Home > イベント情報 > JNCC 最終戦 AAGP パドックレポート

JNCC 最終戦 AAGP パドックレポート

AAGP全国展開第一弾のAAGP テージャスランチに行ってきました。
心配された天候も土日共に朝の内は霧が酷かったものの日が昇るにつれて絶好のレース日和となりました。
DSC_4234.jpg

今回は海外のメディアも来るということでお行儀良く軒を連ねたJ-バザー出店エリア。
手前が車輌メーカー、奥が用品などのブースです。
DSC_4173.jpg

当店は用品関係ブースの中で一番手前に出させていただきました。
実は基本的に早い者順なのですが、今回はMC JAPANさんのご厚意で角地にさせていただきました。
DSC_4209.jpg

大会でのユーザーやライダー数の多いKTMとハスクバーナは別の場所に展開していました。
KTMは用品用のテントも別に出していて、とても豪華でした。
DSC_4175.jpg

コリー・バトリック選手のKTM。
車輌は国内で調達していますが、サスペンションやマフラーなどのコンポーネントはコリーが持ってきたそうです。色々興味深いモデファイが施されていました。
DSC_4179.jpg

驚くのがタンク。
容量を稼ぐためか、ドライブレーキ(クイックチャージ用のタンク)使用のためか不思議な形をしていました。
DSC_4180.jpg

マフラーはFMFのパワーボム付です。
DSC_4185.jpg

ファンティックは来年デリバリーされる2stマシンの画像を展示していました。
基本コンポーネントはGASGASと同じで、KTM250EXCとフサベルTE250のような関係のようです。
結構期待が高いらしく問い合わせも多いとか。
DSC_4192.jpg

でももっとも注目されていたのはOSETという電動トライアルバイク。
土曜の昼に太一選手もデモランしていました。大人も乗れるおもちゃという感じですが、独特のトルク感など馬鹿に出来ない性能を持っています。
DSC_4193.jpg

太一選手やヨッシー選手、それに内山裕太郎選手なども陣取り、とても豪勢なタミトンレーシングのパドックテント。
DSC_4194.jpg

土曜の目玉は試乗会です。
ハスクバーナやKTM、ファンティック、ベータ、GASGAS、フサベル、そしてRG3のサスチューンを施したRMZなどを試乗することが出来ます。
しかし保険の関係で出店スタッフは乗ることが出来ません。残念!!
DSC_4200.jpg

KTMは小池田選手のスペアバイクに乗れるというおまけ付き。
前週プラザ阪下で行われたROCK & LOGSのゼッケンが付いていました。
DSC_4204.jpg

ふとタミトンレーシングのピットを見ると大河原選手がタイヤ交換中。
お!TUBLISSですね。ISDEライダーにとってタイヤ交換なんてホント朝飯前のようでサクサク換えていました。
あまりに簡単にやってしまうので本当に簡単なのかと錯覚するんですが、やってみるとえらい大変だったりします。もっともムースタイヤに慣れているせいかTUBLISSの方はちょっと勝手が違うような印象でした。
DSC_4216.jpg

翌日は朝から濃霧。これは6時くらいの様子です。
日が昇ってからも気温が下がり続けるという状況でした。
そんな中テントで寝ていた人も居ましたが、幸い誰も冷たくなってはいませんでした。(いや、マジで)
DSC_4220.jpg

ところで今回エムシーギア一押しライダーは前橋孝洋くん。
JNCCサイトに掲載されているジャンキー稲垣のXCナウ!でも紹介された中学生ライダーだ。
土曜の試走でグリップ感があまりに悪かったので朝からタイヤ交換をしていました。
ムースタイヤだったのでトロフィーライダー達やレアルエキップの河合さんなどの指導を受けて頑張っていました。随分豪華な講師達です。
DSC_4227.jpg

ジャンキーが彼の写真を撮っていましたが、表情が硬いと何度もダメだしされていました。
仕舞いには周りからマドロスポーズを取れとか中学生には分からない指示が飛んでました。(笑)
12/1追記:マドロスポーズを取れとおっしゃったのは前橋くんのお父さんです。
DVC00177.jpg

鈴木“カントク”健二選手が今回も参戦。小池田選手や田中教世選手とのバトルにも期待が寄せられます。
DSC_4294.jpg

カントクは今回もハレテープの布教も行っていました。
テーピングが固める物なら、これは皮膚に余裕を持たせて運動してむくんだ状態でも楽にさせる効果があるのだとか。腕上がりや故障個所などで悩んでいる場合は相談してみては如何でしょうか。
DSC_4235.jpg

