Home > 店長の日常 > JNCCワイルドボア鈴蘭 パドックレポート

JNCCワイルドボア鈴蘭 パドックレポート

 先週はJNCC ワイルドボア鈴蘭でした。
寒かったからというわけでは無いのですが、ここの所忙しかったせいか風邪を引いて帰ってきてしまったのでレポートが随分遅れてしまいました。
月曜は寝込んでしまうくらいでしたが、今は何とかなっています。呑みにも行けないので内臓は先週より健康になっているかも。(笑)

2012-05-12 07.46.49
土曜は時折晴れ間が見える曇り空でした。でもここの所雨ばかりだったので久しぶりに気分も高揚してきます。

2012-05-12 10.27.50
と言いつつ、風も強いし、時折雹が降る不安定な天気でした。

2012-05-12 10.04.05
参加者の多いレースだったのと、昨年とコースレイアウトが大きく変わったためにJバザーの会場は足元の悪いところになってしまいました。
エンデューロの会場はある程度仕方がない事なのでスコップを借りて整地をします。

DSC_0063.jpg
今回は久しぶりにワークスアンリミテッドの杉村氏が出店していました。ルーカスオイル、EFXの他にキッカーズというアンプ付きのスピーカーも販売し始めたようで す。興味のある人はお問い合わせ下さい。
それにしてもダブルピースって…。(笑)
 
DSC_0064.jpg
当店は予告通りTK1SUPERWASHのサンプル配布とネックブレースの特価販売をメインに展示販売を行いました。
なんか変わった物入った~?と覗きに来てくれる人も多いのですが、今回はあまりご期待に添うことが出来ませんでした。すみません。

2012-05-13 11.28.00
ABIT TOOLSさんも様々な工具やツールケースを展示販売していました。
工具って良いですよね~。<工具フェチの私

2012-05-12 10.27.26
ラッキー商会さんはジャージにプリントをしてくれていました。
事前に公開していたせいもあってか随分忙しそうにプリントをしていました。
次戦ではうちのロゴも用意してくれるようなので自分のTシャツやジャージにプリントしてもらおうっと。(笑)

DSC_0069.jpg
シニサロ輸入元のMC-JAPANさんも出店しています。
所在地がここから1時間くらいの所にある開田村なので今回は楽そうです。でも他の所に行くときは大変なんだろうなというくらいここら辺は高速道路から離れていて不 便です。
結構ジャージやパンツが売れていた様子でした。

DSC_0067.jpg
大塚忠和選手がサポートを受けているテクニクスさん。ご存じサスペンションのスペシャリストです。

DSC_0080.jpg
日曜は渡辺学選手のサグ出しもやっていました。

DSC_0066.jpg
ダートフリークさんはオリジナル自転車の試乗会もやっていました。写真を取り忘れましたが新しいネックブレースも展示していて、試乗時に試着も出来たようです。
折角遠くまで走りに来ているので目一杯楽しみたいという人には本当に良いイベントになってきたと思います。

2012-05-13 09.59.14
マッサージも受けられるイベントはそうそうありません。
いつかお世話になろうと思うんですが、お店放っておくわけにもいかないのでいつも指をくわえてみています。

DSC_0044.jpg
大好評の試乗会
午後は丸々試乗会という感じですのでじっくり色々なマシンに乗ることが出来ます。
明日に備えて身体をほぐしているようなライダーも居ましたね。
 
DSC_0050.jpg
オレンジピットは昨年Jバザー会場だったところです。
KTMライダーには心強い味方です。
手前はJEC定義で初優勝した水上泰佑選手のピットになっていました。

DSC_0052.jpg
YAMAHAは強風でテントを飛ばされちゃったそうです。
毎戦何処かで飛びますね。ホント今年は天候に翻弄されます。

DSC_0053.jpg
テントを借りていたZERO-Gさんは青空展示になっていました。
ハンドガードのスポイラーが新製品のようです。楽しみですね~。

JNCCの場合はレース前日に試乗会と下見ツアーを行うので結構なイベントになっています。
Jバザーもそんなエントラントで賑わうのでほとんどの業者が顔を揃えます。

2012-05-12 19.11.27
で、夜はそんな業者の一部が集まって宴会を催しています。
今回はABITさんがホルモンを、うちがマナブ餃子(事前オーダーすると会場で受け取ることが出来た)を持ち寄って夜遅くまでワイワイと楽しみました。

