Home > イベント情報 > パワーエンデューロ パドックレポート?

パワーエンデューロ パドックレポート?

 2012-07-28 13.24.17
夏と言えばハチタイ!
でも鈴鹿でやるアレじゃないよ。オフロードバイクの8耐ですよ。

DSC_0928.jpg
今年は本来新潟県の津南で行うはずだったんですが、スキー場側の都合で急遽福島のチーズナッツパークに場所を移して開催されました。
2週間前の変更だったのにも関わらずたくさんの方がエントリーを継続してくれたそうです。
その後も随分エントリーが有ったとか。

DSC_0930.jpg
主催はこのお店。横浜のモトパワーさんです。
今回は特に開催までが大変だったと思います。残念ですが、致し方がありません。

DSC_0850.jpg
生憎と言って良いのか悪いのか。これでもかっていうくらいの晴天です。
土曜も早朝は涼しくて“チーズナッツ最高!”なんてツイートしていたんですが、日が昇るにつれて色々後悔してきました。

2012-07-28 07.57.25
カメラもぼやけるくらい暑くなっています。
救護用かスタッフ用かのプールが用意されています。朝から飛び込みたい衝動に駆られました。

2012-07-28 08.39.11
今回日産さんの提供で新型キャラバンがプレゼント!ってわけじゃなくて展示をしてくれていました。
日曜には日産のスタッフの方やコンパニオンさんも来て大会を盛り上げてくれました。
ちなみにこれはライダーという特別仕様車

2012-07-28 08.39.23
標準タイプはこちら。
圧倒的にオフライダーはハイエースの使用率が高いのでこれから少しは切り替わっていくのか興味があります。
そもそも車メーカーさんがオートバイ乗りの需要に着目してくれた事が嬉しかったりして。

DSC_0933.jpg
日曜はアンケートに答えるとミニカーなどがもらえていたようです。
MCのてっぺーちゃんもしきりに“アンケートに答えてくれないと今後日産はオートバイのイベントに来てくれなくなるから皆さん宜しく~!”って叫んでました。

DSC_0936.jpg
パンフレットにもマシン搭載の画像が。
カタログの中にフルサイズのモトクロッサーが乗ると何となく市民権得たような気になるから不思議です。

しかし土曜の早朝からパドックに陣取るのは当店と一部のエントラントのみ。
という事で友人と蕎麦を食いに行きました。
事前に天ぷらには注意と言われていたのに。
2012-07-28 12.42.34
人の言うことを良く聞かないので3人ともてんぷら蕎麦を頼んでしまいました。
これで一人前です。当分は天ぷら要りません。(--;)
でも美味しい田舎蕎麦なので機会が有れば是非!チーズナッツパークから無理すれば歩いて行けるところです。

2012-07-28 15.40.42
お腹も満たしたのでパドック設営を開始。
中にはユニックでバイクを降ろすチームもあったりして、色々な人が来る事を実感しました。

2012-07-28 16.47.18
以前ご紹介したように九州からは水上泰佑選手が参戦。石戸谷蓮選手、そして昨年BETAで走っていた齋藤祐太朗選手と共に優勝を狙います。
それにしてもいつも綺麗なバイクを展示していて、流石バイク屋さんといつも感心しています。(これは参戦マシンとは別に展示用で持ってきたバイク)

ではざっと出店ブースも廻ってみましょう。
8耐は随分以前は私しか(前職含めて)いない事が多かったのですが、最近は様々なメーカーや販社が軒を連ねるレースになりました。
出店ブースが多いとやっぱり盛り上がりますよね。
DSC_0854.jpg
まずはGASGAS JAPANさん。
新型の2スト250に4スト250を展示していました。残念ながら試乗車は無しでしたけど、社長の秋山さんがサポートライダーの出口隼飛選手と共に参戦していました。
秋山さんは生粋のトライアルライダーですが、最近エンデューロにも積極的に参戦しています。フサベルもそうですが、なんか身近に感じますよね。見習わないと…。

DSC_0855.jpg
GASGASは子供用の電動バイクも展示していました。
よく見るとブレーキなど結構しっかりしたのが付いています。
こんなアイテムでオートバイが身近に感じてもらえるといいですね。

