Home > イベント情報 > ピットクルーカップ パドックレポート

ピットクルーカップ パドックレポート

年二回開催となったピットクルーカップ。
主催者側も若干不安があったようですが、蓋を開ければ満員御礼の大盛況でした。
しかも初心者クラス(っていってもピットクルーカップ自体が初心者向けのレースなのですが)はあっという間に募集定員に達してしまったという盛況ぶり。
やはりレースには出たいけど名のあるレースはちょっと敷居が高く感じる人が多いのでしょう。

出店していてもJNCCなどと違って興味は有るけど何が必要か分からないという方も多いので色々アドバイスをするという意味では充実した一日でした。

DSC_4080.jpg
ちなみにピットクルーカップの主催団体は津田沼に本店を構えるピットクルーというお店です。
カワサキやアプリリア、ピアジオ(ベスパで有名です)を主に取り扱うオートバイショップで、雑誌などで活躍している“IAワタライ”選手のご実家です。

DSC_4128.jpg
ご存じIAワタライ選手。

DSC_4077.jpg
このレースは初心者対象を謳っているだけに自走でのエントリーが多いのも特徴です。
随分以前にはよく見掛けた自走参加ですが、最近はレースの難易度が上がったせいもあってかほとんど見掛けなくなりました。ここにはトランスポーターなんて無くてもオフロードバイクを楽しめるという一つの例があります。

DSC_4075.jpg
今回は千葉テレビの取材も来ています。
11/23と30日に放送される週間バイクTVで紹介される予定です。

DSC_4088.jpg
ここのもう一つの特徴としてスクーターなどのクラスが有ることです。
ノーマルのスクーターも多いのですが、こんな猛者もいます。

DSC_4097.jpg
週間バイクTVのキャスター末飛登(マヒト)氏と柴田奈緒美女史です。以前もピットクルーカップに参加していました。昼にはデモレースで湧かせてくれました。

DSC_4102.jpg
レースはスタート位置が確保出来ないのでローリング形式になります。
途中に数台マーシャルバイクが入って、それを抜いてはいけない設定です。

DSC_4104.jpg
えっと。。。こんなバイクも出てました。

DSC_4114.jpg
午前中は90分レースです。
私も土曜に走る機会をいただいたのですが、ウッズの切り返しやガレ場、クロスコースと変化に富んだコースはこのまま常設にして欲しいほど楽しい設定でした。

DSC_4115.jpg
高くはない倒木などもあってオフロードバイクを充分に楽しめる設定になっています。
でも狭いのであまりパッシングポイントは無かったような。

DSC_4125.jpg
お昼にバイクTVの取材でデモレースが行われました。
まずは末飛登氏に柴田女史とピットクルーの和田さんが特設コース3周で勝負をしました。
各々半周ほどのハンデで走り始めたのですが・・・。

DSC_4146.jpg
ぼろ負けして再戦願いの土下座。
しかし時間の問題で再戦は次回に持ち越されました。(笑)

DSC_4163.jpg
午後は60分と45分のレースです。
ベースは何?って感じのスクーターも参戦していました。これがまた速いんです。

DSC_4165.jpg
仮装クラスもあるので皆さん趣向を凝らしたコスチュームに身を包んでいました。

DSC_4167.jpg
この娘は自作のヘルメットカバーで走っていました。

b0210018_19443158[1]
まだ来期のスケジュールは発表されていませんが、年2回開催は継続されるんじゃないかと思います。

次回も出店予定ですので宜しく御願い致します。

関連記事
 
 

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://mcgear.blog111.fc2.com/tb.php/1007-63ce90aa
Listed below are links to weblogs that reference
ピットクルーカップ パドックレポート from MC GEAR 店長日誌

Home > イベント情報 > ピットクルーカップ パドックレポート


JNCC/WEX


JEC


VAAM_CGC[1]
CGC



携帯版MC GEAR 店長日誌


mcf.jpg

savejapan.jpg

touhoku.jpg

Return to page top