2012-05-12 19.11.33
大好評のマナブ餃子。
ご存じ渡辺学選手の手作り餃子です。ライダーサポートのつもりで買ったら旨くてはまった、という餃子ジャンキーが増殖中。
この日もあっという間に無くなりました。

渡辺学選手のブログ(餃子の注 文はこちら)>>>

DSC_0071.jpg
翌日は晴天!久しぶりのレース日和です。
暖かくて気持ちいい天気でした。
そろそろ熱中症に気を付けないといけないシーズンです。

2012-05-13 08.44.39
ファンクラスのスタート前
MCのおやじちゃんが小池田応援Tシャツを着て走り回ってくれました。

2012-05-13 08.44.44
昨年はアスファルト路面でのスタートでしたが、今年はダートからのスタートです。

2012-05-13 08.46.53
今年は真っ直ぐ登るルートは使わず、何度かターンをしながら登っていました。

2012-05-13 09.59.26
頂上部から降りる箇所はガレ場なので渋滞が発生しやすくなっていました。
四六時中黄旗が振られていたのでマーシャルの人は大変だったと思います。

DSC_0075.jpg
画像の下に当たる部分は溝越え後に登るキャンバーだったので結構皆さん苦労していました。
流石小池田猛選手監修のコースだけ有ってテクニカルです。

2012-05-13 08.49.25
GASGASのテントには妙に態度のでかい熊のぬいぐるみが。
態度もでかいけど本当にでかいんです。(後述)

DSC_0047.jpg 
JNCCの楽しみの一つである“Jフード”は飛騨牛の串焼きやカレー、タコ揚げなど。
地元の婦人会の方々が腕によりをかけた料理を振る舞ってくれました。

2012-05-13 10.59.49
私はよもぎうどんをいただきました。
ヨモギが練り混まれたうどんは見た目太い蕎麦のようです。
前日はけーちゃんという肉炒めをいただきました。安くて旨かった!!(写真撮り忘れました)
      
DSC_0054.jpg
今回の目玉WR450Fは試乗用の車両が間に合わなかったそうです。
試乗会は次戦の爺が岳で行われる予定だとか。
楽しみにしましょう!!

2012-05-12 14.40.49
裕太郎選手はすでに色々モデファイしたWR450Fを持ち込んでいました。鈴木健二選手と共にこのマシンのデビューレースになります。

DSC_0060.jpg
迎え撃つは広島の覇者 渡辺学選手。
今回も中古タイヤにIAの意地を載せて走ります。
前回の反省から更にビッグタンクにして来たそうです。(給油回数が同じマシンの鈴木健二選手より1回多かったため)
 
DSC_0078.jpg
COMPが始まる頃には先ほどの熊はトライアルマシンに跨っていました。
大きいでしょう?
ちなみにさっき着ていたベストは出口選手がレースの際に使うとかではぎ取られてました。

DSC_0079.jpg
渡辺学選手もすっかりJNCCの顔になっており、写真をねだられたりと大忙しです。
 
DSC_0084.jpg 
石土谷選手は足が細いのでブーツゲイターを装着して走ることになりました。
ブーツと足の間に隙間がある人はドライでも重宝します。レース中に石が入ったりするとライディングに集中出来ませんから。
当人はあまり乗り気じゃ無かったようですが、意外に似合っていると思いません?

