Home > 2019年10月08日

2019年10月08日 Archive

ロールオフゴーグルとテグス

先日のJNCCほうの木大会は前日の天候が悪かったこともあってロールオフゴーグルの相談をたくさんいただきました。
元々マッドコンディションのモトクロスで始終飛んでくる泥をティアオフではさばききれなくなったのが恐らく考案された切っ掛けだと思うんですが、ロールオフはエンデューロにはちょっと不向きな点もあります。
それは…

雨に弱いという事

ロールオフは上から泥が入らないようにマッドフラップと呼ばれるひさしをフィルム上部に貼り付けますが、それだけでは水の侵入を完全に防ぐことは出来ません。経験した事がある方も多いと思いますが、大量の雨の時は毛細管現象でフィルムとレンズの間に入った水によって張り付きを誘発してフィルムが動かなくなるのです。
そのためにディンプル加工などをレンズに施すわけなんですが、それでも張り付きは起こります。

そこで出来るだけレンズとフィルムの間に隙間を作ることで張り付きを防止するためにテグス糸が使われるわけです。

2019-10-08 01.57.56
サンプルは100%ゴーグルのFORECASTシステムです。
取り付け用のビスを利用してテグスを張りますが、このようにゴーグルフレームからレンズを外して張るとフレームに取り付けた際に湾曲することでテグスに張力が掛かってしっかりと張ることが出来ます。

これは定番の平行張り
視界を妨げずにレンズを浮かせることが出来ます。
ただし最近はロールオフフィルムの幅が広いものが多いのでノーズとの干渉でスムーズな作動を妨げる場合があります。

2019-10-08 02.14.00
そんな時はクロス張りがおすすめです。
平行張りに比べて滝のような雨でも張り付きづらいのが特徴です。
ただし慣れるまで視界の真ん中でテグスがクロスしているので気になるかもしれません。
もっとも眼鏡なんかと同じなので慣れの問題です。

2019-10-08 02.16.28
セットして終了です。

ちなみに先日の日高では二日目ににゴーグルのレンズだけ外して走っているトップランカー達がいました。
なぜレンズだけ外したのかはちょっと謎ですが、湿度の高さと風が当たらない場所が多かったために曇りやすかったんだと思います。(外したゴーグルを持つより曇ったレンズだけ外す方が荷物にならないという判断かもしれません)

そんな悪条件の場合はレンズもダブルレンズにするとなお安心です。
100%ゴーグルとPROGRIPには別売のロールオフ用ダブルレンズもあって万全です。

詳しくはこちらをご覧ください。(100%ゴーグル)>>>>

プログリップゴーグルはこちらです。>>>>
ただし最近ラインナップされたVUSTAシリーズはまだシングルレンズのみになっています。

Index of all entries

Home > 2019年10月08日


JNCC/WEX


JEC


VAAM_CGC[1]
CGC



携帯版MC GEAR 店長日誌


mcf.jpg

savejapan.jpg

touhoku.jpg

Return to page top