて効果は理解したうえで使用する場合を想定した質問が多くなった気がします。

耐久性に関しては丁寧に扱えは2年は持つと思われます。と返答しているんですが、それは身近な仲間を含めて購入から2年くらいは使用している人が多いということからです。まだ歴史が短い製品なのでそれ以上はあまり居ないんですよね。
またタイヤの脱着が多い人ほど破損や消耗のリスクが高くなるので、一概に何年持つとは言いづらいのもあります。ですからヘビーユーザーでも2年くらいは普通に使っているというようにご説明しています。

■でもパンクに注意!
しかしパンクしないと言ってもそれはチューブが無いからで、タイヤがカットされるとパンクしてしまいます。
今回GAIAでパンクしたのもまさにそのためで、TUBLISS廻りには何の不具合も無かったのですが、ブロックの谷間の薄い部分に針金か釘が刺さったようでエアが漏れていました。

こうなるとどうしようもないんですが、TUBLISSの特徴の一つとしてタイヤを内側からリムに押し付ける構造のためにビードが落ちて走れなくなるということはありません。定かでは無いんですが、GAIAなどの比較的高低差が少なくて半分以上がウッズの場合は30分~1時間くらいでしたら問題なさそうです。
ただし爺が岳のように高低差があってパワーを掛けるようなコースの場合は30分以内にとどめたほうが良さそうです。

2013-05-31 19.31.16
今回パンクしたままWEX GAIAの120ミニッツを40分走った後にバラしてみると、タイヤと常時擦れていた外周部分が削れてコードが出掛かっていました。
ブロックのある部分が強く当たってこうなったようですが、TUBLISS本体の厚みも結構あるので即エアが漏るわけでは無いにしてもこれが何度か続くと使用不能になるでしょう。

大気圧でもグリップする(実際普通に走っていました。)のですが、やはり多少はエアを入れてTUBLISS本体とタイヤが接しないようにしてください。

TUBLISSって何?って方はこちらをご覧ください!!>>>
関連記事
 
 

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://mcgear.blog111.fc2.com/tb.php/1897-e7adf6c5
Listed below are links to weblogs that reference
TUBLISSの取り扱いなどについて from MC GEAR 店長日誌

Home > タイヤ > TUBLISSの取り扱いなどについて


JNCC/WEX


JEC


VAAM_CGC[1]
CGC



携帯版MC GEAR 店長日誌


mcf.jpg

savejapan.jpg

touhoku.jpg

Return to page top