DSC_0086.jpg
スタート地点の全景
COMPクラスのスタート前ですが、やっぱり凄い台数です。

DSC_0087.jpg
今回は地元の方の観戦も多かったように思います。
一般の方にはどう映ったのでしょうか。結構歓声も上がっていたので楽しんでいただけたのでは無いかとおもっています。

DSC_0088.jpg
絶景!
本当に久々のレース日和でした。

DSC_0089.jpg
裕太郎選手はUFOのライトカウルに換装していましたが、ケンジ選手はライトカウルもノーマルのままです。レース中もライトが点灯していました。

DSC_0097.jpg
AAライダーは崖の上からの登場!
出口選手はウイップを決めていましたが、速すぎてよく分からなかったです。(苦笑)
ケンジ選手は大きくジャンプして登場していました。

DSC_0099.jpg
昨年はここでスイングアームを折った、まちゃ選手。

DSC_0136.jpg
マナブ選手
パワーアップしたチームWRのケンジ選手と内山選手をどう迎え撃つか。

DSC_0144.jpg
ケンジ選手はほぼ中央からスタート。第一コーナーまでの間にボトルネックが設けられているのでポジショニングが難しい感じでした。

DSC_0147.jpg
そのためかホールショットはほぼ中央からスタートしたNR王子こと原田健司選手。
その次に片倉 久斗選手(MXIA)が続きます。

DSC_0156.jpg
返す左コーナーはこんな風にフカフカで柔らかくて深いわだちが出来ていました。
MXIAライダーはこんなところでもアクセルを緩めません。原田選手を抜いて片倉選手がリーダーになっています。

DSC_0210.jpg
このエリア最大の魅せ所はこのヒルクライム。
COMPではほとんどのライダーが果敢にチャレンジ。
登り切るところが少ししゃくれているので色々と派手な技が披露されていました。(主にナチュラルバックフリップ系)
横から見ると決して出来ない角度じゃないんですが、アプローチするときは壁に向かって加速する雰囲気になります。びびったら負け。

DSC_0261.jpg
昨年沼になったところも少し柔らかくなった程度で大丈夫でした。
今年はホントにコンディションが良かったです。
小池田猛選手監修のコースも大好評でした。

DSC_0292.jpg
レースレポートはJNCCのサイトでご確認いただくとして、最終周の顛末はこんな感じです。
ラスト1周の表示が出た際はマナブ選手が2分ほどリードしていたはずですが、一番最初に戻ってきたのはケンジ選手。そしてまちゃ選手まで戻ってきてもマナブ選手が戻ってきません。

DSC_0299.jpg
どうしたのかと思っていたら何と押して戻ってきました。

DSC_0305.jpg
最後の3周くらいはパンクしたまま走っていたようですが、最終周にとうとうビードがめげてリムから外れてしまったそうです。
その時真っ先に頭を過ぎったのが…

AslnDM-CEAALKDQ[1]
マナブ選手がブログで紹介していた今回使用するタイヤの画像。
もげてるし…。(笑)
パンク自体はこれが原因じゃ無いと思いますが、ブロックが飛ぶような走りをする人がパンクしたまま走ればこうもなるでしょう。

何にしてもシナリオを書いている神様がいるとすればベタすぎる気もしますが、WR450Fはこうして劇的なデビューウインを飾ったわけです。

次戦はモトクロスライダーにはあまり縁のないガレ場が肝の爺が岳です。
マナブ選手のリベンジなるか、それともケンジ選手が貫禄を見せるか。楽しみです。

DSC_0072.jpg
今回も小池田猛選手の応援Tシャツを販売させていただきました。
たくさんの方に応援をしていただき感謝で一杯です。

次戦の爺が岳でも引き続き販売を致しますので宜しく御願い致します。
関連記事
 
 

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://mcgear.blog111.fc2.com/tb.php/1574-542c2a6e
Listed below are links to weblogs that reference
JNCCワイルドボア鈴蘭 パドックレポート from MC GEAR 店長日誌

Home > 店長の日常 > JNCCワイルドボア鈴蘭 パドックレポート


JNCC/WEX


JEC


VAAM_CGC[1]
CGC



携帯版MC GEAR 店長日誌


mcf.jpg

savejapan.jpg

touhoku.jpg

Return to page top