Home > 2020年05月08日

2020年05月08日 Archive

タイヤの交換にお薦めの工具たち

  • Posted by: MC GEAR
  • 2020-05-08 Fri 19:45:59
  • 工具
ゴールデンウィーク中にエンデューロIAの釘村選手が発起人となって「コロナに負けるな! 全日本タイヤ交換選手権」というイベントがSNS上で行われていましたが、様々な方がチャレンジしていて盛り上がりました。

タイヤ交換は人それぞれのやり方があってそれが面白かったりするんですが、やはり道具の良し悪しが上達の決め手になると思います。(経験則から)

店長も随分たくさんのタイヤ交換を経験していますが、タイヤレバーを替えただけで劇的に楽になったりしました。
どんどんずぼらになるので道具に頼って作業するようになったのですが、その中でこれはお薦めという物をご紹介します。

まずここ10年くらいは腰に負担が掛からないように作業机の上でタイヤ交換をするようになったんですが、これはあると便利というよりは無いと出来ないくらいの工具をご紹介します。
08-0471_tana_20200508190647d24.jpg08-0471alt1_2_[1]
■オフロードビードバディー2
モーションプロの工具の中でも古くからラインナップされている工具で、様々なメーカーに真似されている困ったアイテムでもあります。(苦笑)
これはビードをリムの凹み部分に落とし込む事で無駄な力を必要とせずにタイヤをはめる事が出来るのですが、ビードが戻って外れてしまうのを防ぐ効果もあって膝で抑えられないような高い位置での交換には必須アイテムです。
初期のスチール製から現行のアルミ製になったことでリムやスポークを傷付ける可能性を大幅に減らしています。

08-0481-1[1]08-0481-2[1]
■リムシールド2
通常のリムプロテクターはタイヤレバーなどでリムを傷付けるのを防ぐために使用しますが、多少厚みがあるのでかえってタイヤ交換をしづらくしたり細いためにタイヤの中に落ちてイライラしたりしました。それを解決したのがリムシールドです。
薄くて硬めの素材でリムを傷つかないように守ると共に手を守る効果もあります。
素材を変えて耐久性を高くしたタイプが現在流通しています。

ym080357s[1]
■リムプロテクター
一般的なリムプロテクターです。
ツーリングなどでのパンク修理に持ち運ぶのには便利ですが、上記のような難しさもありますのでご注意を。

ym080409-1[1]ym080409[1]
■スプーンタイヤレバー
ストレートな鉄の板の先端を曲げただけのような形状のタイヤレバーは安価ですし手に入りやすいのですが、慣れないとチューブを破損させてしまって逆に不経済だったりします。また長すぎるレバーは無理な力をタイヤに掛けてしまって壊してしまうことまであります。モーションプロのスプーンタイヤレバーは先端を平たくそして薄くすることでリムやタイヤに掛かる力を広い面積で分散させて破損を防ぐと共にリムとタイヤの間にスムーズに入るような形状になっています。

以上がモーションプロのタイヤ交換にお薦めの工具です。
モーションプロについてはこちらをご覧ください。>>>>>

最後にこれが無かったら店長の家にはタイヤチューブで山が出来ていたであろう工具をご紹介します。
mcl45-01[1]
■T.S.K.オートバイ用タイヤレバー
店長が30年以上前に初めて購入した時は1本4千円くらいしたと思うのですが、当時下手くそなタイヤ交換に疲弊していたので震えながら2本買ったのがこれとのお付き合いの始まりでした。
そしてこれのあまりの使いやすさに今までのタイヤレバーは全部捨ててしまうほどでした。
先端の薄さは国内の工場で冷間鍛造という技術を用いて作られてるために実現出来ているそうです。確かに薄くてリムとタイヤの間にすっと入ってくれます。しかも店長程度のサンデーライダーが30年も使い続けて変形ひとつ無いという耐久性の高さ。そして適度なしなりが余分な力を掛けずに楽に作業をさせてくれます。

T.S.K.オートバイ用タイヤレバーはこちらをご覧ください。>>>>>>

Index of all entries

Home > 2020年05月08日


JNCC/WEX


JEC


VAAM_CGC[1]
CGC



携帯版MC GEAR 店長日誌


mcf.jpg

savejapan.jpg

touhoku.jpg

Return to page top