Home > サイト更新情報 > グリップのトレンド?

グリップのトレンド?

マシンとライダーの接点であるハンドルグリップとステップは意外に疎かになりがちなアイテムです。
特にグリップは様々な種類があって迷ってしまうこともあって、結局純正同等の物やハーフワッフルという無難な所に落ち着きがちです。

そんなグリップですが、ここ数年明かなトレンドがあって、各社似たような物をリリースしています。
それの大元これです。
pg_header[1]
プロテーパー ピローグリップ
MC GEAR価格 ¥2,646


独特のブロックパターンで手のひらに吸い付くようにグリップしますし、振動を吸収してくれるのでマメの防止にもなります。
リリースされてから随分経つのですが、当店でも大人気のグリップです。
良くまとめ買いされるのも特徴ですが、それには少し理由があります。

少し減りが早いんです。

それもこのグリップの性能を考えるとあまりネガにならないようでリピーターが多いのも人気を裏付けています。

804op_tana[1]
PG804 デュオデンシティーグリップ
MC GEAR価格 \2,100


グリップといえば社名にもなっているプログリップ社からもやはりブロックパターンのグリップがリリースされています。これは最近日本でも紹介されたPG804というタイプです。
さすがにグリップの生産で大きくなった会社だけあって確かな品質からプロテーパーのピローグリップに負けずとも劣らないお奨めアイテムです。
まだ入荷して間もないので耐久性に関しては不明ですが、若干ピローグリップよりも堅い印象なので保ちも良いのではないかと思います。
なによりこれの良いところはグリップエンドがオープンなのでハンドガード装着車でも簡単に取り付ける事が出来ます。
実はピローグリップはこの部分が弱点で、バーエンド部分が堅いので綺麗な穴を開けるのに苦労します。
面倒になってエンド部分を輪切りにしてしまう人もいるくらいですが、そうすると折角そこにしかカラーリングされていないのに切り落としてしまうことになります。寂しいですよね。

dual_grip[1]
TORC1レーシング デュアルコンパウンドグリップ
MC GEAR価格 ¥1,600


最後にコストパフォーマンスの高い製品で大人気のTORC1レーシングのグリップです。
リリース順からすると2番目なのですが、価格的に一番安いので一番下でご案内します。

このグリップはピローグリップよりも若干柔らかく、その分摩耗しやすいようです。
価格からすると妥当なくらいのようですが、消耗品だからライフをあまり気にしないという人にはこれがお奨めです。
グリップグルー(接着剤)もついてこの価格ですから頻繁に交換する人には有り難いアイテムです。
関連記事
 
 

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://mcgear.blog111.fc2.com/tb.php/1477-86df3685
Listed below are links to weblogs that reference
グリップのトレンド? from MC GEAR 店長日誌

Home > サイト更新情報 > グリップのトレンド?


JNCC/WEX


JEC


VAAM_CGC[1]
CGC



携帯版MC GEAR 店長日誌


mcf.jpg

savejapan.jpg

touhoku.jpg

Return to page top