Home > イベント情報 > JNCC ハイポイント菅生 パドックレポート 本編

JNCC ハイポイント菅生 パドックレポート 本編

先週はJNCC ハイポイント菅生でした。
天候も良くて絶好のレース日和。土曜は少し汗ばむくらいでしたが、日曜は気温も高くなくレースには最高のコンディションでした。
DSC_7180.jpg
2年ぶりの菅生は被災者枠を除いても過去最高のエントリー台数だったそうです。

DSC_7083.jpg
KTMビレッジと称してKTMユーザーのためのパドックを提供してくれています。
本来JNCCでは一人での参戦はテントを張る事が出来ないのですが、このようなブースがあると少人数でのエントリーがしやすくなりますね。
某メーカーのスタッフもこの様子を写真に収めていたので来期はKTM以外でも出来るようになるかも知れません。
国産メーカーも頑張って欲しいですね。

ちなみに中にはKTMのスタッフの方にタイヤ交換をしてもらっていたライダーも居ました。

DSC_7123.jpg
土曜は昨日ご紹介した能塚パパのリサイタルのあとにMOTOR CYCLE FORCEさん主催のチャリティーオークションが行われました。
ゲリラ的に行ったので参加者が少なくて残念でしたけど結構良い物が出て好評でした。

DSC_7096.jpg
前日から自然農園さんがケータリングをしてくれました。
横手焼きそばとビッグバーガーが大人気です。私も食べましたが2食分はある感じ。メタボには嬉しく辛い食べ物です。

DSC_7100.jpg
 パドックの一角にはアメリカーンな空間が出現。
元ダートスポーツ誌編集長のジャンキー稲垣氏とフリーピットサービスを行った古澤氏の車です。
ライフスタイルのためなら多少の不便さは我慢するそうで、ジャンキー氏は納車日にレッカーのお世話になったりしているのにそれが良いと豪語してました。

DSC_7141.jpg
日にちが変わってレース当日の日曜日。
被災者の方々に特製のTシャツをプレゼントし、トップライダーとの握手会も開かれました。
まだまだバイクに乗れない人、レースをする気分じゃない人もたくさん居ると思いますが、いつかまたみんなでレースを楽しめる日が戻ってくるのを祈っております。
 
DSC_7157.jpg
レースに関しての今回の目玉はフリーピットサービスです。
彼がピット作業をお手伝いしてくれる古澤さん。
そのうちKTM中野で見掛けることが出来るようになるそうです。

肝心のフリーピットを利用した人の話は聞き忘れたのですが、こんな風にワークスピットエリアで帰ってくるのを待っている人が居るのは心強いだろうなと思いました。

2011-10-09 13.40.55
利用者に大きなトラブルは無かったそうですが、給油やドリンクの手渡しなどを手伝ってくれるのは有り難いです。

DSC_7159.jpg
フリーピットには様々なパーツとルーカスオイルがあります。
部品やオイルは有料ですが、それ以外にセッティングについてなど事前の相談にも乗ってくれるのでとても心強いですね。

DSC_7152.jpg
ファンクラスのスタート前。凄い台数です。
個人的にはこのクラスくらいの長さが一番楽しく走れそう。もう何時間も集中力が続きません。
でもファン(楽しむ)とはいっても実際には上級者が3時間(実際には2:45ほど)はきついといってこのクラスに出たりしますので結構激烈な争いが見られます。
 
DSC_7188.jpg
あっという間にファンクラス終了。(すみません。パドックからコースがほとんど見られないんです)
興奮さめやらぬ間にホッテストアワードという暫定表彰が行われるのがJNCCの良いところです。

DSC_7197.jpg
まだウェアも着替えていないのでシャンパンファイトも容赦がありません。
入賞者の皆さん、おめでとうございます!!

DSC_7161.jpg
コンプクラスはJEC開催が近いこともあって数名欠席していましたが、若手の筆頭である出口選手がマシンをチェンジして一人気を吐きます。
GASGASは4stみたいで合っているといっていましたが、結果は如何に。

DSC_7210.jpg
ライダー紹介ではやはりこの人のウイリーが際だちます。
健二選手のウイリーは綺麗ですね~。
最後はジャックナイフも披露してくれました。魅せるライディングという意味ではJNCCにはまだ彼の右に出るライダーは居ないんじゃないでしょうか。

DSC_7228.jpg
AAライダーのスターティンググリッド。
ゼッケン順にポジション取りをするのですが、小池田、鈴木両選手はイン側ギリギリに、出口選手は一番アウト側といつもの通りです。
モトクロスライダーの拘りが垣間見れるので、ここら辺から観察しているとホールショット争いをもっと楽しんで見ることが出来ます。

DSC_7240.jpg
ゲートは使いませんが、横一列スタートは迫力が違います。

DSC_7245.jpg
ホールショットは森耕輔選手!続いて出口 隼飛選手!GASGAS 1-2の瞬間です!

2011-10-09 12.26.41
スタート直後にマシンを押してパドックに戻ってきた石井選手。
吸気系のユニット廻りを集中的にバラしていたので何らかのトラブルなのは明かですが、諦めた雰囲気では無かったので最後まで聞けませんでした。

DSC_7267.jpg
結果は小池田選手の優勝。後半からは一人旅だったようです。

DSC_7281.jpg
鈴木選手は残念な2位。でもチャンピオン争いは最終戦に持ち越されているようです。
是非一矢報いて欲しいものです。

DSC_7292.jpg
ホッテストアワードはこのメンツです。
輪番就業などでレースから遠ざかっていた小林まちゃ選手が久しぶりに表彰台に登りました。
Aクラスは矢野選手が安定した走りで能塚選手を抑えて優勝。
能塚くんは色々残念な事が重なったようですが、有終の美を飾るべく九州では頑張って欲しいものです。

◆おまけ 1
DSC_7168.jpg
モチュールの登りが格好良かったのでご紹介。
絆って良い文字だなぁと見惚れました。

◆おまけ 2
DSC_7167.jpg
おまけと言うと失礼ですが、いつもこのブログを華やかなものにしてくれていたユイちゃんが、今期限りでJNCCを離れるそうです。
MCにレースクイーンにと大忙しだったはずですが、いつも笑顔を振りまいてくれてありがとうございました。
今後のご活躍も陰ながら応援しています!

◆おまけ 3
2011-10-09 09.08.29
モトクロスの会場ではよく見掛けるヤマハのキャンペーンギャル。
ステッカーと旗を配ってくれていました。
ヤマハも本気を出して来たのか?Hは追従するんだろうか。今後に期待しましょう!!

次戦は九州です。
エムシーギアは出店出来るか調整中ですが、ちょっと難しいと思います。
お忘れ物の無いようにお気をつけてください!
関連記事
 
 

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://mcgear.blog111.fc2.com/tb.php/1373-668ebd11
Listed below are links to weblogs that reference
JNCC ハイポイント菅生 パドックレポート 本編 from MC GEAR 店長日誌

Home > イベント情報 > JNCC ハイポイント菅生 パドックレポート 本編


JNCC/WEX


JEC


VAAM_CGC[1]
CGC



携帯版MC GEAR 店長日誌


mcf.jpg

savejapan.jpg

touhoku.jpg

Return to page top