Home > 店長の日常 > WEX Show Time勝沼 参戦記

WEX Show Time勝沼 参戦記

 先週の日曜は今年最後のレース WEX Show Time勝沼でした。初心者向けクロスカントリーレースの最終戦になります。
DSC_3519.jpg
中央道笹子トンネルの崩落事故の影響を考慮して土曜の早朝に移動したのですが、国道20号もさほど混んでおらず無事に到着しました。

2012-12-08 08.45.14
しかし到着すると一面霜で真っ白になっています。
でもまだ土曜の早朝は暖かい方でした。土曜の夜はトランポ内のコーラが凍るほど寒かったようです。(車を置いて健康ランドに行ってしまったので体感せず) 
 
2012-12-08 14.02.05
霜柱も盛大に立っています。
午後になるとこれが溶けてコースはぐちゃぐちゃになるんです。

DSC_3523.jpg
そんなコースをMVアグスタ ジャパンの釘村忠氏がず~っと走り続けていました。
パドック裏のここがダブルジャンプだとこの日まで知りませんでした。

DSC_3562.jpg
やっぱりMXIAは凄いですね。
頑張って走っている感じは一切しないんですが、素晴らしく速いんです。
 
DSC_3566.jpg
その釘村氏が勤めるMVアグスタ ジャパンは2013モデルのTE250Rを試乗車として持ってきていました。
マフラーなどの仕様違いを2台乗り比べる事が出来る貴重な機会を作ってくれました。
噂によると2012モデルを買った人ごめんなさい! というくらい違う物に仕上がっているようですが、外観上はRの付いた車名ステッカーとヘッドが少し違うくらい でぱっと見は変わらないそうです。
私は乗ると欲しくなるので止めておきました。(苦笑)
 
DSC_3582.jpg
ベータモータージャパンさんは2stの300を持ってきていました。

DSC_3581.jpg
エンジンもベータ製でパイプはFMF製のナーリーでした。これも入ったばかりなので試乗出来た人はラッキーです。
ちなみに来期小林雅人選手が乗るバイクだそうな。活躍が今から楽しみです。

2012-12-08 13.52.02
土曜の下見会は小林雅人選手が先導してくれました。
下見会の時にコース攻略のアドバイスもしてくれるのですが、今回心に残ったのは「回りながら登る所は山側の高いラインを選べば自由度が高くなる」というものでし た。
体感的に知ってはいたのですが、レース中も意識することで何度か助かりました。

2012-12-08 23.14.00
土曜の夜はピットクルーTTの方々と健康ランドに泊まりました。
当初現地で車中泊することも考えていたんですが、最低気温-5℃という予報に負けました。車中泊の方は大変だったのではないでしょうか。

DSC_3590_20121211000554.jpg
翌朝もこんな感じでカチカチでした。
車内の水タンクも、飲みかけのコーラも凍るくらいの寒さでした。食材などはクーラーボックスに入れておいたので凍りませんでした。なんか逆ですよね。

DSC_3591_20121211000637.jpg
ライダースミーティングでの星野代表。
WEXも延べで1000人のエントリーがあったそうです。JNCCと合わせると延べ4000人がエントリーしたとか。
いやはや本当に凄いですね。

DSC_3593_20121211000637.jpg
コースオーナーの青柳氏。
WEXもJNCCもこういった方々の支援無しでは成り立たないイベントです。
今回も凍った水洗トイレと格闘してくださいました。ここのトイレは本当に綺麗でいつも助かります。
いえ、トイレだけじゃ無いんですけどね。でもそういった所にこそコースの良さがにじみ出てくると思うんです。

DSC_3597_20121211000636.jpg
昨日ずっと走っていた釘村氏は特別マーシャルとして走ってくれました。
走っている姿が見られなかったのはきっとスタック車両の手助けで忙しかったからでしょう。

DSC_3600.jpg
40ミニッツは初心者向けの短い時間のレースで、コースも80ミニッツや120ミニッツよりもイージーに設定されています。
そのせいもあって、面白いバイクも連なっています。
モトラ?ダックス?郵便屋さん?みなさん楽しんでますね~。

DSC_3601.jpg
前の方にはモトクロッサーやトレールバイクに混じって大きなバイクがいました。或る意味ビックリする参戦です。なにしろ路面はチュルチュルですから。
とりあえず皆さん無事に周回していたようです。

実は今回参戦していたのでそそくさと着替えに走ってしまいレースの経過を見ていません。
余裕無いですねぇ。
162999288_org_v1355175645.jpg
と言うことで真ん中に構えているのが私。(画像提供あんないにんさん from楽さんのフォト蔵)
80-Aが一人なので80-Bにエントリーしている私も最前列に陣取りました。
路面が凍っているのでスタート出来るか心配でもう一杯一杯です。w

