Home > 工具 > マイクロブリーダー for KTM

マイクロブリーダー for KTM

  • Posted by: MC GEAR
  • 2013-02-19 Tue 09:33:53
  • 工具
2013-02-10 11.00.18
当店でも大人気のアイテムの一つがこれ。
モーションプロ マイクロブリーダー KTM用

これはフロントフォーク内に入ってしまった余分なエアを瞬時に抜くことが出来るアイテムです。
使い方は簡単で、メンテナンススタンドなどでフロントサスの過重を抜いてあげてから上部のボタンをワンプッシュするだけ。ブシューっとエアが抜けるのは快感ですらあります。

サスペンションの中にはエアが封入されているのですが、ストロークする時に噛み込んでいったり、気温やサスペンションの温度によって膨張したりで内圧が上がってしまう場合があります。
当然サスペンションが堅く感じるようになりますので、これで適正な圧(大気圧)に戻してあげるわけです。

このタイプのアイテムは各社から出ているのですが、モーションプロがお奨めの理由はその確実性です。
エアを抜くアイテムですから、抜かない時には抜けてはいけないんです。ボタンを押さない時にはしっかりとシールして貰わないとサスペンションの性能を損ないます。
何を当然の事を。
そう思われるでしょうが、メーカー名は言いませんが巷にはシールに不安を抱える製品もあるんです。
サスペンションをオーバーホールするのに外して横たえていたらオイルが漏ったなんて話も。輸送中にボタンを押してしまったなら兎も角、置いておいただけで漏るんですから走行中もエアが漏れていたのは想像に難くありません。(話はちょっと逸れますが、サスペンションのオーバーホール時に輸送する時は通常のネジに交換しておきましょう。中でボタンを押しちゃって段ボールがオイルで濡れていたなんて事もあるそうです。)
その点モーションプロではそんな事は一切ありません。

ところでこのマイクロブリーダーは3種類あって、KAYABA/SHOWAの国産用1種類とKTMなどの外車用2種類があります。このKTM用の2種類はフォークトップの形状で分かれます。写真のような少し窪んだ所にネジがあるモノはP/N:11-0080の頭が黒いタイプを使ってください。くぼみに入るように本体下部が細くなっています。

それと外車用は4mm径という細いネジなので手でしっかり締め込めば良いくらいのトルク指定になっています。心配な方はマイナスドライバーを頭に押し当てられるように出来ていますのでドライバーで軽く締めてください。

そうそう、このアイテムはトランポに積む際にサスペンションを縮めてしまう人に強烈にお奨めします。特に室内高の関係で少し絞っている場合にはこれで内圧を抜いてあげるとフォークシールの痛みを心配する必要が無くなります。(そんなことで抜けはしないと思いますが、あくまで精神衛生上お奨めという意味です)

詳しくはこちらをご覧下さい。>>>
関連記事
 
 

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://mcgear.blog111.fc2.com/tb.php/1811-77e201d1
Listed below are links to weblogs that reference
マイクロブリーダー for KTM from MC GEAR 店長日誌

Home > 工具 > マイクロブリーダー for KTM


JNCC/WEX


JEC


VAAM_CGC[1]
CGC



携帯版MC GEAR 店長日誌


mcf.jpg

savejapan.jpg

touhoku.jpg

Return to page top