Home > 店長の日常 > 定義エンデューロパドックレポート

定義エンデューロパドックレポート

レース終了の翌日に定義から帰ってきました。今回もSUGOに引き続き天候に翻弄されたレースでした。
DSC_9978.jpg
今回はレース前日の木曜から現地入りしましたが、その日は一日中雨と風でやられまくりました。
エントラントの方も前日入りは諦めてか、パラパラとしか到着しません。
もちろん用意されていたセッティング用のコースには誰も入りません。来た人も車から出ずにそのまま風呂に出掛けたりしてパドックは閑散としています。
もうお手上げです。

仕方がないので夕方から主催のHIRO RACINGさんのところで牛タン焼き肉エンデューロに突入。流石自然農園というケータリングサービスもやっているだけにビールサーバーはあるわで飲み放題食い放題でした。牛タンをあんなにいっぱい食べたのは人生初です。
よく考えると凄い高カロリー宴会でしたけど面白い話をたくさん聞けて良かったと思います。ほとんど憶えてませんけど。(--;)

結局レース当日の朝からブース設営を開始しましたが、風が強いという予報だったので今回はあまり荷物を開かずにいつでもテントを畳める体制での営業だったので折角お越しいただいた方にあまり商品をお見せ出来なかったのが残念です。すみませんでした。
しかも夜半にテントを車で踏まれたらしく気分的に結構凹んでました。

DSC_9976.jpg
しかしパドックはこれもんだし。

DSC_9972.jpg
ゲートなんて水没しているし。

DSC_9970.jpg
これでもレース当日はパドックになっていたんです。前日に写真を撮るとただの水田ですね。

2012-05-04 12.07.37
お陰でパルクフェルメの確保が出来なくなってしまい、JEC Lites in 谷田部のようにパルクフェルメ無しのレースになってしまいました。
これが無いとただのタイムアタックレースになってしまいそうでちょっと残念でした。
画的にもパルクフェルメの写真は欲しかったんですが、お天道様には勝てません。

DSC_0004.jpg
今回の目玉ライダーの一人。
モタードでは有名なSRFの森田一輝選手。随分久しぶりにお会いしました。
残念ながらタイムオーバーだったようですが、これに懲りずまたチャレンジして欲しい。

2012-05-04 12.09.02
それと渡辺学選手。
ライダー自身の写真を撮り忘れました。
エンデューロでの走りって普段(モトクロス)とどう違う?の問いに「刻々と変わる路面状況を瞬時に見極めて最適なラインを探す事です。時には止まってもラインを探す事に集中してました。」と回答いただきました。
確かに私レベルでもそうしては居るんですが、その視野が圧倒的に広い(走行ラインの自由度が高い)のがトップライダーなんでしょうね。

密かに期待していた内山選手のWR450FはJNCCまでお預けだそうです。


DSC_9989.jpg
パルクフェルメが無くなったために自分のスタート時間が近づくと三々五々に集まります。

DSC_9999.jpg
スタートは5台が一斉にスタートします。
SUGO 2DAYSのようなリエゾンが無く、スタートが計測区間の開始なのですが、1周目は計測しない下見ラップなのでゆっくりとスタートをしていきます。
2周目以降はホールショットを奪い合うようなレースになりますが、
  
DSC_0007.jpg
すでにこの傾斜でスタックする車両が何台も居てどうなるのか心配になりました。

案の定、サイティングラップで周回できないライダーが続出して赤旗中断し、それまでのはキャンセルしてコースを作り直してから再スタートとなりました。
前夜の宴会で競技中のコースカットは無理だから、Cクラスでも充分周回出来るコースにした。綺麗に整地した所も難所になりそうな所はカットしたと残念そうでしたが、それでも足りなかったようです。粘土層の下に堅い砂利を含んだ土の層が有るとかで土質的にも難しいコースだったようです。
しかしこんなコンディションでも、デコボコランドのチーム員の中には2周してしまった猛者もいて随分悔しそうでした。雨のデコボコで練習するのが好きな人達にはイージーな設定だったと思います。

2012-05-04 12.08.20
レース当日は雨が上がってくれたので粘る泥との闘いだったようです。
ピットに帰ってくるとみんな真っ茶色で誰が誰かよく分かりません。(これは今回優勝した水上選手)
     
2012-05-04 12.44.04
レース会場が市街地から遠く離れているために参加賞は焼きそばと牛タン焼き肉でした。

2012-05-04 15.24.44
あらかたレースが終わった2時から3時に掛けて配り始めたのでお腹を空かしたライダーがたくさん集まってきます。
 
2012-05-04 15.44.09
いっぱいあるからちゃんと着替えてから来てください。の元JECチャンピオン。

DSC_0026.jpg
匂いにつられて着替える間も惜しんでライダーが集まってきました。
しかし喰っても喰っても減らない牛タン。最終的に大量に余った肉は景品として配られていました。
前夜際で○○キロあれば足りるよねぇ(酔っていて良く憶えてない)、とHIROさんに聞かれた気がしたんですが、実際に40キロあったそうです。エントラントだけに配ると一人300グラム強。そりゃ無理だわ。

2012-05-04 07.48.42
色々な所で顔出ししているから良いですよね。の楽さん 使用前。
キャンセルになった1周目で随分苦労していたようですが、最終的にあのコースを4周半したそうです。

DSC_0036.jpg
使用後。
だれ?って程のゴーレムぶり。でも牽引されて帰ってくるバイクも数台居たことを考えると自力走破は凄い。
お疲れさまでした。
            
2012-05-04 13.00.34
残念ながらトラブルで集計に手間取ってしまい表彰式は行われませんでした。
時間稼ぎに四苦八苦したMCの恩田さん、ご苦労様でした。