で緊張のスタート!
予想通り前に進まずに中団に飲み込まれて進んでいくと大坂を登りきった所でクランク状に右に上がるところを前の人と一緒に真っ直ぐ行きかけて大失敗。この部分が凍っていて小さな段差が越えられずに右往左往してしまいました。この段階で結構戦意喪失。
163002056_org_v1355175631 のコピー
2周目には同じ場所で渋滞に巻き込まれて停止。(画像提供あんないにんさん from楽さんのフォト蔵)
諦めて右のエスケープルートにトランジットしようと思っていたら右の人に浴びせ倒しを喰らって随分下敷きになってました。
2台覆い被さっていたので1台ずつ起こして何とか復帰しましたけど、益々戦意喪失。

163005186_org_v1355143203.jpg
同じ場所ですが、吹っ切れたせいかスムーズに通過中。(画像提供あんないにんさん from楽さんのフォト蔵)
でも止まるのが怖かったせいか結構スピード出して通過していたので、CRMの方がウイリーして前に倒れ込んできた際にフロントタイヤで弾いちゃいました。
止まって謝ったけど、ここでもお詫びします。ごめんなさい。

163048263_org_v1355189886.jpg
メインストレートの所にタイヤ越えがあったんですが、見事に全てスルー。(画像提供あんないにんさん from楽さんのフォト蔵)
来い来いって呼ばれても首を横に振って通り過ぎてました。w

途中チュルクライムで大渋滞になってしまいましたが、誰も一歩も行けない状況だったので諦めて待ってました。
レース中にエンジン止めて待つのって随分久しぶりだなぁなんて思っていましたが、結果的にこれが功を奏して105分に延長されたレースでもガス欠せずに済んだんだと思います。

DSC_3637.jpg
その後はコースが短くなったせいもあって、一体何周したのか分からないままゴール。
ベストタイムは中団クラスなのに、なぜかクラス2位をいただきホクホクしています。
もう少し長かったら3位の人に確実に抜かれていたはず。あぬないあぶない。w

DSC_3654.jpg
最後は120ミニッツです。
午後から暖かくなってきたので混乱が予想されていましたが、それほどでも無かったようです。

DSC_3662.jpg
でもスタートと同時に凍結した路面で前に進めない人多数。
ちなみに私の場合はリアのエア圧を0.4に設定しておきました。
それでも途中落としたくなったくらいです。

DSC_3664.jpg
BAJA帰りのこの方も450のパワーのせいか横に動くばかりで前に進みません。

DSC_3666.jpg
表彰式で言っていたんですが、トラブルかと思ったらしくチェックしてます。
この後何とかスタート出来ました。しかし随分タイムロスしていたのに…。

DSC_3674.jpg
Cクラス以降は済し崩し的に全車スタート。
スタッフが止めようとしたんですが、無理だったそうです。

DSC_3676_20121211000813.jpg
集団で大坂に向かったもんだから早速大渋滞が出来ていました。
ここは仕方がないですね。

DSC_3684.jpg
これが問題のタイヤ越え。
ここを通ると30秒くらいはショートカット出来る感じでした。

DSC_3687.jpg
でも失敗すると。

DSC_3690.jpg
あう。
ご本人曰く、これがトラウマになって2周目から通らなかったそうです。

DSC_3695.jpg
確かにスピードが足りないと落ちるし、有りすぎるとこんな風に飛びすぎてフロントが刺さってしまいます。

DSC_3699.jpg
ギャラリー的には非常に有り難いセクションでしたが、ライダーとしては自分と葛藤する分岐路でした。

DSC_3759.jpg
120ミニッツの一位は小林雅人選手のお父様。二位がスタート出来なかったCRF450の勝野選手、三位がデコボコフレンズの山賀選手。
小林選手はブッチギリでした。流石ホームコースです。(ホーム以外でも充分速いんですが、ここだと手が付けられない感じでした)

DSC_3764.jpg
こんな感じで新シリーズWEXも幕を下ろしました。
参戦、出店を含めて全ての大会にお邪魔しましたが、良い意味で黎明期のエンデューロのような気楽さや緩さがあってとても親しみやすい雰囲気が漂っていました。
来期はプラザ阪下やシーザイドバレーといった新たな土地での開催も計画されていますので益々楽しみです。

これで今年のレースは全て終了しました。
エムシーギアを御利用いただいた皆様に御礼申し上げます。
一年間ありがとうございました。

また来年も宜しく御願い致します。
関連記事
 
 

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://mcgear.blog111.fc2.com/tb.php/1762-492d54c4
Listed below are links to weblogs that reference
WEX Show Time勝沼 参戦記 from MC GEAR 店長日誌

Home > 店長の日常 > WEX Show Time勝沼 参戦記


JNCC/WEX


JEC


VAAM_CGC[1]
CGC



携帯版MC GEAR 店長日誌


mcf.jpg

savejapan.jpg

touhoku.jpg

Return to page top