Home > 元ブーツ屋として > たまには確認

たまには確認

ライディングギアで高価な物と言えば真っ先に挙がるのがブーツとヘルメットでしょう。
そのブーツですが、マシンとの接点でもあるので色々な情報をライダーに教えてくれます。
それは乗っている時ばかりではなく、お手入れをしている際にも確認出来ます。

sole01.jpgこれは私のブーツのソールです。
一見すると分かりますが、右足側が変にえぐれている以外は異常な摩耗はありません。
右足の摩耗はキックスタートする際にステップをけ飛ばしているからです。

エンジンスタート時には気を付けないとすぐにここだけえぐれてしまいます。
最近多く見掛ける2stマシンユーザーの方は気を付けてください。

あとはブレーキペダルが当たる部分が少し削れているのですが、その量はわずかなのでまだ気にする必要は無さそうです。例えばこの部分が端だけ削れている場合はブレーキング時に足がハの字に開いている可能性があります。基本的にはつま先は真っ直ぐ前を向いた方が良いはずなのでつま先を意識して乗った方が良いかも知れません。

あとは土踏まずの部分ですが、1年以上使っているのにほとんど摩耗していません。これはジャンプを余りしないというのが関係していると思いますが、ガエルネのソール自体の耐久性が高いせいでもあります。
以前の職場にいた際に高濱龍一郎選手から突然電話が来たとき。
「ブーツからカチカチ音がするんです」
カチカチ山の寓話か?と真っ先に思ったんですが、話を聞くと着地の際にブーツからカチカチ音がしてうるさいので直して欲しいとのことでした。

勘のいい方ならもうお分かりだと思いますが、ステップでソールをえぐってしまい、ミッドソールも突き抜けてスチールシャンク(ソールの柔軟性をコントロールする鉄板)まで穴が開いていました。そのためステップが当たってカチカチいっていたのです。

しかし何がカチカチだよと思う前に驚いたのが、綺麗にステップの形状に開いた穴でした。
ステップに足を置く位置がほとんど変わらないためにその部分だけ削れて穴が開いているのです。穴が開いている部分以外はほとんど傷らしい傷が無かったのをはっきりと憶えています。

練習量もさることながら正確なステップワークはライディングの基本なんだなと思った出来事です。
高加重の掛かるジャンプの着地でへんな所でステップを踏むと足首にショックが加わって怪我の原因にもなります。
高濱選手ほど正確でなくても良いとは思いますが、いろんな所に傷が入っていないか掃除がてら眺めてみては如何でしょう。自分のライディングの癖を少し教えてくれると思います。

それと破損を早く知ることで修理費も抑えることが出来ますよ。
関連記事
 
 

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://mcgear.blog111.fc2.com/tb.php/1555-15dff415
Listed below are links to weblogs that reference
たまには確認 from MC GEAR 店長日誌

Home > 元ブーツ屋として > たまには確認


JNCC/WEX


JEC


VAAM_CGC[1]
CGC



携帯版MC GEAR 店長日誌


mcf.jpg

savejapan.jpg

touhoku.jpg

Return to page top