Home > 店長の日常 > 目は大事です。

目は大事です。

目からの情報はとても大切なのは言うまでもありませんが、ゴーグルの大切さって意外に疎かになりがちです。
私も以前は目の前にあるレンズが鬱陶しくてゴーグルをしないで走ることもありました。
ツーリングでも外していて異物が入ってしまったり、酷いときはヤブこぎしている時に木の枝が目に飛び込んだりした事もあります。(この時は破片が刺さったので眼科に掛かりました)

それ以来ゴーグルは必ずするようになりましたし、コンディションの悪いときでも外さずに済むように色々研究もしました。

だいたいゴーグルが鬱陶しいのは「曇って見えない」「ぎらついて見えない」「裸眼の方が良く見える」というのが理由です。

曇りに関しては永遠の課題で、通気を良くすればそれだけ異物も入りやすいし、そもそも曇るのはエンデューロなどで停止もしくは低速でのハードライディングが原因なので根本的な解決はなかなか難しいところです。

曇り留めのクロスを使用したり…
snfc_tana[1]
スコット ノーフォグクロス ¥378 >>>

強制的に湿気を抜くくらいでしょうか。
haver-elim_tana[1]
ハーバー エリミネーター ¥9,240 >>>

また、基本的にゴーグルに標準装備されているレンズは大抵曇り留め加工が施されているのですが、メーカーによって若干性能に差があります。
私が一押しなのはプログリップのゴーグルです。
ここのレンズは特に曇り留めがよく効いていて冬場に息を吹きかけても曇りません。
プログリップをお奨めするのは後述するレンズ交換のし易さも関わってきます。

次に「ぎらついて見えない」ですが、これの解決は簡単。ぎらつかないレンズに替えましょう。
大抵汚れや傷つきが原因なので定期的にレンズの交換をお奨めします。
どのメーカーもさほど高価な物ではありません。プログリップで1,050円から、スコットは1,300円からです。

最後に「裸眼の方が良く見える」という方。
私がそうでした。
レンズが目の前にあるとクリアなはずなのにどうも見えづらくて嫌でした。
微妙な反射などが原因のようですが、試しにカラーレンズにした途端に良くなりました。
色つきだと見えづらいというイメージが有ったのですが、それはダークスモークやミラーレンズの話で、ライトブルーやイエローなどが路面の凹凸を見やすくするのはスノーゴーグルを使ったことのある人なら周知の通りです。

例えグレイ系は距離感を掴みやすくしてくれる効果がありますし、ブルーはまぶしさを抑えつつ砂などの濃淡の少ない路面での視認性を高めてくれます。まや、イエローはコントラストをはっきりさせてくれるので曇りの日などの光量が足りない日やウッズでの使用に最適です。前出のように価格もそう高くは無いので試しに使ってみてください。
lens01[1]
ちなみにライトセンシティブという調光レンズを各社出していますが、シャッターを切るようにさっと変わるわけでは無いので目まぐるしく変わるようなレースでの使用よりツーリングで効果を発揮してくれると思います。

pgg_frame[1]ところで、レンズ交換って面倒だと思っていませんか?
中にはフレームの形状や堅さから交換が面倒な物もあります。以前レンズだけ造っているメーカーの担当と話をした時にやはりメーカーによって難しい物もあると言っていました。
その点プログリップのフレームは適度な柔らかさがあるのでとても替えやすいゴーグルです。

レンズ類は各メーカー豊富に出しています。当店一押しのプログリップについてはほぼ全てのレンズを常時在庫していますのでレース会場で困った際にはご相談ください。
関連記事
 
 

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://mcgear.blog111.fc2.com/tb.php/1483-80bcabf0
Listed below are links to weblogs that reference
目は大事です。 from MC GEAR 店長日誌

Home > 店長の日常 > 目は大事です。


JNCC/WEX


JEC


VAAM_CGC[1]
CGC



携帯版MC GEAR 店長日誌


mcf.jpg

savejapan.jpg

touhoku.jpg

Return to page top