森耕輔選手は怪我のために欠場です。
手術も無事に終わってリハビリに入ったそうですが、JNCC復帰は2戦目以降になりそうとの事。
元気な姿を早く見たいものです。
DSC_4237.jpg

ヨッシーこと吉川選手は家族で来ていました。
親バカ全開中のようです。それにしても可愛い娘さんでした。
DSC_4240.jpg

午前中はファンクラスが開催されました。
フリーライドマガジンの編集長も走っていました。午後は取材なので午前中に走ってしまおうという話でしたが、朝に東京から駆けつけたばかりなのに良く走れるもんです。
DSC_4281.jpg

ファンクラスのホッテストアワード。
DSC_4286.jpg

コンプクラスのスタートラインです。
結構広いのですが、1コーナーが180度ターンなのであまりラインがありません。
DSC_4295.jpg

サービスカット。
来年も引き続きMCを担当されるそうなのでまたお世話になれそうです。
DSC_4301.jpg

コンプ恒例のライダー紹介。
コリー選手はマシンを振り回してアピールします。ターンの速さにちょっとビックリしました。まるで小排気量車のようです。
DSC_4312.jpg

こういったアピールタイムではウィリーをよく見掛けますが、カントクのウィリーは角度も安定度も抜群!
意外に滑るので失敗する選手もいたんですが、こんな小技もきっちり決めてくれます。
DSC_4371.jpg

スタートと同時に飛び出したのは澤木選手!
DSC_4438.jpg

ホールショットも取りましたが、コーナーを3~4ヶ越えた段階で小池田選手にパスされてしまいました。
DSC_4450.jpg

スタートしてしまったらブースで店番があるのでパドックに戻ります。
レースの様子は現場の実況アナウンスで分かるのですが、抜いた抜かれたなどはやはりコースサイドで見てみたいもんです。それよりも実際に同じコースを走ってトップライダーに抜かれてみたい。(笑)

などと悶々していたら安喰さんがバッテリーをぶら下げて帰ってきました。
どうやらステーが折れたようです。
今シーズン用にXR600にセルスターターを装備したのですが、コースがハードだったのか経年劣化かで脱落してしまいました。
本人はリタイヤするために帰ってきたのですが、廻りがドタバタと補修を始めます。
結局最後まで走れ!とか言われて出ていきました。確かフロントがパンクしていたような。。。
DSC_4458.jpg

そんな事はお構いなくレースは終了。
予想通りの展開でコリー選手が優勝。満面の笑みをたたえてフィニッシャーズロードを凱旋します。
DSC_4471.jpg

注目の中学生ライダーはCompGP R クラス2位でした。今後は上のクラスも喰って欲しいもんです。
DSC_4494.jpg

左から3位の鈴木健二選手、優勝のコリー・バトリック選手、2位の小池田猛選手。
小池田選手と鈴木選手は最終周まで順位を入れ替えての熱いバトルを繰り広げていたので憔悴しきっているように見えます。
DSC_4504.jpg

ホッテストアワードでのシャンパンファイトでは前回に続いて鈴木選手のシャンパンが開きません。どうやっても開きません。
モトクロス時代にも何度も開けているはずなのに開きません。これはきっと主催者側の演出に違いないと思うほどです。
うぉー!と叫ぶ鈴木選手。容赦なくシャンパンを掛けるコリー。
DSC_4516.jpg

コリーが「こうやって開けるんだよ」と身振り手振りでからかいます。
DSC_4525.jpg

開いたぁ!!
仕返しじゃぁ!と言ったか分かりませんが、コリーを追いかける健二選手。
DSC_4528.jpg

コリーは逃げ足も速かったので最後は観客に向かってシャンパンファイトする健二選手。
最後までお疲れさまでした。
DSC_4534.jpg

このように今年のJNCCも終了しました。
参加者の皆様お疲れさまでした。
主催のJNCC星野代表もお疲れさまでした。

来期の初戦はプラザ阪下です。
また皆さんにお会いできるのを楽しみにしております!!
関連記事
 
 

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://mcgear.blog111.fc2.com/tb.php/1016-6323979d
Listed below are links to weblogs that reference
JNCC 最終戦 AAGP パドックレポート from MC GEAR 店長日誌

Home > イベント情報 > JNCC 最終戦 AAGP パドックレポート


JNCC/WEX


JEC


VAAM_CGC[1]
CGC



携帯版MC GEAR 店長日誌


mcf.jpg

savejapan.jpg

touhoku.jpg

Return to page top