2012-07-28 16.47.58
千葉からはオレンジカウンティーさんがAJPとKTMの展示、試乗を行ってくれました。
AJPは200ccのタイプで、乗った方はみなさん笑顔で楽しいを連発していました。
チーズナッツくらい高低差があると非力でしょうけど、小柄な車体とバランスの良い車体で女性にも人気でした。

2012-07-28 16.48.21
JNCCなどでよくご一緒するABIT TOOLさんは参戦を兼ねて出店です。
社長の山田さんは気さくに工具の話をしてくれるのでマニアは是非話を聞きに行ってください。

2012-07-28 16.48.31
フサベルジャパンの産方さんとジャペックスの三石さんは実は以前同じ職場に居たとか。
仲良くブースを並べていますが、産方さんはアイアンマンに、三石さんは他のライダーと3人体制で参戦です。
毎度の事ながら仕事しろと言いたかったんですが…。

2012-07-28 16.48.42
珍しくちゃんと仕事してました。w

2012-07-29 11.10.39
今回は渡辺学選手も餃子販売のブースを開設。
日曜はマーシャルで走り回っていました。
怪我の方はまだ痛むようですが、順調に治っているとの事。
月山はみんなが期待しているのでしっかり治して下さい!!

土曜も夕方になると随分エントラントが集まってきました。
8耐は前夜がメインと豪語する人が居るほどで、お祭り気分も最高潮です。
2012-07-28 19.56.17
私達もBBQで舌鼓を打ち。

2012-07-28 20.20.39
ビールサーバーを持ち込んで正しい8耐の夜を過ごしました。w

2012-07-28 20.59.25
水上選手のところも随分盛り上がってました。明日は坊主を掛けて参戦ですから早めに寝てね。(笑)

2012-07-29 01.20.00
うちのブースにはいつの間にか大食らいが来て、残った大量の食材を整理をしてくれていました。
JNCCだと23時で消灯なんて見回りも来るんですが、8耐はこれもレースのうちと思っているのか3時近くまで徘徊している人達が居ました。
お陰で寝不足です。レースに出る人は飲みすぎると熱中症になりやすいので注意してくださいね~。

DSC_0858.jpg
開けて翌日。寒いぐらいの夜中と打って変わってすでに汗ばむ気温です。

DSC_0862.jpg
朝のライダースミーティングでは熱中症に気を付けてくださいと注意を促していました。
このレースに同行してくれているお医者さんはこのレースのほとんどに来てくれているそうです。
よく真夏に無茶なレースをすると言っているのを聞きますが、洒落だけではないしっかりしたレースなんです。

201207_30_29_b0165129_2037554.jpg
使用前のフォトセッション。
まだみんな元気です。
開催地の直前変更などスタート前から波乱の様相でしたが、蓋をあければこの盛況ぶり。

DSC_0867.jpg
参加台数は150台弱(キャンセル分のゼッケンはそのまま留保だったので160番までありました)、参加人数は優に200人を越える一大イベントです。

DSC_0891_20120802164237.jpg
今年ISDEに参戦する千葉哲也選手も急遽参戦。
デコボコフレンズのライダーが一人病気でリタイヤしたのでリザーブで参戦したそうです。

DSC_0893.jpg
それにしてもこれだけの台数が集まるとマシンを並べるのも大変です。
ご存じの方も多いでしょうが、鈴鹿の8耐と同様にルマン式スタートなので全てのマシンは整列させています。
これは中間地点から最後尾のグリッドを見た所。向こうは良く見えません。

DSC_0894.jpg
同じ所から先頭を見たところです。
やはり先頭はよく見えません。
震災を挟んでちょっと元気の無かった8耐ですが、奇しくも開催地の急遽変更のために震災地の福島で以前の盛況ぶりを取り戻しています。

DSC_0898.jpg
そんな事を言っている間にスタートの花火が上がります。
短い距離ですが各ライダーは自分のマシン目掛けて全力で走ります。
でもオフブーツって走りにくいからみんな緊迫感に掛ける感じで走ってますね。

DSC_0909.jpg
台数が多い場合はこのルマン式だとばらけやすいという利点も有るんですが、それでも150台が走り出すと…。

DSC_0918.jpg
砂埃がもうもうと立ちこめて前が見えなくなります。
これは菅生でもそうでしたから、今回私の仲間は早めに申し込んで砂埃を回避する作戦にしました。
このあとこの上りは大渋滞になっていました。大した上りじゃ無いんですが、砂煙でフロントフェンダーの向こう側がもう見えない状況だったそうです。