それと大会終了後にチーズナッツパークで夜通し集計の検証作業をしてくれたスタッフの皆さんお疲れさまでした。

DSC_0041.jpg
最後はアプローチ林道が流水でウオッシュアウトしてしまい冷や冷やしながら帰路ににつきました。
4トン車や背の高いキャンピングカーも居たのですが、皆さん無事に帰れたようです。
でもレース当日の朝から結構掘れていたらしく、会場に着くまでにスタックした車両もあったとか。
写真は撮れなかったんですが、膝丈くらいまであるクレバスが道の真ん中にあってそれを車で跨がないと行けないところは少し緊張しました。

ちなみにソフトバンクユーザーの方がこの坂の手前で、凄い道で上がれるか分からない と言ったきり携帯が繋がらなくなったと社員の方から電話が入りました。
東京では遭難か?と騒ぎになっていたそうです。レース会場ではSBMは電波が取りづらかったようで、ほとんどの場所で圏外になっていました。エンデューロではdocomoが一番ですね。

■お疲れさまな方々
DSC_9984.jpg
HIRO RACINGの社長にしてケータリングで有名な自然農園の社長、渡辺正弘氏
コース管理者である氏は広大な敷地をしっかりと整備したのだが、コンディション悪化で使えない所がたくさん出来てしまったととても残念そうだった。
次回レースが開催される時は是非参加を検討していただきたい。名ライダーでもある氏の本気が詰まったコースを私も走ってみたいです。

DSC_9996.jpg
SUGOの藤原氏も競技運営スタッフとして駆けつけていました。
前日はコースチェックで自ら走られていました。
ところでSUGOでいつも見掛ける白地に赤いラインの入ったデリカは実は公道走行も出来る(回転灯を外して)のをみんな知っているかい?
藤原さんがそれで乗り付けたのを見て私はちょっとビックリしました。

DSC_0015.jpg
写真は撮られ慣れていないので勘弁して~。と小声でぼそっと言うのはMCの恩田さん。
今回は集計がなかなか終わらないために引き延ばすのに随分苦労していました。お疲れさまです。
しかし相変わらず飯関係の案内に一番力が入っているようでした。
若人は肉喰え肉! だそうです。ww

DSC_9998.jpg
自称シャイなXPRESS JAPANの黒田さん。
HIROさんの所であった前夜際(自然発生)にお誘いしたけどコンディションに合わせて台割を考えているとかで一晩中瞑想していました。
お仕事の邪魔してすみません。

他にもみんなに雨男と言われていた北海道の畑氏やBTMの春木編集長、集計で苦労なされたチーズナッツの小松氏など本当にたくさんの方にレースは支えられています。

2012-05-04 12.45.43
震災の爪痕か?HIROさんはそうだと思うとおっしゃっていた駐車場の地割れ。
まだあれから一年ちょっとしか経っていないんですよね。

DSC_9982.jpg
もしかしたら若い人は知らないんじゃないかな?の切符切り。電車の切符にはさみを入れて入場の証にしていた時期が有ったんです。
周回チェックはこれにはさみを入れてもらうことで行っていました。
しかしまだこんなの売っているんだ。

DSC_9994.jpg
多い多いと言いつつ、本当に多いガエルネユーザー。
もう圧倒的と言っても良いんじゃ無いでしょうか。
何故って聞かれると信頼性とエンデューロに合ったキャラクターだからとしか答えられないくらいのシェアです。

DSC_9981.jpg
小池田選手応援Tシャツはここにも。
九州から参戦の水上泰佑選手のパドックにも飾られていました。
余談ですが、水上選手のお父さんがレース前日に飛行機で仙台空港に来るはずが、飛行機が着陸出来ずに40分も空港上を旋回していたとか。
結局その時間帯は水上パパの乗った飛行機以外降りられなかったそうです。
でも飛んだだけ良い方で、競技委員の畑氏やBTMの春木氏に至っては飛行機自体が飛ばず難儀したようです。

2012-05-04 15.35.55
Tシャツはエムシーギアでも販売させていただきました。
ここでも小池田選手の人気の高さを改めて知ることが出来ました。

2012-05-04 12.39.37
モトクロスライダーの勝谷武史選手も観戦に来てくれていました。
ご存じTK1SUPERWASHの輸入元です。
写真撮らせて!と言ったら快く引き受けてくれました。お約束のポーズ。
今年は成田亮選手がチャンピオンを取るためのトレーナーを引き受けているそうで、自分では走らないと言っていました。
少し残念ですね。

DSC_0038.jpg
川原真理子選手もTK1ファミリーの一員になりました。
昨年今年と出るレースがほとんど雨なので助かるとのコメントをいただいています。
使用感などもそのうちレポートしてもらいますのでお楽しみに。

その他に渡辺学選手もTK1を使っています。モトクロスでは半ば常識のこのアイテム。
エンデューロでも愛好者が増殖中です。
関連記事
 
 

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://mcgear.blog111.fc2.com/tb.php/1560-71e66e1d
Listed below are links to weblogs that reference
定義エンデューロパドックレポート from MC GEAR 店長日誌

Home > 店長の日常 > 定義エンデューロパドックレポート


JNCC/WEX


JEC


VAAM_CGC[1]
CGC



携帯版MC GEAR 店長日誌


mcf.jpg

savejapan.jpg

touhoku.jpg

Return to page top