Home > 吸気パーツ > No-Toilのフィルターオイルは垂れるのがデフォルト

No-Toilのフィルターオイルは垂れるのがデフォルト

最近No-Toilのフィルターオイルやクリーナーの事で相談を受ける事が多くなりました。
他社と比べても体感出来るほど違うという方もいれば、乾かしてから装着したはずなのに次の交換時に見ると下に少し垂れているなどなど。

実はこれはどちらもNo-Toilの仕様なんです。
基本的にフィルターオイルはフィルターに付着しても穴を塞がないようにしなければ過大な吸気抵抗になってパワーダウンしてしまいます。
粘度の高いオイルはどんなにたくさん塗っても垂れませんが、フィルターに薄くしっかり乗るNo-Toilのオイルは余分なオイルが垂れることで吸気抵抗を減らしてくれます。ここで重要なのは“余分な”オイルだけが垂れることです。もっともそれはこれを見てもらえれば理解していただけると思います。

2012-09-21 12.10.20
2回ほど走行したあとのエアフィルターです。しっかりとホコリを吸着させるので真っ黒になっています。

2012-09-21 12.20.43
No-Toilのフィルタークレンザー(クリーナー)で洗ったあとはこうなります。クレンザーは1回に小さじ2杯分くらい使い、それを3回繰り返します。
今回のフィルターはZAPのですが、鮮やかな黄色が蘇ります。(画像は少しくすんでますが、新品に近い色まで戻ってます)
写真を撮り忘れましたが、洗い終わった桶には細かな砂粒がこんもりと残っていました。
3回も洗って表面上は綺麗になっても、乾かしてから叩くとまだホコリが出ます。これはフィルター内で吸着されていたホコリがオイルが無くなった事で出てくるのです。それくらいしっかりホコリを吸着しています。

現在フィルターオイルはレッド(速乾タイプ)とグリーン(乾燥に時間が掛かるタイプ)がありますが、どちらも同じクレンザーで洗えます。また効果も変わりません。
グリーンが塗りにくいのでレッドを選ぶ方もいますが、速乾だけに手早くやらないとムラになってエンジンにダメージを与えることがあります。塗りの薄いところに吸気が集中してそこからホコリが浸入しやすくなるからです。

No-Toilについてはこちらをご覧下さい。>>>

ZAP TECHNIXのフィルターはこちらをご覧下さい。>>>
関連記事
 
 

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://mcgear.blog111.fc2.com/tb.php/1693-f369367c
Listed below are links to weblogs that reference
No-Toilのフィルターオイルは垂れるのがデフォルト from MC GEAR 店長日誌

Home > 吸気パーツ > No-Toilのフィルターオイルは垂れるのがデフォルト


JNCC/WEX


JEC


VAAM_CGC[1]
CGC



携帯版MC GEAR 店長日誌


mcf.jpg

savejapan.jpg

touhoku.jpg

Return to page top