DSC_0923.jpg
チーズナッツといえば猿山が有名ですが、今回はその一部を使用していました。
直登ラインはドライということもあって、比較的イージーなんですが、助走で失敗すると一杯一杯になるという微妙な設定でした。

DSC_0942.jpg
こんな風に頂上付近で転ぶとリカバリーも大変なのですが、迂回も結構ジワジワ体力を奪うようなレイアウトでどちらを選ぶかで体力的にも随分違ってきたのでは無いかと思います。

2012-07-29 12.01.51
優勝しなかったら坊主宣言をしていた水上泰佑チームは順調に走っているように見えましたが、順位は低迷しています。
一時30位以下になっていました。何ででしょう。(聞き忘れた)

2012-07-29 14.01.02
チーズナッツは砂漠のシルトのように細かな砂なのでレース中はこんな風に砂嵐のような状況でした。
車の上に数ミリ砂が積もっていたところも有ったそうです。
出店業者もこれには参りました。(--;)

2012-07-29 16.01.26
でもレースは淡々と進み、大きなアクシデントもなくゴールを迎えます。
JNCCのお陰か自然にフィニッシャーズロードのようにハイタッチでライダーを迎えていました。

DSC_0948.jpg
総合表彰の面々。
雑誌チームや水上選手が有力視されていましたが、結果は中島鉄騎馬隊&スギヤマレーシングジャパンの中島選手と井上選手が総合優勝でした。
2位はビッグタンクマガジン、3位はフリーライドマガジンチームが仲良く並んでいました。
 
皆さん、お疲れさまでした!!

■おまけ
DSC_0920.jpg
事前にご紹介したように今回のレースを盛り上げてくれたMCの中尾“てっぺー”省吾さん。
本職は…、カメラマンだよね、てっぺーちゃん。
8時間しゃべりっぱなしでお疲れさまでした。ネタが無くてもしゃべるのにはただただ感服でした。

DSC_0953.jpg
約束通り坊主か?の水上泰佑選手のチームメイト二人。
使用前の写真くださーい!といったら笑顔が引きつってました。ww

DSC_0963.jpg
恒例のシャンパンファイト中
ビッグタンクマガジンチームに負けたのが余程悔しかったのか、フリーライドマガジンの三上さんがBTMの春木さんにシャンパンアタック!

DSC_0968.jpg
春木さんも応戦したので、間にいた中島鉄騎馬隊&スギヤマレーシングジャパンのお二人が被害者に。w
MCのてっぺーちゃんはカメラを必死で守ってました。

DSC_0975.jpg
水も滴るいい男(?)春木さんお疲れさまでした~。

レース当日が随分駆け足のレポートになってしまいましたが、実際それくらい前日(前夜)に重点を置いているチームが多かったようです。
パドックにビールサーバーは当然の装備だとか。(笑)

ところで懸念されていた熱中症も軽いのが3名だけだったそうです。
キャメルバック等のハイドレーション装備をレギュレーションで義務づけるなど安全に対しては気を配っている結果だと思います。
実際後日聞いた話では予想気温が高いので休憩を入れるという案もあったそうです。以前1回休憩を挟んで2ヒートにした事がありましたが、安全のためには良いとは思いつつも8耐という雰囲気が壊れるのでいただけませんでした。
結局休憩無しでの運営になりましたが、それくらいライダーの事を考えて慎重に開催されているイベントです。

来年はまた開催場所の選定から始めないといけないので大変だと思います。きっと津南以上に良い開催場所を見つけてくれるでしょう。
是非またお会いしましょう!!
関連記事
 
 

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://mcgear.blog111.fc2.com/tb.php/1649-acb41ffd
Listed below are links to weblogs that reference
パワーエンデューロ パドックレポート? from MC GEAR 店長日誌

Home > イベント情報 > パワーエンデューロ パドックレポート?


JNCC/WEX


JEC


VAAM_CGC[1]
CGC



携帯版MC GEAR 店長日誌


mcf.jpg

savejapan.jpg

touhoku.jpg

Return to page top