Home > 元ブーツ屋として > ブーツのトウキャップ

ブーツのトウキャップ

ブーツは高価な物ですが、地面に近い部分に晒されているために破損が多いのが泣き所です。
それでも各社破損しやすいパーツを販売していたり、修理体制を整えていたりしますので壊れたからと言ってすぐに捨ててしまうような事態にはなりません。

特にガエルネは修理パーツの豊富さとサービス工場を持つことから長い間安心して履けるメーカーです。
エンデューロライダーに好評なのは履き心地や性能だけでなくこんなサポート体制も要因だと思います。

破損と言えば良く聞くのはバックルやストラップの破損紛失。
そしてトウキャップの破損や紛失です。

steel_toe[1]
これがトウキャップ。
つま先金具やスチールトウ、など様々な呼び方をされていますが、要するにつま先を守る金具です。

実はこれ、輸入関税にも関わる重要なアイテムでして、昔の革製のモトクロスブーツはこれがあると関税の節約が出来る場合があります。実際にはいくつかの項目をクリアする必要があるのですが、その一要素になっていました。
具体的にはこんな感じで金属製のトウキャップが有る物は別分類になっています。
実際には解釈の相違などもあるので(兎に角細かすぎて税関の職員でも分かりにくい場合がある)トウキャップがあれば優遇関税という訳ではないんですが。

そんな色々な意味で大切なトウキャップですが、やはり本来の役目を果たすと破損したり脱落したりします。
そのためほとんどのメーカーはリプレイス用のパーツをリリースしています。
破損しやすいだけに少し価格も低めに設定してくれていますが、それでも出来るだけ破損させないようにしたいものです。

DSC_9674.jpg
例えば靴底を見るとこんな風に泥や砂、小石などがトウキャップの中に入り込んでいる場合があります。
モトクロス用の平底の場合はちゃんと装着されていればそれほど多くは無いのですが、エンデューロ底と言われるブロックパターンの底の場合はここにどんどん異物を噛み込んでいって終いにはトウキャップを押し上げて外してしまいます。
出来ればハードな走行の後はこの部分に異物が挟まっていないをチェックして下さい。

日頃のチェックでブーツはぐんと長持ちします!

部品は載っていませんがガエルネ製品はこちらをご覧下さい。>>>

部品の手配に関してはメールかFAXでご連絡いただければお答えいたします。
e-mail:info@mcgear.net
FAX:047-705-5576
関連記事
 
 

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://mcgear.blog111.fc2.com/tb.php/1536-4b97af97
Listed below are links to weblogs that reference
ブーツのトウキャップ from MC GEAR 店長日誌

Home > 元ブーツ屋として > ブーツのトウキャップ


JNCC/WEX


JEC


VAAM_CGC[1]
CGC



携帯版MC GEAR 店長日誌


mcf.jpg

savejapan.jpg

touhoku.jpg

Return to page top